魂魄の狐神

天道の真髄は如何に?

【極端な差別主義者とはいえ其の指導者を殺したのは人権主義者を装う多国席企業の廻し者?】

2017-02-13 19:18:57 | 国際・政治

(原文) ☜「KKK皇帝呪術師が、ミズーリ州の川岸の近くで雅に死んでいた(詳細)

 土曜日の朝、ミズーリ州の自宅近くの川で、見つからなかった水曜日に行方不明に成ったククルククルスクランのリーダーの死体が発見された。

 ワシントン郡保安官、ミズーリ州ザック・ヤコブセンは、アンコナの息子のFacebookの投稿記事から失踪したことを知っていて
、ヤコブセンは疑わしく思って居た。 大河川の傍で釣りをした家族が失踪して居たアンコナの死体を見つけた。 デイリージャーナル紙によると、ジェイコブセン氏は、他の獲物を追い掛けて居た最中に死体を見付たとの報せを受けたという。 「私達は直ぐに此のことを報告したので、死体はワシントン郡検疫所の事務所で死亡原因を調べる為の解剖の為に運ばれました」と彼は説明して居た。 "死体はフランクアンコナと其の家族に通知されたところを確認した。"

 彼の家にはアンコナスの銃器が全く消えて居た。彼の妻マリッサは彼と一緒に総て持ち出したと言っていたが、隣家に住んで居る家族はアンコナは決してそのようなことはして無かったと強く反発した。

 警察は、アンコナが通常持ち歩いている銃は一丁で、妻に引き渡していたと語った。

 Anconaは、最新の「Alt-Right」の婉曲された表現に先立って、より広い受け入れを得る為に、彼のKKK派閥を創ろうとして居ました。

"私は人種的分離を信じていますが、それは暴力的である必要はありません"と彼は2014年にCNNに語って居た。

 「Klanの人々は、プロの人々、ビジネスの人々等、働いている人達です。 私たちは正当な団体です。

 アンコナと彼の伝統騎士は、ライバルの派閥によって告発されましたが、彼等はLoyal White Knightsという我々とごく近い団体です。

 忠実な白人の騎士Imperial Klaliffのロバート・ジョーンズはニューレノックスパッチについて語り、「この男のグループは、伝統的なアメリカの騎士団では無く、創設されてから凡そ3年も経って無く...フランクアンコナもユダヤ人であり、彼の妻もユダヤ人であり、彼は偽物だと調べられて居る。其のことは、クランの総ての団員に知られて居て、彼は白人でも無く 実際に彼の家族の系図もあなた方も見せられるので、あなた方も其れを閲覧させることが出来ます。」と言い切った。

 一体、コナンは誰に殺されたのか?

 彼の妻か、強硬な人種差別集団か、其れ共、人種差別が商売の邪魔に成る多国籍業が仕向けた暗殺者なのか謎は深まる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【グローバル化に傾倒のTPP推... | トップ | 【橋下徹が1年足らずで最初... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国際・政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。