つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

〈南アW杯〉日本はパラグアイにPK戦で敗北

2010-06-30 01:49:07 | マリーンズ・野球・スポーツ全般
<南アW杯><南アW杯>日本、PK戦で敗れ8強ならず パラグアイ戦〈毎日新聞〉-Yahoo!ニュース

決勝トーナメント、1回線、日本対パラグアイ。試合は序盤から、パス回しと個人技に勝るパラグアイが主導権を握り、日本はボールを奪っても後ろからのサポートが遅れるなどして、なかなかパラグアイの守備を突破できずにいました。

前半は0対0、後半も中盤で効果的な組み立てが出来ずに攻撃が停滞すると、後半20分、松井に代え、デンマーク戦で1得点している岡崎を投入し、36分にはアンカーの阿部を外して中村憲を投入し、攻撃的にシフトして勝負に出ました。

しかし、パラグアイの堅守にはばまれています。前後半の90分では決着が付かず、延長に入ってからも後半から、大久保に代え玉田を投入したものの、得点を奪うことはできずPK戦となりました。

PK戦で日本は後攻でした。3人目の駒野がクロスバーをたたき失敗すると、そのままリードを許しつつ、パラグアイの5人が全員成功し、日本敗れました。あと10㎝でしたね。或る選手が試合後に、PKは運であり、我々にはそれがちょっとだけ足りなかったといっていましたが、その通りなのでしょう。本当に残念でした。

そして、日本チームの皆さん、応援していたサポーターの皆さん、お疲れ様でした。

チーム一丸となってのワールドカップ、或る意味で日本サッカーの神髄を見せてくれたような気がします。この試合でも、実力差で劣っていたとは思えません。しかし、ベスト8は、未だ遠かったようです。

岡田監督が退任を示唆=2度目のW杯、決勝T進出―サッカー日本代表〔W杯〕(時事通信) - goo ニュース

サッカー日本代表の岡田武史監督(53)ですが、当地で行われたワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の決勝トーナメント1回戦で敗退した後、監督を退任する意向を示唆しています。

同監督は、「この後のことは今とても考えられない。おそらくもうやることはないと思う」と話しています。今思えば、オシム氏が急病のためリタイヤし、その交替として2度目の代表監督だったわけですが、本当にお疲れ様でした。ただそれだけでございます。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。
ジャンル:
スポーツ
コメント (2)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1対19って……マリーンズ大敗 | トップ | 第四不妄語戒(『梵網菩薩戒... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
PK戦はあまりにも非情な…  (sadakun_d)
2010-07-03 09:42:46
パラグアイ戦は前後半が0-0。延長戦も0-0

ならば時間無制限で得点あるまでプレー!

愛知県高校サッカー地区予選もPK戦で決着の試合がありましたね

ひとりふたりと蹴るんだけど×があると次はキャプテンやゴールキーパーが蹴る
それにしてもPK戦は残酷なルールにしか見えない

ゴールキーパーいじめだ(笑)
コメントありがとうございます。 (tenjin95)
2010-07-03 12:02:15
> sadakun_d さん

なんだか、一種の神秘的な行為にすら見えてきますよね。ご指摘の通り、サドンデスでプレーさせれば良いのに、と思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
サッカー南アフリカW杯日本代表決勝トーナメント1回戦延長戦でも決着つかずPK戦も最後まで力尽き南アフリカの旅は終わったが大き... (オールマイティにコメンテート)
29日サッカー南アフリカW杯決勝トーナメント1回戦 パラグアイ対日本戦がロフタス・バースフェルドで行われ、 0対0で延長戦でも決着がつかずPK戦に持ち込んだが、 PK戦で5対3で敗れ日本代表の南アフリカの戦いは終わった。 試合は前半からパラグアイにボー...
岡田JAPANがPK戦でパラグアイに敗れ悔しさ爆発だ! (Deep Impact! ver.3)
2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会はラウンド16の最終日。 本日はパラグアイvs日本、スペインvsポルトガルの2試合が行われました。 首都プレトリアのロフタスバースフェルドスタジアムで行われた、 パラグアイvs日本をやはり当ブログでも紹介します。 南米予選3位のパ...
W杯:日本、ベスト8逃す (SCRAMBLE-8)
日本、ベスト8逃す…PK戦でパラグアイに敗れるサッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会第19日の29日、決勝トーナメント1回戦のパラグアイ(グループリーグF組1位)―日本(E組2位)戦が行われ、0―0のまま今大会初のPK戦にもつれ込んだ結果、パラ...
遠藤保仁選手の似顔絵。 (「ボブ吉」デビューへの道。)
2010FIFAワールドカップ、日本代表の挑戦が終わりました。 決勝トーナメント対パラグアイ戦、延長にもつれ込む激闘、スコアは0-0。 こんな緊張の連続はありませんよ。 胃が痛くなるような、重くなるような120分、その末にPK戦なんて。 とても残酷な幕切れでしたが、何か...
【2010 FIFA ワールドカップ】 ● 日本 0 - 0 パラグアイ (PK2-3) (仙丈亭日乘)
PK戰で破れる
W杯 日本、パラグアイにPK戦で敗れる (王様の耳はロバの耳)
日本、ベスト8逃す=パラグアイにPK戦で涙〔W杯本記〕(時事通信) - goo ニュ...
日本のW杯 終わる (CW馬なりにて歩む)
決勝トーナメントの初戦。 前半はパラグアイが、後半は日本が優勢に進めたもののスコアレスのまま延長戦へ。 そして今大会初のPK戦になりま...
[W杯モード]未知の扉の前の戦い (BBRの雑記帳)
Round of 16最後の1日。まずはプレトリアでの、世界的にはこのラウンドで
日本vsパラグアイ (FREE TIME)
南アフリカW杯19日目。 日本はパラグアイにPK戦の末に敗戦。 これで日本のW杯は終戦しました。
<南アW杯>日本、PK戦で敗れ8強ならず パラグアイ戦 (ぼけ~~~っと人生充電記!)
{/pc2/}  サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は第19日の29日、決勝トーナメント1回戦最後の2試合。1次リーグE組2位の日本(世界ランク45位)は、プレトリアのロフタス・バースフェルド競技場でF組1位のパラグアイ(同31位)と対戦。両者90...
8強決定! (日刊kubokazu777)
日本散る・・・ ベスト8の椅子が埋まった。 日本は戦前のダメ予想を裏切る快進撃。 けど、韓国と一緒でベスト16止まりで終焉。 うーん、アジア枠4.5はキープしたのかな? 2014年ブラジル大会に向けてめっちゃ重要。 すごいや、サッカー、いやW杯という器は・・・ 野球のW...
【W杯】日本、PK戦で敗れる (あれこれ随想記 )
W杯決勝トーナメントで、日本はパラグアイと対戦しました。 延長戦でも得点が入らず、0-0でPK戦になりました。 PK戦で3-5で敗れ、ベスト8進出はできませんでした。
日本はイタリアよりも強かった?! (時代のウェブログ)
前大回王者イタリアを下して堂々とグループリーグを1位で勝ち上がったパラグアイと120分間0-0の試合をしたのだから、「日本はイタリアよりも強かった」(笑)。 0-0となった背景には、GK川島の神懸かり的なファインセーブと連携の取れたDF陣の必死の守備があっ...
あと10センチ、もう10センチだった松井のミドルシュート (名古屋人伝説。税理士バッキーの日記帳)
素晴らしい試合をありがとう。感動は十二分に伝わった。あと10センチ、もう10センチ下だったら、残念!!。そんなタメ息が思わず漏れてしまう素晴らしい一戦であった。昨夜のサッカーのワールドカップ(W杯)南
日本、パラグアイPK戦で敗れる(べスト8進出逃す) (ブルー・カフェ)
『サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会第19日の29日午後(日本時間29日夜)、決勝トーナメント1回戦のパラグアイ(グループリーグF組1位)―日本(E組2位)戦が行われ、0―0のまま今大会初のPK戦にもつれ込み、パラグアイが5―3で勝利して初...
日本、死闘の末敗退 (りゅうちゃんミストラル)
ワールドカップ19日目、日本はパラグアイと対戦した。120分戦っても決着つかず、PK戦の末ベスト8には残れなかった。日本がPK戦で敗れる、スペインは完勝でベスト8進出=...
PK戦で散る・・・2010W杯パラグアイ戦 (雲の上からHello! )
PKだけは仕方ない。 2010FIFAワールドカップ南アフリカ 決勝トーナメント1回戦 日本 0 (PK3-5) 0 パラグアイ ・・・・・・・・、 とりあえず日本の長い闘いは終わりました。 日本のスタメンはこれまでとまったく同じ11人。まぁ、変える必要...
〔ワールドカップ〕延長、PK戦の末、日本代表プレトリアに散る (しっとう?岩田亜矢那)
もう、何も書けない。 駒野が悪いんやない。 世界のベスト8の扉へ もう少し、ほんの少し、届かなかった。 それが「世界の壁」なのか? 我々は今日初めて「本当の世界の壁」を見たのかも知れない。 明日、もう少し頭が冷えてから
〔ワールドカップ〕延長、PK戦の末、日本代表プレトリアに散る (こちら、きっどさん行政書士事務所です!)
もう、何も書けない。 駒野が悪いんやない。 世界のベスト8の扉へ もう少し、ほんの少し、届かなかった。 それが「世界の壁」なのか? 我々は今日初めて「本当の世界の壁」を見たのかも知れない。 明日、もう少し頭が冷えてから また続きを書く。 日本代...
W杯 日本VSパラグアイ (勝手な言い分)
史上初の快挙には一歩届かず、日本代表の2010年W杯は終わりを告げた。 両チームが壮絶に守りあい、スコアレスドローのままPK戦へ。 PK戦はある意味抽選みたいなものだから、これに持ち込まれる前に勝負をつけなくてはいけなかった。 実際延長の後半は、パラグア...
PKまで行くも日本散る・・・・ (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
嗚呼・・・長い試合だった。駒野のPKミスで終わった。だが、そこまでのドラマの数々!!日本の実力を出し切った!!ありがとう!!熱い時間をありがとう!!!もるがんのTwitter(morganti...
ワールドカップ南ア大会・19日目 (浦和レッズの逆襲日報)
ひとつ、今後の日本サッカー成長のために言うと、PKとは”運”ではなく、勝負であるということ。 多くの人が、PKは勝ち負けではない、試合自体は0-0と言うが、自分はそうは考えない。そして一番悔しく残酷な負け方こそ、PKによるものだと考える。だか...
日本は残念ベスト8ならず (てらブログ)
毎日蒸し暑い日が続きます。みなさんもどうか、お気をつけてお過ごしください。 今日は「水無月」をいただく日ですね。甘党で、もちもちっとした食感の好きな私には最強の和菓子です。小豆が魔除けを、三角の形が氷を模していて暑気払いになるそうです。 さてさて、今日は...
岡田JAPANプレトリアにて散る。パラグアイにPK戦の末敗れてベスト16止まり。 (日刊魔胃蹴)
グループEを2勝1敗・勝ち点6の2位通過で決勝トーナメント進出を果たしたサッカー日本代表、決勝T1回戦の相手は南米の強豪・パラグアイと対戦!パラグアイとは過去に1勝2敗3分けと負け越しています。韓国が敗れて「アジア勢最後の砦」となった日本代表、勝って史...
★<南アW杯>日本、PK戦で敗れ8強ならず ・・・残念 (スナフキン・レポート♪)
<南アW杯>日本、PK戦で敗れ8強ならず パラグアイ戦 <サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は第19日の29日、決勝トーナメント1回戦最後の2試合。1次リーグE組2位の日本(世界ランク45位)は、プレトリアのロフタス・バースフェルド競技場で...
PKで敗退は悔しい (O塚政晴と愉快な仲間達)
今日、ある人が「腹の具合が悪い」と言ったのに、「ん?パラグアイ?」と聞き返すのを必死に我慢してました(実話)。 パラグアイが悪いのならイイ事じゃん、とは死んでも言えません(笑)。 ちなみに、なんか状況が2002年日韓大会の時のトルコ戦に似てません? ...
日本代表が死闘の末にPK戦で力尽く・・・ (TORACCHO'S ROOM E-Package)
日本代表が史上初のベスト8までもう少し、あと少しと言うところでとうとう力尽きてしまいました。 ボール支配率はパラグアイの方が高く、巧かったですが、日本がしっかりと守り、両者がっぷり四つの展開となりました。 パラグアイに攻め込まれる危ないシーンも何度かあ...
残念パラグアイ戦。57.3%で視聴率はTBS歴代1位♪ (ショコラの日記帳)
昨夜のW杯「日本vsパラグアイ戦」、惜しかったですね。試合は延長戦までやりましたが、「0ー0」。PK戦で負けてしまいました。よく守ったし、惜しいシュートも何本かあったのに...
南アW杯19日 (おちゃつのちょっとマイルドなblog)
W杯南アフリカ大会19日目、決勝トーナメント1回戦2試合が行われます。
日本、PK戦の末に散る・・・ (Ali della liberta (in Stadio))
 うーん・・・・・・・残念、無念!  だが、全力を出し切った末のもの。戦前の予想からすれば、ここまで来たのも大きな成果だろうし、悔...
完全燃焼で見えた世界との距離 (けいいちの日記)
日本、ベスト8逃す…PK戦でパラグアイに敗れる(読売新聞) - goo ニュース 森本を起用しなかったことなど、言いたいことはいろいろとありますが、それよりも声を大にして言いたい! ありがとう、日本代表!! 駒野、実はPK達人…まさかの失敗に悔し涙(読売新聞) - ...
6月29日 岡田JAPANありがとう!! (拓虎の”虎・食・音”日記)
悔しい。悔しすぎる。PK戦パラグアイ5人目がゴールが決まった瞬間、時間が止まったような気がした。岡田JAPANのW杯が終わった。120分間、フィールドプレイヤー全員が走り続け、ゴールを守り、ゴールを狙った。1点もゴールを与えることはなかったが、1点もゴールを奪...
日本PK戦の末、パラグアイに苦杯 8強進出ならず (続・今日も内角攻め!)
サッカーのW杯南アフリカ大会19日は29日、決勝トーナメント1回戦の残り2試合が行われ、日本はパラグアイと対戦、延長の末0ー0で迎えたPK戦で3ー5で敗れ、初の8強入りを逃した。 これまでの1次リーグ3試合と同じ布陣で臨んだ日本は、開始直後に大久保、駒野がシュートを...
新たな戦いの始まり(日本代表、PKで散る・・・) (現代徒然草)
「ベスト4」を目標に掲げる岡田ジャパンの決勝トーナメント1回戦の相手は、優勝候補イタリアを予選落ちさせて1位通過した南米の強豪パラグアイ
日本、パラグアイにPK戦の末敗れる-岡田監督退任へ (大阪から♪Backpackerかく語りき♪)
2010FIFAワールドカップ・南アフリカ大会の決勝トーナメント1回戦。日本はプレトリアで、パラグアイと対戦。パラグアイは、過去3回決勝トーナメントに進出しているがすべて敗退。日本は、2002年に進出しているが敗れている。お互いに初のベスト8を賭けた戦いになった。お...
南アフリカサッカーワールドカップかく戦えり (いすみマリーンズ アネックス)
*いずれも日本時間 南アフリカ FIFAワールドカップ グループリーグE組 6月14日(月)23時 日本 1-0 カメルーン 6月19日(土)20時30分 オランダ 1-0 日本 6月25日(金)3時30分 デンマーク 1-3 日本 そして決勝トーナメント...
【2010FIFAワールドカップ南アフリカ】 パラグアイ vs 日本 (いとちゃん徒然草)
延長戦後半に3人目のカードを切る時、 あのジョホールバルの歓喜の再現のためにも森本を出して欲しかったな PK戦、シュートをポストに当ててしまった駒野を責める事が出来る人はいやしないね PK戦にまでもつれ込まざるを得なかった試合運びに、そして1点を奪え...
南アフリカワールドカップ(決勝トーナメント1回戦)「(F組1位)パラグアイ代表 vs 日本代表(E組2位)」 (slow,snow)
決勝トーナメント1勝を狙います。 パラグアイ代表0ー0日本代表 (F組1位) (E組2位) (延長戦) 0ー0 (PK戦) 5ー3 文字通り"死闘"という言葉が似合う一戦だった様に思いました。 2、3年に...
よくやった、ジャパン (miltuchanからの手紙)
 ジャパンのゴールに近くなるにつれはらはらして「うわぁ」の連発で寿命が3ヶ月ほど縮んだかもしれない(笑) PK戦に持ち込んだらジャパンが有利だという前評判だったのでひょっとしたらという期待もあったのだが、結局PK戦で負けてしまった。  PK戦で負ける...
サムライブルー・日本ありがとう! (E's Monologue.)
日本チーム、夢をありがとう! 強豪パラグアイ相手によく頑張りました。最後は運がちょっと向かなかったですが、ワールドカップを本当に楽しませて貰いました。本当にありがとう。 FIFAのファン投票で決まるThe Man of the Matchは本田選手でした。日本人票がたくさんは...
決勝トーナメントに進出して、改めて浮き彫りになった「勝ち抜く」為の課題!! 【サッカー W杯決勝トーナメント】 (不定期更新のスポーツニュース201X (ちょっと時事ネタも) )
サッカーW杯は29日、決勝トーナメント1回戦が終了しベスト8が出揃った。出場5カ国全てがグループリーグを突破した南米勢は、4カ国がベスト8に進出する躍進ぶりを見せた。 一方、史上初のベスト8進出の期待が懸かった日本代表はパラグアイと対戦し、延長戦を...
日本0-0パラグアイ~PK戦で敗退~ (虎哲徒然日記)
ワールドカップに参加できている。 そういう風に、デンマーク戦のあとで書いた。出場するだけ、世界の強豪には歯が立たない、というのがこれまでの日本代表。しかし今回は、堂々と世界と渡り合えた。 決勝トーナメント1回戦を観たあとでも、その結論を変える必要はな...
岡田ジャパン,パラグアイに惜敗,夢をありがとう (あれは,あれで良いのかなPART2)
岡田ジャパンは,パラグアイ相手にPK戦で敗れ,ベスト8進出なりませんでした。 日本、ベスト8進出逃す…パラグアイにPK戦で敗北(読売新聞) - goo ニュース 岡田ジャパン,本当にお疲れ様でした ま,正直な話,パラグアイ相手だと,延長戦とかにならないで負ける...
サッカー日本代表の「一体感」に感動 (猫たけし音楽プラスNEO)
本当に、「あと一歩」というところで、 歴史的快挙を逃してしまった、 サッカー日本代表。 正直、ワールドカップ前の親善試合で ボロボロに負けているチームをみて、 「きっと今回も、一勝もできずに 予選敗退しちゃうんだろうなあ」って、 あまり期待をしていなかった。...