つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

或る宗教団体の物言い

2005-07-30 06:13:03 | 宗教
昨日の【顕正会の記事】を承けて、以前から気になっていた、或る宗教団体の物言いを取り上げてみます。


●寺ではないのですか?
 今日、寺と聞くと、何が思い浮かぶでしょうか。
①葬式や法事など、「死んでから用事のあるところ」。
②おみくじを売ったり、祈祷しているところ。
③伽藍や大仏で拝観料を集める観光地。
④学校や幼稚園、駐車場を経営するところ。
⑤果ては、本堂を新年会やクリスマスパーティーに貸し出しているのが実態です。

本来の寺は、生きている人に、生きた仏法を伝え、生きている間に真の幸福になる道を説き明かす大切な聞法の場であったはずです。しかし、本当の仏教が全く伝えられていないのが、悲しい現状であります

これは、【浄土真宗親鸞会仙台支部のHP】から「無断」でとってきた文章に、拙僧が勝手に番号①~⑤を振りました。

正直、かなり一方的な物言いですっていうか、例えば拙僧の寺はこのうち①しか合ってないです。でも、最近では大きな行持などの時にはいま来ておられる方へ向けて説法会を行ったりしております。もちろん、法事・葬儀の際に法話は欠かせませんが、ただ、檀家の方が曹洞宗やその教義を行動原理にしているか?と言われると難しいところですね。さておいて、こういった活動は、別に拙僧の寺だけではなく、もっと外により熱心にやっておられるお寺さんが多くあります。このブログにTBやコメントをいただいているお寺さんでも行われているところが多くあります。是非、参照されては如何でしょう。

②については、特に「祈祷」などは、伝統的に地元のさまざまなシャーマン的な宗教者が行ってきたことだと思いますが、彼らは、やはり近代以降の科学主義に於いて徐々に活動の場所を失い、お寺がその活動を代わりに担ったワケです。現に曹洞宗の祈祷も、江戸末期から明治期に掛けて広がりを見せております。ただし、これは歴史的な積み重ねや技術の習得が必要ですので、どのお寺でも可能だというわけではありません。まぁ、元々神仏習合で坊さんが神主さんの役も担っていたわけですから、おみくじくらいはしょうがないと思いますな。

③については、②よりもさらに歴史的積み重ねと、様々な条件が必要になってきます。見せるモノがなければ誰も見に来ませんので、全てのお寺が③なわけではありませんね。だいたい、ほとんどのお寺さんは木造建築が祟り、火事で全焼に遭うことも多かったでしょうから、本当の宝物などは少ないんじゃないんでしょうか?ウチの様な田舎寺には全くないです。池に人面魚でも居ればいいけど。。。ウチも、檀家さんに鯉養殖屋さんが居られまして、良く持ってきていただけるんです(ありがとうございます。合掌)が、人面魚は居ないかな~??

④もやっぱり様々な条件が必要です。ウチのお寺も沢山の駐車場(いや、野原?)がありますけど、お金なんか取れません。それから、学校・幼稚園などの教育活動についてお寺は歴史的伝統を持っておりますね。ご存じ「寺子屋」です。寺子屋では地域の初等教育に場所を提供し、またお坊さん本人も仏典に限らず外典(仏教以外の諸思想書)を教授したとされています。この伝統は戦国時代には既に確認され、先日イエズス会のルイス・フロイス師の指摘を【コチラ】で挙げておきました。それから、これは⑤にも関連しておりますが、実は「本堂」などの一般的日本家屋に比べて大きな建造物は、現代のように多くの巨大建造物などが建つ前には、地域にとって集会所やイベント会場として大変に有効に使われていたのでした。おそらく現代でもそのように機能しているお寺さんは、田舎には多いんじゃないんでしょうか?

そこで、結論:こういった歴史的な諸経緯を無視して非難してはいけないです。

と、ちょっとだけ憤慨しておりましたら、実は、この親鸞会は『「カルト」の正体。』(宝島社・2000年)にてカルト系宗教として、多くの大学などに入り込んでいることが指摘されてました。で、西本願寺さんとずいぶんと教義論争をやり合ったらしいです。やり合ったというのはちょっと正しくないかもしれません。何故ならば、親鸞会が一方的に抗議文書を送りつけ、しかも、教義についても西本願寺さんの教義を恣意的に取捨選択して批難したというのが正しいようです。確かに、今生きている現世で救われるという教義には見るべきモノはありますけどね。

ですから、困ったものですね。本来、宗教とは「対話」を中心にしているはずなのです。相手の抱える問題をまず傾聴し、相手の欲求する宗教的事情を斟酌することが肝心のはずなのです-解決できるかどうかはまた別ですが-或る意味で、一方的に宗教者から相手の問題を決めつけ、勝手に解決したつもりでいてはいけないんです。

先年、お檀家さんで母親を亡くした方が居られまして、卒哭忌と呼ばれる百ヵ日に拙僧が赴いた際に、卒哭忌の説明をしたのですが、その時お檀家さんから、「和尚さん、もう三ヶ月も経ちますが、まだまだ悲しみが癒えません」ということを言われました。確かに字義であれば「慟哭することを終える日」の卒哭忌でしたが、当然100日ではまだまだ悲しい方だって居られるわけです。ですので、勿論これは1つの目安であることをご説明した上で、師匠を亡くしたばかりだった拙僧は、自分も同じような状況であることを述べ、一緒に悲しむしかありませんでした。

ただ、その後は悲しみを胸に秘めて普段の生活に戻られたようですので、多分ご自分で何らかの解決をされたのでしょう。そこに拙僧の言葉や態度が何らかの影響を及ぼしたなんてのは傲慢な思い込みに過ぎません。

さて、本題に戻しまして、さっきの趣意文のように、一方的に批判してはいけません。そもそも、指摘した内容が独断的であり間違っています。それは「本当の仏教が全く伝えられていない」という表現です。ハッキリ言って、全てのお寺を調べたんでしょうか?全部が伝えられていないとはとても言えないと思いますが・・・まさか禁断の裏ワザとされる「自分の基準に合わなければ全てニセ者」というファンダメンタリズムなのか?

ここには複数の間違いがあります。まず事実を実証していないあり方、そして、自説のみを正しいモノとして提供する不誠実。この両者はともに否定されるべきであります。拙僧つらつら鑑みるに、本当に正しければ、他を批判しなくても良いはずです。何故こういった批判になってしまうのか?それが残念でなりません。
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現実の『火星計画』発動?!... | トップ | 「日本海」19世紀には定着=... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (おき太)
2005-07-30 21:58:56
先日はお施餓鬼のトラックバックをさせていただいた者です。私も過去にカルト宗教団体の執拗な勧誘に困った一人です。学校や職場で執拗に勧誘するので一人暮らしの人、困った人は気をつけた方がいいですね。私のブログでもあるカルト団体の批判をしていますので良かったら専門家の立場からコメントをお願いします。
確かに、その宗教も問題がありますね。 (tenjin95)
2005-07-30 22:27:30
> おき太 さん



確かにご指摘のような、マスコミと宗教の問題は、大いに注意されるべきですね。拙僧思うに、どうしてアノ宗教だけがマスコミに一年中出ているのか?もちろんお金があるからでしょうけど、だったらこのお金はどうやって集めたのか?昔は、他宗派こそ金儲けをしているなんて言っていた宗派でしたが、時代は変わるものです。。。
お寺の役割 (藍旋)
2005-07-31 09:12:15
「寺と聞くと何を思い浮かぶ」で、幼稚園の経営やパーティ会場がありましたが、ホント、お寺と関係ないよねって最初は思っていました。

なるほどです、説明されてみると、お寺が果たしてきた役割を考えてみれば自然の成り行きに感じてきました。

お寺が果たしてき役割って大きかったのですね。
最近では・・・ (tenjin95)
2005-07-31 10:07:10
> 藍旋 さん



コメントありがとうございます。

一般の方からすれば、そのようなご感想を持たれるのは至極真っ当であります。ただ、上記のような理由があるということも、ご理解いただければ幸いです。



本来「寺」という単語は朝鮮語で「信仰する場所」を意味したらしいのですが、日本では共同体に入り込む際に、その用途も変更され、地域共同体の集合場所になるところも多かったようです。



しかも、当時の坊さん(今もそうあって欲しいですが)は、いわゆるの「有識者」として共同体でさまざまな問題が発生した場合に助言なども行いました。したがって、頼りにされて、人が多く集まったわけです。



なお、最近ではまたその役割を思い出し、地方のみならず都会であっても、お寺の建物を企業のイベントスペースなどよりもよほど安く貸し出す場所も増えております。これもまた、お寺のあり方として有って良いのではないか?などと思う拙僧でございます。
親鸞会に関して一寸笑えない話 (名無し三等兵)
2005-08-04 23:31:06
従然草

http://www.nurs.or.jp/%7Ejuunenso/shinrankai.htm

ココの管理人さん(後ろ盾の無い大学生)の主張だと彼らの勧誘に関してHPで掲載されたら、

一方的に以前借りていたサーバーから追い出されたそうです。



でも同時期に統一協会関連の裁判にかかわっている弁護士が運営するカルト被害を考える会 に掲載された

http://www.asahi-net.or.jp/~am6k-kzhr/kaiho/newsle45.htm

には未だに抗議が無いようです。



もっと古いのだと日蓮正宗檀徒(ココの場合信者の方が当てはまりそうですが)で

tp://homepage1.nifty.com/imei/soukatu.htm

435 総括・顕正会破折 26-1 と26-2ですが、従然草の文章より酷い書き方をしているのに何ら抗議されていないようです。
コメントありがとうございます。 (tenjin95)
2005-08-05 11:09:53
> 名無し三等兵 さん



まぁ、もしかしますと元のサーバの運営者が親鸞会だったのかもしれませんし、なんだか良く分かりませんが、ネット上の記事は「炎上」するかどうかは、その時の運によると考えておりますので、偶然なのかもしれませんよ。



拙僧も、直接ではないにせよ、「別の宗門」の人間ですので、いざとなればどのような手段にも訴えますけどね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL