つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

小諸女性殺人事件で宗教団体「紀元会」を強制捜査(再追記あり)

2007-10-15 07:02:54 | 仏教・宗教・カルト・霊感商法関連ニュース
先月、長野県小諸市で以下のニュースが発生していました。

63歳母を父・娘・婿が暴行、死なす(産経新聞)-Yahoo!ニュース

この一件は、小諸市荒町の調理師、奥野和宏容疑者(35)など家族4人が、奥野容疑者の妻ですし店経営である元子さん(63)を、25日午前0時ごろから約1時間半にわたり、自宅で殴ったりけったりした疑いがもたれていたものです。この元子さんは同市内の病院で死亡しており、その病院から「運ばれてきた女性が死亡し、体に殴られたようなあとがある」と小諸署に通報があって、犯行が判明したものです。司法解剖の結果、元子さんの死因は全身打撲と判明。同署は容疑を傷害致死に切り替え調べていました。

最初の報道の際には、元子さんの長女で無職の森久里子(37)、二女のアルバイト、森美智子(26)の2容疑者と、美智子容疑者の夫の会社員、池勇治容疑者(30)が逮捕されており、この4人はふだんから元子さんに不満があったなどと供述しているということでしたが、どうやらこの一件は長野県小諸市内にある神道系の新興宗教である紀元会・大和神社(奈良の大和神社とは違う)の信者20人以上が関わった集団リンチ事件だった疑いが強くなったようで、午前6時半から長野県警の捜査員100名以上による強制捜査に入っているということです。

警察では当初、家庭内でのトラブルが原因で女性を暴行して死亡させたとみて、同会会員である家族4人を逮捕していましたが、その後の捜査で、4人の自供は組織内での集団リンチを隠ぺいするのが目的だったとみて強制捜査に乗り出したということです。

長野の宗教法人で集団リンチ容疑、施設を捜索(YomiuriOnline)

なお、リンチが行われた場所も神社の境内地にある建物内だったようで、今後全容解明のために、厳しい捜査が行われるようです。かつて、日本ではオウム真理教の一件もありましたし、やはり殺人が行われてしまうような宗教団体は、厳しく取り締まられるべきでありましょう。先ほどリンクしておいた「教えて!goo」の内容からすると、かなりカルト的なようですし・・・

ただ、昭和45年に設立された同会ですが、これまで良く分からなかった団体だけに、今回の捜査で明らかになることを期待したいですね。一応「紀元水」なる水を飲めば、病気が治るといった“御利益信仰”だったみたいですけど、こういうのは本当に疑わしい。まぁ、拙僧どもも坊主をしておりますけど、それでもこういう御利益信仰を勧められることありますからね。「間に合ってます(笑)」とかいいますけど、それでもしつこい場合なんかがありますから、宗教について、ただ避けていればいいとか思っている一般人は難しいでしょうね。問題は避けることではなくて、その実態を知ることなんだよね・・・

追記:
すでに、幹部の女性などに任意同行を求めているようで、さらに今後その女性を含めて21人の信者に逮捕状を取って順次逮捕するということです。また、リンチには家族も関わったようですが、次女とその夫は直接関わらず、ただ事件の隠蔽に関わっただけのようです。この辺は、今後も明らかになっていくことでしょう。

再追記:

<長野女性死亡>傷害致死容疑で「紀元会」信者21人逮捕(毎日新聞)-Yahoo!ニュース

警察では奥野さんの集団リンチ事件について、「紀元会」の初代代表者の娘で無職、窪田康子容疑者(49)など15歳から80歳までの女性信者21人を傷害致死容疑で逮捕しており、ほとんどが容疑を認めています。逮捕されたのは10代4人、20代6人、30代2人、40代3人、50代、60代各2人、70代、80代各1人と、かなりの幅があります。

調べでは、女性信者は9月24日午後11時半ごろから25日午前0時半ごろにかけて、▽奥野さんの夫ですし店従業員、和宏被告(35)▽長女の森久里子被告(37)=傷害致死罪で起訴=とともに、紀元会本部内で奥野さんに殴るけるの暴行を加えて、外傷性ショックで死亡させた疑いが持たれています。

そして、少女4人を含む逮捕者21人は、いずれも実際に暴行に加わり、遺体には全身に打撲の跡があったということですが、警察では、暴行が幹部の指示だった疑いがあるとみて全容解明を進めています。確かに、詳しい動機も分からないですしね。

なお、小諸市によると、紀元会はこれまでも周辺住民とトラブルを起こしていたようで、2年ほど前、同市の山で、信者数人がごみを捨てているのを住民が目撃、「異臭がするうえ、動物が出没したり、カラスが食べ散らす」と市に苦情が寄せられていました。

そこで、市が調べると、紀元会本部から約2キロ北の山中の穴に油揚げなどが大量に捨てられていたようで、市が不法投棄の改善を指導したところ、同会は「信者の供物でごみではない。生ごみで出せないので知り合いの山を借りて処分している」などと説明しています。しかし、穴にはベニヤ板の覆いをしただけという中途半端な対応で、今年8月中旬にも、同じ場所に日本酒を流しているとの訴えがあり、再び市が指導するなど、色々と問題があったことが理解できます。

結局、女性ばかり21人も捕まっていますけど、なんだってこんなことをしたのか?しかも、他にも問題を起こしていたとは、この辺は今後の捜査を期待したいところです。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。

あわせて読みたい

ジャンル:
速報
コメント (3)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CS第2ステージ マリーンズ本... | トップ | 祭りで発射されたロケットで... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (透ける豚)
2007-10-15 14:10:03
またしても いかがわしい カルトの 事件 警察には 厳しい 捜査を 願うが あなたがた 僧侶 にも 人々が カルトに 入らないように 活動 してくれるよう 願う
弱みにつけ込んで (エカワ)
2007-10-15 23:11:17
生きるか死ぬかという病気で苦しんでいる本人やその家族に、その弱みにつけ込んでお金を巻き上げるなどという行為、リンチ殺人事件が発生していなくても、許せませんよ。
 
『信教の自由』は絶対に犯してはいけないと思いますが、わけのわからない宗教法人が多すぎますよ。
皆さんコメントありがとうございます。 (tenjin95)
2007-10-16 07:02:33
> 透ける豚 さん

> またしても いかがわしい カルトの 事件 警察には 厳しい 捜査を 願うが あなたがた 僧侶 にも 人々が カルトに 入らないように 活動 してくれるよう 願う

そうですね、ご指摘は真摯に受けたいと思います。色々と、こういう信仰についても学んで、対処法なども健闘したいと思います。

> エカワ さん

> 生きるか死ぬかという病気で苦しんでいる本人やその家族に、その弱みにつけ込んでお金を巻き上げるなどという行為、リンチ殺人事件が発生していなくても、許せませんよ。

これまた、ご指摘の通りですね。「紀元水」や、ワケの分からないアイテムの販売などは、悪質ですよね。

> 『信教の自由』は絶対に犯してはいけないと思いますが、わけのわからない宗教法人が多すぎますよ。

ホント、その通りです。それで「宗教不信」が発生して、我々まで一緒くたに批判されてしまうというのは、困ったものだと思っております。まぁ、我々も気を付けたいところだと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
宗教法人紀元会に家宅捜索 (zara's voice recorder)
宗教法人「紀元会」幹部ら集団暴行に関与か 長野県警が捜索 長野県小諸市荒町のすし店経営、奥野元子さん=当時(63)=がで先月25日、同市の宗教法人「紀元会」の信者に集団で暴行され、死亡した疑いが強まったとして、長野県警は15日朝、傷害致死の疑いで、紀元...
長野女性死亡で「紀元会」信者逮捕 (ブログ らぷぽ)
 オウムにしても今回の「紀元会」にしても指導のやり方が間違っていると人の命なんてそれこそ「泡」同然。  恐ろしいです。 家族が殴る蹴るの暴行? 何のため? 嵌ってしまうと抜けられないものでしょうか。
女性リンチ死で、15~80歳の女性20人(宗教「紀元会」信者)逮捕 (美容、健康、ファッション、その他時事ニュースとそれらのネット上の意見を集めて整理)
 長野県小諸市の宗教法人「紀元会」の会員ですし店経営奥野元子おくの・もとこさん(63)が、同会施設内で集団暴行を受け死亡した疑いが強まり、長野県警は十五日、傷害致死容疑で、紀元会の会員ら未成年を含む計二十人を逮捕した。県警は同日早朝から、紀元会本部など県...
万病に効かなかった紀元水 (かきなぐりプレス)
63歳の信者が集団暴行を受けて死亡したとして、宗教団体の「紀元会」の女性信者ら21名が傷害至死容疑で逮捕された。 最初はあまり関心がなかったが、宗教団体の実態が分かるに従って、信仰心の怖さを垣間見ることができる。 新興宗教の教祖さまは未来が予言できる...