つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

斎藤茂吉さんの次男 北杜夫さん死去 84歳

2011-10-26 05:16:25 | 時事ネタ・雑学・トリビア
「どくとるマンボウ」北杜夫さん死去(読売新聞)-Yahoo!ニュース

ユーモアあふれる“どくとるマンボウ”シリーズや、大河小説「楡家の人びと」などで知られる作家の北杜夫(きた・もりお、本名・斎藤宗吉=さいとう・そうきち)氏が、24日死去したそうです。84歳でした。

北氏は、近代短歌を代表する斎藤茂吉の次男として東京に生まれており、旧制松本高を経て東北大医学部に進学すると、卒業後の1954年、初の長編「幽霊」を自費出版しています。

1960年には、水産庁の調査船に船医として半年間乗った体験をユーモアを交えて描いた「どくとるマンボウ航海記」を発表し、その後、「昆虫記」「青春記」などマンボウものを出版して人気を博しています。

また、同年、ナチスと精神病の問題を扱った「夜と霧の隅で」で芥川賞し、1964年には斎藤家三代の歴史を描いた「楡家の人びと」を刊行すると、毎日出版文化賞を受けています。他にも、「さびしい王様」など、大人も子供も楽しめる童話でも親しまれています。

拙僧は元々仙台市民でしたが、北氏については、その仙台との関わりで印象深い方ですね。東北大出身という事もありますが、合わせてこのペンネームが、仙台に因んだものだからです。仙台が、「北にある都」だから「北」、そして、「杜(もり)の都」ともいいますが、これとトーマス・マンの『トニオ・クレーゲル』の「トニオ」を「杜二夫」として、一字抜いて「杜夫」と名付けたと聞いています。

兄の精神科医でエッセイストの斎藤茂太さんも、既に亡くなられていますが、こちらも90歳という長命でしたが、北氏は若干早い死となっています。心から哀悼の意を表します。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。
ジャンル:
文化
コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「宗教は無用か」への応答 | トップ | 小室哲哉の妻で歌手のKEI... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
北杜夫さん、死去? (いい加減社長の日記)
子供の頃、よく読んだなぁ・・・ ユーモアあふれる“どくとるマンボウ”シリーズや、大河小説「楡家(にれけ)の人びと」で知られる作家、芸術院会員の北杜夫氏が、24日死去しました。 84歳。 北さんは、近代短歌を代表する斎藤茂吉の次男として東京に生まれまし...
【追悼】 北杜夫逝く (仙丈亭日乘)
私の中には、あなたが沁み込んでゐる。
北杜夫さん、死去 どくとるマンボウ航海記 楡家の人びと… (ネット社会、その光と影を追うー)
「楡家の人びと」やユーモアあふれるエッセー「どくとるマンボウ
10/25 2011年セ・リーグ全日程終了+追記:【訃報】どくとるマンボウこと北杜夫さん(84) (ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2)
昨日でセ・リーグのレギュラーシーズンも終了したわけですが、その最後のヤクルト-広島戦。 マエケンがあとふたりでノーヒットノーラン達成と言うところで藤本に阻止されたどころが、逆転サヨナラ負けという劇的な試合に… 10/25 ヤクルト-広島・24回戦(ヤクルト13勝9...
【訃報】北杜夫さん死去 (あれこれ随想記 )
「どくとるマンボウ」シリーズの作家、北杜夫さんが亡くなりました。 「どくとるマンボウ」北杜夫さん死去(読売新聞) - goo ニュース ユーモアあふれる“どくとるマンボウ”シリーズや、大河小説「 楡家 ( にれけ ) の人びと」で知られる作家、芸術院会員の北杜夫(きた...
【追悼】北杜夫~「あくびノオト」 (David the smart ass)
ああ、北杜夫が亡くなった……。北杜夫はわたしの青春の作家の一人である。 思い出すのは、ミステリーだと思って買った「怪盗ジバコ」が、ま、広義ならミステリーかもしれないが、所謂ユーモア小説だったとい...
北杜夫の作品 (ひとみのひとり言)
北杜夫全集(新潮社)は1976~7年以降の刊行は無いのですか。 できたら入手し... 北杜夫全集(新潮社)は1976~7年以降の刊行は無いのですか。 できたら入手したいですが、揃いの相場予想はどの程...
どくとるマンボウの死 (のんきいきいき --夢見生の日記--)
>今日のニュースより #大河小説「楡(にれ)家(け)の人びと」やユーモラスな「どくとるマンボウ」シリーズで親しまれた作家で日本芸術院会員の北杜夫(きた・もりお、本名・斎藤宗吉=さいとう・そうきち)さんが24日午前6時2分、腸閉(へい)塞(そく)のため東....
北杜夫 - 夢を呉れたその交友関係 (国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記)
 北杜夫の訃報に接した。大学を出たあと、昭和30~40年代に始まり近年まで親しん