つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

どうなるノーベル文学賞・・・ボブ・ディラン氏が音信不通?

2017-03-29 07:13:55 | テレビ・映画・芸能関連
ボブ・ディラン、また音信不通 ノーベル受賞講演行わなければ賞金1億円なしに(サンケイスポーツ)

2016年のノーベル文学賞を受賞した米シンガー・ソングライター、ボブ・ディラン氏から、今年6月までに行うことが義務の受賞講演についての連絡がないと、選考主体スウェーデン・アカデミーのダニウス事務局長が明かしたそうです。

ディラン氏は4月1、2日にスウェーデンの首都ストックホルムでコンサートを予定しており、これに合わせて講演するとアカデミーは期待していたそうですが、同氏からの連絡はここ数カ月間途絶えたままだそうです。

確かに、ディラン氏は昨年10月の授賞発表後も10日以上反応を示さず、アカデミーを戸惑わせ、その後、賞の受け入れを表明したものの、昨年12月10日の授賞式は欠席し、受賞スピーチは代読されるなどしており、今後もどうなるか、という感じではありました。

なお、受賞講演は授賞式から半年以内に行わなければ賞金800万クローナ(約1億円)を受け取る資格を失うそうですが、別に、金銭的な問題ではないのかもしれません。

でも、1億円の賞金について、受け取っておいて慈善活動などに回せば良いだけの気もしますし、何やら、大人の対応として、一度は受賞を受け入れたはずなのに、これはどうなのか?という気はいたします。

追記:
とりあえず受賞そのものと、メダルの授与は行われるようです。
残りは賞金がどうなるか?という話だけとなりました。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログへにほんブログ村 ニュースブログを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。
ジャンル:
芸能
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無住道曉『沙石集』の紹介(... | トップ | 川崎宗則選手がシカゴ・カブ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL