魂魄の狐神

天道の真髄は如何に?

【マスコミのTrumpネガティブキャンペーンは多国籍企業からの要請】

2017-03-15 14:16:12 | 人権

以下、

日本民族同志会: 【Trump Negative campaign of mass media is a request from multinational industry.】

の和訳

 日本、米国、欧州のマスコミの正義の主張は全く同じものです。思考形式も統一されており、物事に対する彼等の見識は、一貫して唯一の懐疑的なエゴイズムから発している。余りに疑わしい。彼等のヒューマニズムは、同胞に対して冷酷な対応で、移民には極めてひごするものと成って居る。

 阿蘭陀の保守党の主張は、日本の保守主義者の主張と全く同じものである。詰まり、GDPが低下してい無いにも拘らず、賃金が低下し、財政難を言い訳として増税することで移民等に優遇措置が与えられて居るということである。

 日米欧の人道問題の対応の奇妙な一致は、どの様な原因から起こったのだろうか?
西洋諸国や日本等の奇怪なヒューマニズムは、グローバリゼーションを正当化し、容易にする為に多国籍企業によって齎されたものである。

 従って、日米欧のマスメディアの統一性は、多国籍企業の要請に応じたものに成って居る。
 
 国内総生産(GDP)が減少して無いにも拘らず、賃金が引き下げられる原因は、国内の過剰雇用が事実上の理由だろう。此れ等の雇用過剰は、低賃金で雇用することが出来る海外からの雇用の拡大によって引き起こされて居る。然し、海外からの移住者が多過ぎるので、多くの移住者は仕事を見付けることが出来無いので、彼等の生活は税金によって支援される様に成って居る。言い換えれば、多国籍企業や政治家やメディアが協力して、先進国の市民を奴隷にして、多くの国民に怪しい人道主義を黄金律として押し付けて居るということです。多国籍企業によって作られた階層化された社会の上層には政治家やメディアの人々が存在する。

マスメディアのトランプネガティブキャンペーンは、多国籍企業からの要請である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  【「文科省の教育勅語に関... | トップ | 【人権と差別主義者の真の姿... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。