暇人の独り言

人生の黄昏時を いかに過ごさん

近所のご主人は

2017-03-08 06:54:37 | 日記

ご近所の若主人が人前に出てきたのは何年前? 若いさをなめられない様に、尊敬を集めていると思っている先々代の容姿に似せている。右を向いても左を見ても老人に囲まれている彼を見た時、大変だなーと思ったヨ。何かをしようと思えば、すぐ「ご先代様は・・・」  で、彼は轟音と共に飛び出す物体を見ることに、心ときめかす喜びを知った。空高く打ち出される飛行物体を、子供が打ち上げ花火を喜ぶような満面の笑顔映像は、怖い。彼の頭の中には、その物体が引き起こす破壊と悲しみは浮かばないのであろうか。又 彼からのお褒めの言葉を戴いたであろうお取り巻きの心の内も知りたい。そう云えば今回の画面に出ていた人達は以前より線が細いと感じられた。話は違うが、山で行われる実験の為、あの辺の山の中はずたずたになっているのではないか。地下水脈・砂防など無知な者でも気になるのだが。

その隣の、不動産収集が好きなオジサンも近づきにくい人である。お疲れなのであろう 遠路から来た人とうっとうしそうに接している。広報映像に要する短時間でさえも笑顔が出来ない程、お疲れなのであろう。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 荒ぶる | トップ |  »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。