「天空の里 いもい農場」通信

長野市芋井広瀬の里山で、自然を身近に感じ、環境・農業・食べ物を大切に思う気持ちが育まれる事を目指した活動です。

ながの環境活動コンテスト参加報告

2017年01月30日 | 活動こぼれ話
事務局の西沢です。
1月29日(日)、長野市生涯学習センターに於いて、「環境活動を次世代につなぐ・伝える」をテーマに、ながの環境活動コンテストが開催されました。天空の里いもい農場として出展を行いましたので、参加報告をいたします。


コンテストへの参加は14団体、ブース展示のみの参加は6団体、合計20団体の参加がありました。天空の里いもい農場は、コンテストへの参加を行い、2分のプレゼン、2分の質疑応答でステージに立ちました。

私たちの活動は、環境・食農体験・中山間地域と都市部の人々との交流と、様々な角度で取り組んでいるので、トークで伝えるとTIMEUP間違いなし。プレゼンは、トーク少々、「2016年度活動報告ショートバージョン」の映像で活動紹介を行いました。


ブース展示では、ビデオの視聴と、長野市芋井支所に掲示させていただいた「田んぼの生き物調査を紹介した壁新聞」を展示。また、スタッフのお子さんが生き物調査を夏休み自由研究に取り上げて、長野市から賞をもらった作品も展示を行い、活動中に出会える生き物について紹介しました。


審査委員長は、NPO法人環境市民の杦本育生さん。審査員は、清泉女学院大学・短期大学、清泉女学院中学・高等学校、長野県短期大学、長野美術専門学校、第一学院高等学校長野キャンパス、長野市役所に所属をする16歳から22歳の若者審査員15名。天空の里いもい農場は、厳正な審査の結果、「環境を良くするためにがんばっているで賞」を受賞することができました。2017年度の活動の励みにすると共に、頂いた副賞は、活動の中で参加者と一緒に味わいたいなあ、と思います。


当初、五味副代表と2人で参加を予定していましたが、急用のため事務局1人だけでの参加となりました。そのため、この活動報告で紹介した写真は、農林水産省関東農政局長野支局の吉田様、長野市環境部環境政策課の関口様よりご提供頂きました。この場をお借りして御礼申し上げます。




『長野県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年度天空の里いもい農場... | トップ | 天空の里 いもい農場の「ロゴ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

活動こぼれ話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL