魂魄の狐神

天道の真髄は如何に?

【国民主権を死守するには政治屋供も操るべきである。】

2016-10-19 12:55:08 | 日本国のあり方

 蓮舫の二重国籍の問題で色々調べてみたら、外の総ての党の政治屋同様、「自民党も安倍晋三を始め総て異民族の成り済ましで純粋日本民族は居るのか?」との以前からの疑いを益々大きくすることに成った。

 自民党の政治屋には、「結果として日本民族を追い詰める様な法案」に一応反対する奴等も居るが、此れも国民の保守層を自民党に繋ぎ留めるパフォーマンスであり、奴等は日本民族解体法案に結局賛成して成立させて居る。

 国家としては国防は最優先の政治マターで国民も同様であるが、国民主権は死守しなければならず、国防の為にと国内の日本民族の生命財産を異民族を入れ捲って確り守る気等サラ々無いインチキ擬き供の政治屋が、国防をネタにして国民の主権潰しと日本民族解体を狙った憲法改正法案を出しているが、日本民族は此の改正案をぶっ潰すべき!

 朝鮮党民進や他の野党や公明と穢多ちょん党自民は何方も日本民族にとってぶっ潰すべき対象であるが、既成の政治屋に都合の良い選挙制度を変えねば如何にも成らんので、日本民族は此奴等を奢らせ無き様各党の議員数を均衡させ、国民が此奴等を是々非々で操る様連帯して力を働かせるべきである。

 GHQが仕掛けた日本民族パージの嵐の中で、自民党が米国の意向を受けた日本民族擬きの政治屋供が作った政党であることは、2006年7月18日に公開された米国の国務省編纂の外交史料集で確定している。 戦後レジーム解体と言い乍、穢多ちょん自民党は、確り戦後レジームを守っている騙り異民族集団であり、外の総ての党も擬きを疑る余地は無い。

 余談だが、塩漬けだか塩崎か知らんが、彼奴の様な根っからの日本民族に憎しみを持っている擬きを、真面な総理大臣が重用し使う訳が無い。此奴崎塩の経歴はギモヂ悪い異民族の匂いがプンプンする。然も、崎塩の眼は何時もトロンと虚ろであり、仲間のバイブ辻元清美からお薬でも分けて貰って居るのでは?

 23兆円もの穴を開けた年金資金の株式運用し、更に、強い反対論を押し切って、其の運用率を上げたのは、此の異民族擬き崎塩である。其の手姪が強引に開けた穴埋めとして、世代間格差を煽り、日本人同士世代間で反目する様に仕掛け、全く故事付けの言い訳で再度の年金支給金切り下げを言い出した。「将来年金世代の年金支給率を維持する為」と手姪等が退任後のことで誤魔化しているが、安倍政権が出来てから何年経っても給料上がらんのか? 巫山戯んな!将来に持ち越して出鱈目の言い訳をするのは安倍政権の常套手段だ!此奴等屑だ!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  【蓮舫の国籍問題の決着と... | トップ | 【不覚にもTV局の名を覚えて... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。