魂魄の狐神

天道の真髄は如何に?

【安倍晋三の出自を暴く~安倍晋三は日本民族解体主義の異民族。】第三十談

2016-11-02 02:31:07 | 安倍晋三の出自を暴く

 年金基金は誰の金だ? あれは殆ど団塊世代が必死に貯めた預かり金である。安倍は何十兆穴開けた? 手姪で穴開けておいて、年金切り下げか?謂わば団塊世代の稼いだ預り金を横領したのだ。此の屑、ある意味殺人泥棒だ。

 安倍晋三はTPPの中身を国民に一切公表せずに、どん々交渉を進めて来た。国民の理解が無い侭に急いで採決して通そうとしている。中身がやばいから急ぐのだ。此奴、雅に日本民族を憎んで日本解体を狙って居るのだ。

 首相補佐官(政策企画担当)兼内閣広報官 長谷川榮夫(洪榮夫)らの経済産業省出身の通名使用帰化在日韓国人の首相官邸職員たち。

 安倍晋三「中国を父とするなら韓国は兄。日本文化は全て韓国から来た。」 此れは日本人はちょんに何されても卑屈になれというメッセージである。これが朝鮮族?である安倍の本心である。

【『叔父』西村正雄氏の警告】安倍首相も随分、遠くへ来たもんだ! 春の巻 - 北京老学生・日本に帰国 - Yahoo!ブログ

 成る程、安倍晋太郎の種違いの弟であることは間違いない。垂れ眉と朝鮮耳。 問題は静子であるが、静子の写真は垂れ眉で無い。

 何故、バックを持た無い西村正雄が日本経済を牛耳る天辺迄上り詰められたか? 家柄も一介の学者である父からの子として考えられぬことである。

 文禄・慶長の役の際に、鍋島軍に捕えられ、佐賀に連れてこられた洪浩然(1582~1657)は、鍋島直茂(藩祖)・勝茂( 初代藩主)父子に右筆として仕えました。安倍晋太郎の祖先の一人?

>>

「明治期には10代目の子孫西村謙三による研究が進み、現在、浩然の存在と功績を次代に伝えようと日韓洪家の交流も始まっています。」

西村謙三が西村正雄の父?恐らく、間違いなく、安倍晋太郎の父?

倍の政権基盤は脆弱である。最大の後ろ盾は第1次安倍政権に成る直前くたばって居る。☛西村正雄=洪浩然 11代目洪正雄☚此れは真実

 

 岸家も佐藤家も代々の朝鮮系と言われてる。安倍寛家に背乗りか? 道理で滅茶苦茶遣る訳だ。

 安倍晋三自身も後頭部を長髪にして隠してはいるが正しく超短頭で、左耳は紛い

無く朝鮮耳。

 元々、自民党はGHQがA級戦犯の緒方竹虎に目を付け、命拾いをさせて自民党を結党させたことは先般公表した米国のCIA文書から明らかである。自民を結党するや竹虎は直ぐに死んでる。

 実は戦後数十年の日本人が在朝鮮人に対して非常に見下げた感情を持っていた。終戦直後、朝鮮人が暴れ、闇市など仕切って威張って居た時期を過ぎると日本人は朝鮮人を見下した。其の記憶を密入国した朝鮮人一世が今の在ちょんに教えているのだ。岸が文鮮明と手を組めたこと自体、当時の日本人の朝鮮人に対する感情からすれば考えられぬことである。元々、特亜の人間でA級戦犯だった岸は特亜異民族の血を持っているからこそ米国に命拾いさせられ、米国の指示により朝鮮人文鮮明と手を組めたのだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【実効支配させた侭の棚上げ... | トップ | 【社会保障制度を考える。】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

安倍晋三の出自を暴く」カテゴリの最新記事