つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

道元禅師が示す十方仏について(1)

2017-07-27 11:31:02 | 仏教・禅宗・曹洞宗
道元禅師が示される「十方仏」については、まず、『妙法蓮華経』中の経文からの影響だと見ておくべきなのだろう。そこで、『正法眼蔵』としては「十方」巻があるから、とりあえず十方仏への理解は、同巻で十分である。それで、今回は敢えて、他の巻で示された状況を見ていくことにより、十方仏に関する参究を行い、道元禅師がどうお考えであったのかを明らかにしておきたい。

しるべし、十方仏の実ならざるにあらず、もとこれ眼中華なり。十方諸仏の住位せるところは眼中なり。眼中にあらざれば、諸仏の住処にあらず。眼中華は、無にあらず有にあらず、空にあらず実にあらず、おのづからこれ十方仏なり。いまひとへに十方諸仏と欲識すれば、眼中華にあらず、ひとへに眼中華と欲識すれば、十方諸仏にあらざるがごとし。
    『正法眼蔵』「空華」巻


同巻に於ける道元禅師の文章の運び方は、それは凄まじいもので、容易に理解を許さないところがあるけれども、まずはここから理解をしておきたい。まずここで、十方仏は「実ならざるにあらず」としている。転ずれば、「実」だということを意味すると思いがちだが、それほど単純ではない。この場合の「実」とは、「虚或いは空」の対義的表現であるが、その二重否定的存在として、仏は存在している/いないのである。よって、その存在の仕方は、普通は眼病として治療の対象になるような状態であるという。「眼中華」とはそういう意味だ(今なら、網膜剥離とか飛蚊症と呼ばれる状況)。だが、道元禅師は、「眼」に注目される。「空華」巻を読み解く際の鍵は「眼」の理解である。

「眼」については、別に『正法眼蔵』「眼睛」巻もあるが、いわゆる「仏の眼」だとし、仏法そのもの、仏法の肝心要の道理であると理解する。よって、仏法の肝心要のところに仏が在すとすれば、「十方諸仏の住位せるところは眼中なり」とするのは当然のことである。道元禅師にとって、「住位」とは「是法住法位」(『妙法蓮華経』「方便品」)から得られたる一語である。また、存在をただの「位」だとしていることについても、我々は注視すべきである。「位」というのは、その状況で相対的に変化することから、無常的存在という或る種の矛盾的状況を指すのに適している。また、仏や法という普遍的事象に内在させる時にも適している。この場合、眼中という場所に位置せしめられているのが十方仏なのである。

よって、先ほども述べた、位相的存在としての「眼中華」たる十方諸仏とは、無いわけでもないし有るわけでもない。これは、実体のことを指しているが、その有無が問われないのである。また、空でもないし実でもない。これは、二重否定的存在であることをいう。二重否定的である十方諸仏は、また眼中華でもある。だが、我々の「欲識」は常に志向的で、多重性を否定するように働く。それを道元禅師は「ひとへ」とされているのだが、これはその「ひとへ」として捉えることを、本当は否定しているのである。十方諸仏きりになれば、眼中華が否定され、眼中華きりとなれば、十方諸仏が否定される。だが、道元禅師が理解を促しているのは、十方諸仏と眼中華との或る関係であり、この捉え方はまさに「微妙」であり「あわい」である。道元禅師の直弟子達の註釈は、この辺の扱いが秀逸である。

是又一方はかくるる道理也、殊に子細無し。
    『正法眼蔵抄』「空華」篇


いわゆる「一方を証するときは一方はくらし」(『正法眼蔵』「現成公案」巻)の道理として理解されている。この「現成公案」巻の一節についても、理解の仕方については、近年の研究で様々に解釈されるに至ったが、道元禅師の直弟子達は、これを仏法の「現れ方の道理」として用いられている。そもそも「現成」とは現れの道理を指す言葉である。その意味で、道元禅師の直弟子達は、先ほどの文脈を一方が現れ、一方が隠れているという仕方で現成していると把握すべきだと考えている。そして、そのような隠顕の両立性をもって、両方ともに「在る」としているのである。

拙僧つらつら鑑みるに、十方仏とは、「眼中」に於ける「華」の働きとして把握されている。そして、眼病の喩えを用いながら、実でもなく空でもないというあり方を示している。我々の通常の理解では、このようには把握されない。或る種の発想の転換が必要なのである。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へにほんブログ村 仏教を1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。

これまでの読み切りモノ〈曹洞宗11〉は【ブログ内リンク】からどうぞ。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森友学園の籠池夫妻を逮捕へ | トップ | 民進党の蓮舫代表とか稲田防... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

仏教・禅宗・曹洞宗」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL