典虚てん手古舞

単なる自分のための備忘録ではあるが・・・



「暇つぶし」ではなく『探遊心』?

2016年10月17日 | <歴史>雑感etc.

 これがもしも、有料、お金の掛かることならば、好奇心や「興味・関心」といった知的探究心をそそらないだろうと思います。

 「ケnブリッジ・sぱイ」。どuてすか。何せドラマになっていますからねぇ。

  今タイトルを変えました。ほんとは、「きょうさんしゅぎ」という音声で耳にする「共産〇義」と「コミュニズムの訳語ととして認識する「共産〇義」について感じたことを綴りたいのですけれど。

 今日の午前は、マッカーシズムの方の映像を観ました。夜明け前から、山川・各国史『新版アメリカ史』を、なぜか、私は読んどった・・・。(ああ、昨夕は「飲酒」で、早寝ゆえさ。 まっ、「話し相手」ありやさかい、ちと飲み過ぎ?とはいっても、さっさと帰宅して、眠りに眠るだけです。あたりひとつで失命の身。)

 ぶっちゃけ、「ベトナム戦争」関係の映像とかで、耳にする「きょうさんしゅぎしゃ」って、未だに不快感をもたせすのはなぜ?   15:48

 「“コミュニズム”がレッセフォーるを旨とする資本主義社会のありようを変えた」というストーリーで、長年、これを「ニューディール政策」のあたりで、授業してきたのだけれど・・・。何せ、義務教育内の「中学社会科」です。

 これだと、英仏の労働組合の歴史や「政党」「内閣」についてふっとばしてしまう・・・。

 昔なら、”一年地理/二年歴史/三年公民”のうえ、66歳の私の時代は社会科「週5時間」のうえに、歴史が中学三年に持ち越されるもふつうでした。

 わたしめも、彼らを卒業まで担当出来る場合は、“公民&歴史”ミックスを、「受験対応」として最後の方は自惚れる授業もさせてもらいましたが、しかし、「ベトナム戦争」はフランス植民地と「17度線」だけでした。まずは“<インド>と<中国チャイナ秦>で「インドシナ」“を配点アップで、一年地理で叩きこむ・・・。

  ただ今1616  閉じます。

 でも、またOPEN/16:29 月額9万5千円のマンションに、仕方なくとはいえ、16年間、住んでいます。現役時は2万6千円余の住居手当がありましたが、当然退職後は無し・・・。

 しかし、寝室からリビングに出来るとき、今日なんざ、すっきりとした「二上山」が目に入りましたのさ。今夜はまだ満月でしょう。旅行での<宿泊費>を一泊、一万円と勘定すれば、そこそこの滞在費でしょう。見晴らしと広さ・・・。

 「火曜日」は外にでなきゃなりませんけれど、今日月曜は「家籠もり」。プラスチックのゴミ袋は、みな洗浄しているもんで、来週に回すとして・・・。

 しかし、夕方やっぱり外に出て、定食屋さんへ。あとからやってきた弟と軽く飲んで、お終いの月曜日でした。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「年寄」 | トップ | 真夜中に目覚めて »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。