暇人の独り言

人生の黄昏時を いかに過ごさん

そば打ち体験

2017-05-06 08:43:09 | 日記

そば打ち体験なるものを体験させられた際の感想。

「蕎麦粉を6分間コネよ!」と砂時計を置いて行かれる。孫と元トドモドキは勢い良く始めたが、すぐ元トドは選手交代を求める。⌛を横眼で眺めつつ手を動かすが、砂の落下はこんなに遅いものだったか。 いい加減 放り出したくなる頃ヤット終わる。次はのし、元トドは孫の手前もあってかこの作業は頑張った。最後は切る。細い線が印刷された紙を渡され、この線の幅に切りなさいとの事であったが、元トドはすぐギブアップ 私に渡されても 老眼裸視では手元が分からない。しばらくは見えないながらも、与えられた板と包丁で頑張ったがエエ~イ面倒。生来の遺伝子が活動をし始めたのを機に板を放り出し、”手でも切ったら恥かきものだなと思いつつ”包丁のみで切る。係の女性が見に来たが、商売上手で心の広い方らしく黙って去って行った。蕎麦打ちは力と根気がいるもの。かなりの年配者がTVなどで蕎麦打ちをしているが、尊敬

待つことしばし、自分たちで打った蕎麦を食べたー。居合わせた者の共通の感想は 「お蕎麦屋さんのお蕎麦は美味しい。プロはエライ

今 私の食欲中枢には、あの時自分が作った蕎麦が強烈に焼き付き、しばらくは ノー サンキュウ  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金魚がーーいない | トップ | 今日この頃 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。