典虚てん手古舞

単なる自分のための備忘録ではあるが・・・



「年寄」

2016年10月17日 | <雑感>一日一生/生き心地・心模様

 午前10時18分です。昨日のアクセスに魂消た!

 

 年寄だらけの我が家。「年寄」いえば役職にもあり、「老い」に対するプラス価値を含んでいることばです。孫の声を通じて、耳にする「おとしより」って言葉は、心地いいのよ・

 動けなくなったら、自分はガラクタ、廃棄物なると、「たくちゃん」は、気張ってくれています。「よろしくね」で、稼働させ、作業が終わると「ありがとう」・・・。

 しかし、お年寄りのたくちゃん。「脱水」はやはり負担なようで、ワタシも衣類の量を考えて、たくちゃんのドラムに入れるようになりました。 

  鳴りました!<10:28>

 

昼飯の?ではないですが、鶏レバと薩摩汁の調理の為、キッチンへ・・・。その後、「たくちゃん」が気張って、洗濯してくれた衣類を乾し終えて・・・。

 ええっと、今11時02分。

 テレビは、「ビデオ2」で、「BS191」の「赤狩り」を音声として、流しています。

 

 

 「赤」っとて何やねん? ということを考えると、いえいえ、正しく申せば、「あこ家は、かれらはアカ、や
」ただそれだけで、涙が出てきます。このへんは書き直します。

 ここまで来ると、日本の歴史に戻って来なきゃいけないのよ。「封印」しとるのん

 ビデオが止まった!11:16 

 ハイ、もうすぐ、11時  気分では、今はボブディランの時代とも、大嫌いな『アメリカ史』とチャンチャン。まっ、山川の各国史だもん、大学受験レベルです。

 しかしねぇ、わたしとって、大事は、「お洗濯」。

 「日常」が大切です。

 別に、お金を稼ぐために、「働く」ないでしょう。

 交換すればよい。

そもそも、年老いるということは「増殖」の能力を衰えるということであって、「宗教的思考・発想。

考え中・・・。

 何はともあれ、洗濯機の「たくちゃん」に感謝です。冷蔵庫の「れいこちゃん」に、掃除機の「そう君」も・・・。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その動きに圧倒されてしまった! | トップ | 「暇つぶし」ではなく『探遊... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。