つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

東京都の新知事に舛添要一氏が当選

2014-02-09 20:04:13 | 時事ネタ・雑学・トリビア
都知事選、舛添氏が圧勝=「原発ゼロ」宇都宮氏ら抑え-投票率46.14%の低水準(時事通信)

猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選が9日投開票され、無所属で新人の舛添要一元厚生労働相(65)が、前日弁連会長の宇都宮健児氏(67)=共産、社民推薦=、細川護熙元首相(76)、元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)ら無所属や諸派の新人15人を退け、初当選を果たしています。

今回は、争点がハッキリしませんでしたが、舛添氏はバランス良い政策を訴えていましたので、それで支持層を増やしたといえましょう。既に、「脱原発」などに見る一点突破政策は、時代に合いません。だって、普通に「他のことはどうなるの?」という問いに答えられないということは、その人が知事になって、他のことが問題になったとき、行動できないということを意味しております。しかも、脱原発?ちょっと、目標が遠すぎやしないか?遠すぎる目標は、実現の有無がその人の評価に繋がりません。結局、知事をやるだけやって、実績を残さなくても無能というレッテルを貼られなくて済むとでも思っているとしか思えません。つまり、「脱原発」を争点に持ってくるのは、1つの逃げであると、拙僧は判断しています。

さて、それこそ、舛添氏の得票数は211万2979票で、宇都宮氏(98万2594票)、細川氏(95万6063票)に大差をつけました。宇都宮氏と細川氏で、脱原発票を分けた、なんていう人もいますけど、合計しても舛添氏には及ばない(まぁ、舛添氏自身も、中期的な原発依存減少は説いていますけど・・・)わけです。つまり、そもそも、そんなことだけが論点になること自体が異常だったということです。拙僧も、原発の有無よりも、電気代の高低、住民税の高低の方が気になります(まぁ、国のレベルのことを論じるくらいなら、我々市民の生活くらい、当然なんとかしてくれるはずだという思いがあります。それが出来ずに国のレベルのことを云々する人間は現実逃避、或いは夢想家、端的に無能だと思います)。

さて、投票率は46.14%で、2012年の前回(62.60%)を大幅に下回り、過去3番目の低水準となりました。まぁ、雪の朝で、各地ではまだ溶けきらない雪が道路を埋めていましたから、仕方ないところでしょう。しかも、選挙そのものが不毛でしたし、2011・2012年に続いての知事選挙で、飽きていたということもあるかと思います。

舛添氏は自民党都連、公明党都本部の推薦を受けており、選挙戦では、厚労相の実績を前面に押し出し、待機児童対策など社会保障の充実に取り組む考えを強調し、都政の重要課題である20年東京五輪・パラリンピックの成功に向けた準備や、首都直下地震に備えた防災対策などに全力を挙げる姿勢もアピールしました。

正直、今更に五輪反対とかいう連中の気が知れなかったし、むしろ、五輪開催を契機に雇用や社会保障などの諸問題を解決していく、くらいの行政手腕を見せてみろ、と拙僧などは思いました。だって、それくらいのプロでないなら、どうして知事になどなれるのか?

舛添氏については、安倍晋三首相をはじめ、政府・与党幹部も応援に入るなどして、組織的な選挙戦を繰り広げ、支持を固めています。

なお、宇都宮氏は「原発のない社会を東京から発信する」と訴えたほか、弁護士として貧困問題や地下鉄サリン事件被害者救済に取り組んだ経験をアピール。雇用政策や福祉の充実を掲げたが、幅広い支持を集められず、細川氏も「原発即ゼロ」を最重要課題に位置付け、小泉純一郎元首相との二枚看板で街頭演説を展開し、民主、結い、生活3党の実質支援を受けたが、浸透しませんでした。この人は、年を取りすぎていた気がします。

また、田母神氏は航空自衛隊トップの経験を踏まえた防災対策の強化や、原発の活用を訴えたが、及びませんでした。この人も、賛否両論ある人だからなぁ。

最終的な各候補者の得票数です。

舛添要一 無新 65歳 2,112,979票 得票率43.4%
宇都宮健児 無新 67歳 982,594票 得票率20.2%
細川護熙 無新 76歳 956,063票 得票率19.6%
田母神俊雄 無新 65歳 610,865票 得票率12.5%
家入一真 無新 35歳 88,936票 得票率1.8%
ドクター・中松 無新 85歳 64,774票 得票率1.3%
マック赤坂 諸派新 65歳 15,070票 得票率0.3%
鈴木達夫 無新 73歳 12,684票 得票率0.3%
中川智晴 無新 55歳 4,352票 得票率0.1%
五十嵐政一 無新 82歳 3,911票 得票率0.1%
姫治けんじ 無新 61歳 3,727票 得票率0.1%
内藤久遠 無新 57歳 3,575票 得票率0.1%
金子 博 無新 84歳 3,398票 得票率0.1%
松山親憲 無新 72歳 2,968票 得票率0.1%
根上 隆 無新 64歳 1,904票 得票率0.0%
酒向英一 無新 64歳 1,297票 得票率0.0%


実質的に上位4名の闘いだったことが分かります。とはいえ、従来型の組織選挙ではなかったであろう家入氏が5位だったというのは、今後の選挙の方向を示すような気もします。無論、今のままでは全然ダメですけどね。それから、この数字はNHKのサイトから引っ張ってきましたけど、下の2人は数字低すぎて、得票数が僅かにはあるのに、0.0%になってますね。もう1つ桁が必要なのかもしれません。

ということで、選挙民の皆さん、お疲れ様でした。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道元禅師「雪朝の上堂」参究 | トップ | <サザエさん>2代目波平は茶風... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
舛添氏当選 (中楠節生)
2014-02-10 09:27:46
東京都民ではありませんが舛添氏の当選を嬉しく思っています。原発反対では無い方は田母神と合わせれば過半数になり、都民の皆様の冷静な判断に拍手を送ります。福島の被災された方々はお気の毒で、私達も出来る限りの御支援をしなければいけませんが、その為にも日本の経済回復が必要なのです。全国の原発は早く再稼働させ、安定的に安価な電力を提供できる体制を作らねば企業は安心して国内での設備投資を行えません。自然エネルギーはkwあたり40円以上もする高価な電力でまだまだ実験室段階の物でもっと研究を続け火力発電・原子力発電並みのkw10円代に下がらなければ実用ではありません。又火力発電を増強するのであれば、その前にCO2削減の京都議定書からの離脱を表明しなければフェアーではありません。又エネルギー安全保障の為にもエネルギー源の多様化は必要です。我々は40年前同盟国アメリカから大豆禁輸を受けたのです。あの時醤油・豆腐・納豆等恐ろしく高騰した事を忘れてはいけません。同盟国でさえ安心できない事、最後は自己責任との覚悟が必要です。以後大豆に関しては日本は輸入国の多様化を図りアメリカ一国に頼らずにすむ様になりました。エネルギー源も同じです。火力・水力・原子力・自然と多様化する事が安全保障につながるのです。原子力もエネルギー源の一つとして是非日本に残すべきと考えています。又国会の事故調査委員会の報告書によれば福島原発事故の原因は天才では無く人災だと明記されています。我々は原発から逃げるのでは無く二度と福島の様な事の無い様に安心出来る原発開発に挑戦し又人災など起こさない様な組織を作らねばなりません。東北電力の女川原発も地震・津波に会いましたが安全に停止しました。東北電力の安全対策は東京電力より何処が優れており、経営者や従業員の能力も東北電力の方が優れていた事は明白です。
コメントありがとうございます。 (tenjin95)
2014-02-12 08:22:36
> 中楠節生 さん

興味深いご感想・ご提言ありがとうございます。

拙僧も、御指摘のようなエネルギー供給に持っていくべきだろうと思っています。原発に対するアレルギー的な対応、本当に理解出来ません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
東京都知事iに舛添要一氏、福祉・防災・経済・五輪に力点 (ネット社会、その光と影を追うー)
猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選が9日投開票され、無所
[都知事選]都民も消去法できつい所だったかと (BBRの雑記帳)
正直なところ、もし自分が有権者でこの候補者の中から1人を選べと言われたら結構困っ
都知事選 舛添氏が秒殺!! (王様の耳はロバの耳)
都知事選、舛添氏が圧勝=「原発ゼロ」宇都宮氏ら抑え―投票率46.14%の低水準(時事通信) - goo ニュース 昨日9日夜は8時前に来客が帰ったのでNHK TVで「黒田官兵衛」を見た後、都知事選の開票速報を見ようとスイッチを入れました。 何と既に「黒田官兵衛」...
★都知事に舛添氏初当選=宇都宮、細川氏ら抑える (スナフキン・レポート♪)
ただ今、東京ローカルMXテレビで中継してます。池上彰さんの嫌味ぽい質問も舛添さん余裕で答えてる感じ?始まって30秒位で当確がでました。MXの出口調査によると、↓ちなみにの候補が反原発・・・   舛添さんが47%   宇都宮さんが20%   細川さ...
都知事選:舛添氏が大差で初当選 次点は宇都宮氏に (ぼけ~~~っと人生充電記!)
 猪瀬直樹氏(67)の辞職に伴う東京都知事選は9日に投開票され、元厚生労働相の舛添要一氏(65)が、元首相の細川護熙(もりひろ)氏(76)▽前日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(67)▽元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏(65)らを破り、初当選し...
低投票率となった都知事選。 (CW馬なりにて歩む)
東京都知事選は舛添氏の圧勝に終わりました。 メディアは脱原発を争点に、とか言っているお花畑もありましたが、真の目的をずらしてしまった感が強い。 エネルギー論は基本的に国政であり、都政で語るものではない。 それよりも、五輪を控える今後の東京をどう運営し...
東京都知事選挙の開票速報始まってすぐ当選確実が出る (ポケモン的なるブログ)
さきほど、NHKで8時から始まった東京都知事選挙の開票速報を見始めると、何と、いきなり舛添候補の当選確実が出てしまいました。それにしても、投票率の低さには驚きました。もちろん、私は投票に行きましたが、昨日の雪の影響もあったんでしょうか。
都知事選 舛添氏が当選 (FREE TIME)
猪瀬知事の辞職に伴い行われた東京都知事選。 元厚生労働相の舛添要一氏が当選を果たしました。
都知事選概観 (三四郎の日々)
45年ぶりの大雪の中で行われた都知事選は大方の予想どおり、舛添氏に決まった。「脱原発」を掲げた細川、宇都宮両候補は圧倒的な大差で敗れた。都民は「脱原発」は優先課題ではないという認識を示した。 そもそも自治体首長選挙にそぐわない国政レベルのテーマを掲げるこ...
東京都知事選舛添要一氏長い政治経験と厚生労働大臣経験で高齢者から多数の支持を得て都政は東京五輪と高齢化対応都市を目指す事にな... (オールマイティにコメンテート)
9日東京都知事選が投開票され、無所属の舛添要一元厚生労働相が他の候補を圧倒して当然を果たした。選挙戦は舛添要一氏以外に前日弁連会長の宇都宮健児氏、細川護熙元首相、田母 ...