つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

宮城と福島を繋ぐ常磐線の一部が東日本大震災の被害から復旧

2016-12-10 09:16:56 | 時事ネタ・雑学・トリビア
福島と宮城結ぶ鉄路再開 大震災から5年9カ月ぶり(東京新聞)

東日本大震災の津波で駅舎や線路が流され、不通になっていたJR常磐線の相馬(福島県相馬市)―浜吉田(宮城県亘理町)の23・2キロの運行が10日、再開しました。

仙台市と福島県北部の沿岸地域が2011年3月の震災以来、5年9カ月ぶりに鉄道で結ばれ、地元住民の足として復興を後押しすることが期待されています。

JR東日本によると、再開される区間にある6駅のうち、新地(福島県新地町)、坂元、山下(いずれも宮城県山元町)の3駅は内陸に最大で約1・1キロ移設されるなど、大工事ではあったようです。

また、今回の再開で、常磐線の残る不通区間は福島県内の竜田(楢葉町)―小高(南相馬市)だけになっていますが、この地域はね・・・

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« え?アメリカの次期駐日大使... | トップ | 揖手と叉手の話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL