魂魄の狐神

天道の真髄は如何に?

【蓮舫の国籍問題の決着と保守が対応すべきこと】②(蓮舫の策士振り、自民は翻弄された。)

2016-10-18 13:19:37 | 日本国のあり方

 前回①で、

我に法律の見落としがなければ、蓮舫が生まれ乍台湾籍を持ってたなら奴は日本国籍は生まれた時より取得出来て無かったというのが正しい。

と、断っておいて良かった。唆っかしいのでちゃんと抑えています。 >>


 ツィッターで見ていて知ってはいたがすっかり忘れて、自民ばかりか我もあのちゃんころ姉ちゃんに翻弄された。

 結論から言うと、蓮舫が萬17歳の時から、奴は既に、二重国籍であった。

 附 則 (昭和五九年五月二五日法律第四五号) 抄
(国籍の取得の特例)
第五条  昭和四十年一月一日からこの法律の施行の日(以下「施行日」という。)の前日までに生まれた者(日本国民であつた者を除く。)その出生の時に母が日本国民であつたものは、母が現に日本国民であるとき、又はその死亡の時に日本国民であつたときは、施行日から三年以内に、法務省令で定めるところにより法務大臣に届け出ることによつて、日本の国籍を取得することができる。
 前項に規定する届出は、国籍を取得しようとする者が十五歳未満であるときは、法定代理人が代わつてする。
 第一項に規定する届出をしようとする者が天災その他その責めに帰することができない事由によつて同項に定める期間内に届け出ることができないときは、その届出の期間は、これをすることができるに至つた時から三月とする。
 第一項の規定による届出をした者は、その届出の時に日本の国籍を取得する。
 
 我は、論点が二重国籍にあったのに、生意気なちゃんころ姉ちゃんを追い詰めようとの欲が出て仕舞い、無意識に何時の間にか「『日本国籍」無しの問題』に論点を摩り替えて喜んで仕舞った。ちゃんころ姉ちゃんは台湾籍も此の時抜いていた?から自民をオチョクリ翻弄ではたのだろう。あのパスポートは古いやつの手持ちか?
 蓮舫の名前は書かれていたのか?


表紙だけ写って居たなら他人から借りたもの

 
 然し、流石、日本帝国陸軍をコマして伸し上がった祖母の孫である。
 蓮舫は自民を翻弄したのだ。朝鮮党民主が二重国籍でも最初から朝鮮党を前面に打ち出しているから保守の責めの材料とは成が、其れ以上のものでは無い。慌てたのは、自民である。ということは、自民にも可笑しな奴が一杯居るとの我の持論が蓮舫が証明させてみせた。
 
 お粗末でした、[完]
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【地方行政は時に主権在民を... | トップ | 【国民主権を死守するには政... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。