つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

国王が死去したばかりのタイで王室を侮辱した市民がつるし上げに遭う

2016-10-19 06:11:11 | 時事ネタ・雑学・トリビア
「王室侮辱」と集団暴行=群衆がつるし上げ-タイ(時事通信)

以外と熱しやすい方々だったようで・・・

タイの首都バンコク近郊のチョンブリ県で10月18日、ソーシャルメディアに王室を侮辱する投稿を行ったとして、19歳の男性が怒った集団に暴行されたそうです。

この男性が17日夜に投稿したメッセージをめぐって、18日に男性の勤務先の会社に大勢の人々が集まり、男性に会わせるよう要求したとのころ、会社側は男性を解雇したと説明し、自宅住所を教え、そして、群集は男性宅を襲撃したようです。

ソーシャルメディアには、男性が頭を殴られたり蹴られたりしたほか、13日に死去したプミポン国王の肖像に向かって土下座して謝罪させられる様子とされる動画が掲載されたとのこと。

タイでは国王の死去以降、王室を中傷したとされる人物を集団でつるし上げる自警団的な動きが相次いでいるそうで、軍事政権の報道官は18日、こうした状況について「タイ国民が互いに傷つけ合ったり争ったりするのを誰も見たくない」と懸念を表明したそうです。

これは、どういう心情なんですかね。専門家では無いので分かりませんが、精神的な庇護者を失ったことに対する過剰な反応なのでしょうか・・・

ただ静かに喪に服することも必要だと思いますがね。無論、王室を侮辱して良いとも思いませんから、それはそれで別の話です。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログへにほんブログ村 ニュースブログを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道元禅師の時代の食事 | トップ | 広島カープの黒田博樹投手が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL