典虚てん手古舞

老いゆく「自分」のための備忘録



やっぱり疲れる物品整理!

2017年08月08日 | <身辺整理>生きこし方と物・品・財

 オヤジになった息子や孫たちの写真には、まだ手を分別はしておりますが、これは後日です。

 このブログをはじめて、後10日ほどで4000日目になりますが、以来撮った写真をプリントアウトしないことも多いです。ポーランド旅行の写真も然りです。孫たちの写真がせいぜい・・・。必要に迫られてに近いかも?

 ただ良い写真は、ラミネートします。授業の教材用に購入した数サイズのフィルムがわんさかと残ってしまいました。

 今日も夜明け前から、写真整理にいそしんでいますが、遂にというか、とうとう頭の中がこんがらがったのです。それは勤務校の「記念写真」で、特に職員の・・・。

子どもや生徒たちのスナップは、40年近く前でも名前も出て来ましたが、同僚の名前は覚えている人が少ないですね。

 う~ん転勤回数が多かったせいですわ。 正教員で9つの小中を、ホイ、転転々・・・。おまけに大学の研究生をしたり、精神疾患休職したりデス、ヘ~イ 26歳で採用試験合格。教師になりたくなったけれど、食うため、子どもを養うためよ。

 今日の作業では、勤務した学校関係10校の分類が完了しました。

 ええっと、昼寝のあと、薬局と買物をして、作業再開・・・。まあ、着手は何年か前でしたけれどもネ。

 画像はまたいずれ!使ってへたった食品用のフリーザー袋なんも活用しています。

 現在午後9時すぎです。観たくなるような番組はありませんから、涼しい夜です。作業を続けます。音楽は?眠くならない程度に静かな曲でしょうか。21:15

 午後11時半に本日の作業は終えました。しかし、分類できたのは、自分が撮ったり、かかわったことの写真だけです。ただ、「年譜」を作成したので、「いつ」「どこ」は判別しやすかったです。これらについては、時間を置いて、とことん量を減らし文章を添えること・・・。約20年間近く、個人通信をやっていたので、これと連動させて、我余生の愉しみに用い、可能ならば遺品として子孫の眼に触れればありがたいです。

 厄介なのは、親父の写真です。趣味の古代、遺跡の写真はぱっぱっと捨てられる・・・。戦後の総理や大臣連中のツラは、私も学習してきたもから、判別できるデス。

  0:29 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は何、食べる? | トップ | 活きる時間、売る時間、捨て... »

コメントを投稿

<身辺整理>生きこし方と物・品・財」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。