典虚てん手古舞

老いゆく「自分」のための備忘録



朝から風呂に何度も・・・

2017年06月14日 | <備忘録>病気引き受け、体調と向き合いつつ

 悪いはずの右脚がなんともなくて、左脚が攣って少し筋肉を傷めたようです。昨晩、和式のトイレをつかったら、立ち上がれないほどでした。

 さくらの整枝に加えて、愛用している4段脚立に梯子なもなる6段脚立も使っての整枝(剪定)、何時間?振り返ると、計6時間

 Oh もちろん、ずっと脚立の登っていたわけじゃないけれど・・・。67歳、ちとやり過ぎたようですわ。しかし、もこもこ葉っぱや余計な枝を、のこぎりや剪定ばさみで<すっきりとさせた後の爽快感は、まさに幸せ気分

 しかし、朝になってみると、左脚が曲がりませんでした。

 滅多に湯をはらない湯船を使いましたぁいつも、シャワーですん。まあ、現役時代は、毎日朝風呂に入って、体調をととのえておりましたけれど、隠居の身としては贅沢です。何せ、湯船が大きいんですわ。ただ、汗をかく夏場は使いますかね?  みみずの、いやカエルの行水みたいなもんで・・・。

 銭湯には、「銭湯研究会」のときは除いて、あまり行ったことがありません。

 でも、正午過ぎて、左脚も曲がり、スクワットも出来るほどに回復しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 火曜日は何の日?何した日? | トップ | 久方ぶりの発熱 »

コメントを投稿

<備忘録>病気引き受け、体調と向き合いつつ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。