つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

福岡県の宗像・沖ノ島と関連遺産群が世界文化遺産登録へ

2017-05-06 09:56:53 | 時事ネタ・雑学・トリビア
宗像・沖ノ島に世界遺産登録勧告 21件目、古墳群など一部除外も(共同通信)

福岡県の古代遺跡「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」を世界文化遺産に登録するよう、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関が勧告したと報じられています。

そこで、7月にポーランドで開かれる委員会で正式に登録が決定されれば、日本の世界遺産は文化遺産17件、自然遺産4件の計21件になります。

ただし、同諮問機関は、8件の構成資産のうち沖ノ島(宗像大社沖津宮)と周辺の三つの岩礁の登録だけを認め、4件は除外するよう勧告しました。まぁ、ばらけて何が何だか分からなくなる可能性があることと、本当に価値があるのは、沖ノ島だけだという判断がされたのでしょう。

この沖ノ島は島そのものが神体とされ、朝鮮半島や中国、中東からもたらされた奉献品が出土するなどしており、しかも、約8万点が国宝に指定されており「海の正倉院」とも呼ばれるなどしています。

また、完全な女人禁制で、毎年5月27日の同神社の大祭で200人の男性のみが入れるという場所です。ほとんどの人には、何が何だか分からないまま関係なく終わる場所です。その意味では、世界遺産の価値があるのかどうか、拙僧などにもよく分からないところですが・・・

それに、その大祭についても、沖ノ島近海であった日露戦争中の日本海海戦で亡くなった日露両国の兵士を慰霊するのが目的であるとされていますから、何とも微妙です。まぁ、一日本国民としては世界遺産が増えて、日本という国や国土の価値が上がることを喜びたいと思いますが、今回くらい特殊な事例というのは、余り喜べません。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。
ジャンル:
文化
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <NPB2017>誰かマリーンズに... | トップ | 昨日は立夏だったらしい・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
世界遺産へ (落ちこぼれのつぶやき)
「宗像・沖ノ島」世界遺産へ=ユネスコ諮問機関勧告―7月正式決定 うまくいきそうで何よりですね。地域が盛り上がることにつながるといいですね。 こんなことも