魂魄の狐神

天道の真髄は如何に?

【南鮮無法企業が違法に大災害を起こす大規模山林伐採造成工事☜安倍は知らんぷり】

2017-09-29 21:49:10 | 異民族政治屋成り済まし工作員

環境アセスメント : 道路や鉄道、発電所等大規模な建設工事の前に、事業者が周囲の環境に齎す影響を予測・評価し、国や県等の開発許可を受ける制度。1997年に制定された環境影響評価法で、工事規模等に応じて実施が義務づけられている。(2012-02-25 朝日新聞 夕刊 1総合)

環境影響評価法 - 法令データ提供システム|電子政府 …

環境アセスメント制度のあらまし(パンフレット)[ア …

環境省_廃棄物処理施設生活環境影響調査指針について

 

① 孫正義ソフトバンク会長が韓国に里帰り。サムソン電子副会長 ...

② 蓄電・発電機器:サムスンと組んで国内を制覇か、太陽光 ...

➂ 韓国企業による日本でのメガソーラー建設、絶対阻止

 東日本大震災直後、孫正義は発電のクリーンエネルギー源としてソーラー発電への取り組みを政府に低減して法制化させた。莫大な利潤を目論んだ孫の企てた一大プロジェクトしてソーラー発電事業が始められたのだ。

 上に掲げた①~➂は、時系列に従って書いたものである。此等は其々関連があるとの証拠は無いが、我は此れ等がお互い関連したものと見て居る。

 日本国内の彼方此方で乱暴極まり無い遣り方で、然も、説明会も開かずに構わず開発を進める南鮮企業は破落戸集団であるとしか言い様が無い。まるで、誰かさんの、認可も降りてい無いのに建設を進め、或いは完了して仕舞う既成事実を先に作って仕舞う一連の学校建設工事の手法まんまである。

 昨今、日本列島は、大きな地震や大雨が続き、其の度に山崩れや土砂流が頻発して居る。例え、開発工事の管理が国に無いとしても、此の様な強引で悪どい遣り方は、山崩れや土砂流を起こし多くの住民の生命財産に危害を及ぼし、河川や海洋の汚染の原因とも成るので、安倍政権は緊急処置として此の開発事業に関与すべきである。「関与すると何か拙いことでもあるのか」と疑られても仕方が無いと我は強く感じる。

 原則として、日本の国土を弄る工事を外国企業には禁止するべきである。何をするか分からんではないか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【「日本は法治国家だ」と我... | トップ | 【異民族ばかりの政治屋と役... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

異民族政治屋成り済まし工作員」カテゴリの最新記事