つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

現役並みの所得を持つ高齢者には医療費負担上限を増やす方針

2016-11-20 10:09:29 | 時事ネタ・雑学・トリビア
現役並み所得の高齢者、医療負担の上限引き上げ(YomiuriOnline)

政府が2017年度からの実施を検討している社会保障制度の見直し案が分かったと報じられています。

そこで、一定の所得がある高齢者の医療と現役世代の介護保険の負担を増やすことが柱となるようです。

具体的には、現役世代並みの所得(年収約370万円以上)のある70歳以上の医療費の自己負担上限額を引き上げるほか、大企業の会社員らの介護保険料を引き上げるそうです。これにより、高齢化で膨らむ社会保障費の抑制を目指すとのこと。

医療分野では、毎月の医療費の自己負担に上限を設けている「高額療養費制度」について、現状では、原則として所得にかかわらず69歳以下より低い上限となっていますが、現役世代並みの所得があれば引き上げるようで、対象の所得層は約160万人と見込まれています。

とても大きなことですね。我々現役世代の負担を減らすためにも、今、我々世代を圧迫している高齢者に負担をして貰うのは、当然だと思います。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マリーンズの「70歳の打撃... | トップ | 創価学会を回る一連の報道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

時事ネタ・雑学・トリビア」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL