つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

落語家・三笑亭夢之助 手話通訳を拒否して問題に

2007-10-31 07:49:12 | 時事ネタ・雑学・トリビア
<落語家・夢之助さん>「手話通訳気が散る」島根の敬老会で(毎日新聞)-Yahoo!ニュース

まぁ、開催者の方から事前説明がなかったことや、本人にも色々と反省をしているようなので、あまり大きな問題でもないのでしょうけれども、ちょっとね。

今回の一件ですが、島根県安来市民会館で9月に開かれた市主催の敬老会で、独演会をしていた落語家の三笑亭夢之助さんが、舞台に立つ手話通訳者に「気が散る」などと退場を求めていたことが明らかになっています。

結局、手話通訳そのものは舞台の下で続けられたということですが、島根県のろうあ連盟は「聞こえない人に対する侮辱」と夢之助さんや市に抗議したところ、夢之助さんは謝罪しており、市も当日来場していた聴覚障害者3人に直接謝罪しています。

それまでも市では、敬老会に今年70歳となるお年寄りや市民を参加させており、聴覚障害者向けに、大きな講演会では手話通訳者をつけていたそうです。

しかし、市では、夢之助さん側に以上のような通訳がつくことを説明していなかったそうで、それが気にくわなかった夢之助さんから、独演会開始後5分ほどで、「落語は話し言葉でするもので、手話に変えられるものではない」と発言し、そして、「この会場は聞こえる方が大半ですよね。手話の方がおられると気が散りますし、皆さんも散りますよね」「どうにかなりませんかね」「皆さんが良いとおっしゃるなら構いませんが。どうなんでしょうね」と話して退場を促しました。この発言に、会場からは笑い声が聞こえたということですが、確かにこれは配慮を欠いた発言だとされても致し方ないところです。ただですら、責任も立場もあるプロの噺家さんであれば、こういった障害者への配慮は、当然になされるべきであります。

結局、手話通訳者は舞台を降りて通訳したそうですが、この一件を聴覚障害者から知らされた県ろうあ連盟は、夢之助さんや市、落語芸術協会に抗議文を送付しました。

そうしたところ、夢之助さんは謝罪文で、発言の真意について「気も散漫になって話を間違えることでお客様に迷惑をかけてはいけないので、手話の方に、私の横でなく、後ろに立つか、座ってくれるのか……との思いで声をかけた」と説明したということですが、そうだとすると、事前の説明や打ち合わせをしなかった、市の担当者が最大の問題になりますね。

そこで、市でも不手際を認め広報11月号に謝罪文を掲載したということですが、市からすれば通訳を付けるのは当たり前のことだったのでしょうけれども、特に芸を作り上げている場合には、なおさら気になるんでしょう。事前説明がなかったのは問題です。でも、夢之助さんにも配慮が足りなかったと拙僧は思いますし、その意味ではプロの舞台として成立していなかったということになります。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。

あわせて読みたい

ジャンル:
芸能
コメント (7)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あの暴君がパワーアップ 超... | トップ | 反・無宗教論ver18.0 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
夢のような (古井戸)
2007-10-31 09:38:33
信じられない、夢のような事件である。

事実なら、協会を破門だろう。
地方だか小馬鹿にして、このような人権無視行為をおこなったのか? 東京の演舞場でもこういうことができるか?TV中継されていたとしてこういうコトをやるのか?

この行為に敬老会観客も笑い声で応じた、というのもサビシイ。 直ちにこんな極道は会場からたたき出すくらいの正義感覚は歳を取っても保存しておきたい、と改めて思った次第。
イレギュラー対応が出来てない (デハボ1000)
2007-10-31 12:05:08
私は、意思疎通が足り無かったのだろうと思います。
彼の芸暦は長いですから、普通の寄席の手法を考えてたと思うのですね。
一般に聴覚の不自由な人が寄席にこられた場合、窓口ないしはもぎりで確認したうえで、出演者に連絡し、あえて手話にするころはせず(それは演者の技量を疑うということになるということで)聴覚に訴えない演題に切り替えることをするんです。(それが出来ない演題や諸芸では、あえて香盤を替え、臨時に降りる人もいます)これは都内・大阪の演芸場ではほぼ徹底されています。ある落語家は、枕の途中で急に漫談に変えるということをしたとか。
ところが、この場合のようにホール落語の場合は先に演題を決めてしまうから、この作業は普通しないんですよね。逆に、それを承知できてもらうことになります。(但し過去に、それがありうるとして字幕をサイドスクリーンで流した事例はあります。)
どっちにせよ、意思疎通が出来ていないという意味では猛省が必要ですが、演者にしても動揺するそうだということはありみたいです。
皆さんコメントありがとうございます (tenjin95)
2007-10-31 17:01:25
> 古井戸 さん

> 事実なら、協会を破門だろう。地方だか小馬鹿にして、このような人権無視行為をおこなったのか? 東京の演舞場でもこういうことができるか?TV中継されていたとしてこういうコトをやるのか?

確かに、色々な意味で問題がありますね。拙僧的には、やはり打ち合わせ不足を問題視したいところですが・・・

> この行為に敬老会観客も笑い声で応じた、というのもサビシイ。 直ちにこんな極道は会場からたたき出すくらいの正義感覚は歳を取っても保存しておきたい、と改めて思った次第。

仰る通りですね。こういった差別感情というのはそれ自体を粉砕しなくてはならないですね。

> デハボ1000 さん

なるほど、詳細なご教授をいただきまして、ありがとうございます。この御意見を見て、拙僧もやはり打ち合わせ不足が問題だったかと思った次第です。
あきまへんで (Unknown)
2007-11-01 00:58:26
難聴はんがブログで怒ってましたえ。
http://thy.jugem.jp/
コメントありがとうございます。 (tenjin95)
2007-11-01 07:13:28
> Unknown さん

確かに、お怒りでしたね。この辺は、再発防止はもちろんのこと、障害者の方への配慮は、ますます重く考えるべきだと思います。
Unknown (ぎれん)
2007-11-01 21:50:27
夢之助さんは黙って帰ればよかったんじゃないかと。談志師匠ならすぐ帰っちゃったでしょうね(笑)
コメントありがとうございます。 (tenjin95)
2007-11-02 05:04:31
> ぎれん さん

確かに、そうかもしれませんね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

時事ネタ・雑学・トリビア」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

三笑亭夢之助暴言 (zara's voice recorder)
<落語家・夢之助さん>「手話通訳気が散る」島根の敬老会で 島根県安来市民会館で9月17日に開かれた市主催の敬老会で、独演会をしていた落語家の三笑亭夢之助さんが、舞台に立つ手話通訳者に「気が散る」などと退場を求める発言をしていたことが分かった。通訳は舞...
落語家・夢之助さん、「手話通訳気が散る」 (あれこれ随想記 )
敬老会落語で手話通訳、「気が散る」と夢之助師匠(読売新聞) - goo ニュース <落語家・夢之助さん>「手話通訳気が散る」島根の敬老会で (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 島根県安来市民会館で9月17日に開かれた市主催の敬老会で、独演会をしていた落語家の三笑亭夢之...