遊・悠・友

人生も後半に入り今までの結果が見えてきました。
残りをいかに過ごすか・・・楽しみです。

一閑張り

2017-08-06 23:32:05 | 手作り
買い物用の竹籠が擦り切れてちぎれてきたので一閑張りに挑戦してみました
一閑張りとは話に聞いてはいたもののやるのは初めての事
本当は和紙がベストでしょうが手元にないので私は英字新聞で挑戦してみることにしました

適当な大きさにちぎりペタペタと貼っていくだけ
写真は下張りが完成したもの
でんぷんのりが良いらしいけどそれもなかったので木工用ボンドを少し水で溶いて使用
新聞紙も切るんじゃなくちぎる!
◯だったり🔶だったり色んな形を水を付けた筆で書いてびりびりとちぎる!
ちぎると紙の毛羽が良い雰囲気を醸し出します。
よーく乾いたら柿渋を塗り重ねます

1回塗ったもの
柿渋はにおいがすごい!生易しいにおいじゃないので手強い!!!
においが取れるには外に出しっぱなしで数か月掛かるようです

3回目

よく見ると塗りむらが目立つし新聞紙のちぎり方が面白くなかったり満足は出来ませんが
私は4回塗り重ねて完成!としました。
年数が経つと柿渋の色が字も絵もわからなくなるくらい濃くなるようです
そんなら普通の新聞でも変わらないんじゃないかなぁ~
籠を押さえるとかちかちで丈夫そう~
紙ってすごい変化を与えてくれるんですねぇ
また買い物かごとして活躍してくれる事でしょう
口の周囲をお気に入りの布でくるんでやると又個性が出て素敵になるんですが次回の楽しみに取っておきます
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お泊り会 | トップ | 今年も観音竹に花が・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

手作り」カテゴリの最新記事