50過ぎても天命知らずのオヤジ

アニメと将棋が好きなオヤジの日記です

サクラダリセット #15 ONE HAND EDEN 4/4

2017-07-16 06:28:29 | アニメ
ONE HAND EDENのエピソード最終話でした
今回の終り方は、私には違和感があります

ミチルが満たされていなかったのはわかります
それは孤独ということでした
野良猫屋敷のお爺さんが
夢の世界を愛していたこともわかります
現実の世界では老いのためにシナリオの写本を書けないからです
管理局が片桐穂乃歌(ミチル)の夢の世界を危険視したのも
一応はわかります
安易に願望が実現する世界は
そこに入り浸った人間をダメにさせると考えたのでしょう

ミチルはモンスターから守ってくれるチルチルが
実は自分が生み出したもので他者ではないと知っていました
そこにやって来たケイは他者で
モンスターからミチルを助けるために手を差し伸べました
ケイはミチルの友人を演じただけでしたが
それがきっかけとなって
ミチルは野良猫屋敷のお爺さんと友人になりました

友人ができて孤独ではなくなったミチルは
野良猫屋敷のお爺さんの意見を取り入れて
以前ほど安易に願望を叶えることはしなくなるのでしょう

いやー、やっぱり違和感ありますね
以前、野良猫屋敷のお爺さんは
無償で願いを叶えてあげるミチルの行為を
それは悪魔と同じだと言いました
これは真実です
無償で願いを叶えてあげる存在は
自らが真に満たされていることのほかに
無限の知性と歴史をコントロールする能力を持ち合わせていなければ
おそらくは悪魔的存在にとどまるでしょう

今回のお話でグッときたのは
片桐穂乃歌が昏睡状態になったのが14歳で
それから何年たっても
ミチルの姿が14歳だったところです
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バチカン奇跡調査官 #01 主の... | トップ | Fate/Apocrypha #03 歩き出す... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。