つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

節分の拙文(平成26年度版)

2014-02-03 06:45:32 | 仏教・禅宗・曹洞宗
毎年節分には関連記事をアップしているのですが、今年も雑学などを交えて記事にしていきたいと思います。本来、節分というのは、季節が移り変わる暦日になる、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの「前の日」を意味します。今回の場合は、明日が立春ですから、暦の上では春になるわけです。その意味では、“節分”とは1年に4回有るはずなのに、いつのまにか“春”だけが尊重されるようになりました。なお、立春というのは、旧暦の場合1月1日の新年と同時にやってくる場合が多かったようです(厳密にいえば、1年に2回ある場合もあり、立春が無い歳もあった)。曹洞宗の太祖瑩山紹瑾禅師は、このように仰っています。

今夜、節分の除夜に当たり、明朝、歳旦立春。
    『洞谷記』「元応二年(1320)庚申除夜小参」


今日の夜には、柊の枝に鰯の頭を指したモノを戸口に立てて、鬼打ち豆(炒った大豆)を撒きます。豆はなんでも良いと判断して落花生などを使うところもありますが、本来は炒った大豆ですので、一応従いましょう。或る調査結果では、「落花生」を使うのは、北海道・東北、そして新潟県辺りで顕著だそうで、それ以外ではほとんどが大豆を使うそうです。ただ、他の地域でも徐々に落花生が拡大傾向にあるということです。その理由としては、一度地面に落ちても食べられるという安心感があるみたいです。大豆をそのまま撒くと、いわゆる「3秒ルール」でも適用できれば落ちても大丈夫なんでしょうけど、そうじゃないとちょっと微妙な感じになりそうです。特に、玄関とか、外に落ちた豆は、口に運ぶのは勇気が要りそうです。なお、各地にて様々な言い伝えはあるそうですが、年齢よりも一粒多く豆を食べると、その年1年無病息災で過ごせるともされています。また、豆を煎って使うのは、それが床や地面に落ちた時、発芽しないようにしておくためだという合理的見解もあります。

とはいえ、煎った大豆を鬼打ち豆に使う理由としては、この「煎る」という作業に、重要な意味があります。大豆を煎ったことがある人は分かると思いますが、派手に「パンパン」って音が出ます。この「音」が、鬼に対して効くそうです(眼に見えない相手には、音で対処するわけです)。また、大豆以外の様々な豆は、それほど音がしないそうです。よって、豆を撒いたときにも「カラカラ」等の音がしますが、これも重要な要素です。

最近では、「節分の鬼」についてもキャラクター化されて、鬼のお面を付けた人などを狙ったりします(余り派手には当てないでください。危険です)が、本来の「鬼」は『万葉集』の時代では「モノ」と発音しており、直接言うことを避けなければならないほどの超自然的な、恐ろしい存在だとされていました。また、「オニ」という存在は、本来形を見せない存在でした。形が出来たのは、仏教によって輸入された「鬼神」の存在が大きいとされています。仏教は、日本に「神(仏)の形」を持ち込んだわけです。日本では元々、神の形を描いたり、造形物に写し取るような作業は行っておりませんでした。しかし、日本に於ける朝鮮からの仏教伝来は、仏像とともに行われました。したがって、その影響で日本の神・鬼にも形が出来たのです。

ところで、この「鬼」についてです。今の節分の掛け声にもある通り、普通であれば「鬼は外・福は内」ということで、ただ鬼は不幸とともに追い出して、後は幸いを招き入れるように考える人も多いと思います。しかし、こんな一節もあります。

既に三聚浄戒を受け訖りぬ、次には応に菩薩の波羅提木叉を受くるべし。若し復た此の戒を受くる者は、即ち大覚の仏位に入る、真に是れ諸仏の長子なり。諸仏・菩薩、歓喜随喜し、諸天・鬼神、守護擁護す。
    道元禅師『出家略作法


道元禅師は、受戒した功徳の一端を、このように示しています。つまり、菩薩戒を受けた者は仏位に入り、諸仏の弟子になるというのです。よって、諸仏・菩薩は歓喜し、諸天・鬼神は守護するというのです。鬼神と聞けば、ただ斥ける対象、ではなくて、帰依せしめて、今度は守護神になってもらうわけです。この辺、将棋の駒取りに似ています。よって、鬼だから要らない、ではなくて、鬼だからこそ、今度は守ってもらうべきなのです。単純な善悪の考えを超越しています。

さて、最近では「恵方巻き」なんていう習慣も、徐々にコンビニの販促によって定着しつつありますが、古来、節分にはどのようなことをしていたのでしょうか?禅宗寺院の状況ですが、江戸時代のものであれば以下のようなことが伝わっています(なお、日本で節分に豆を撒くという習慣を始めたのは、北九州市門司にある曹洞宗寺院の玉泉寺さまだそうです)。

立春は年内新年節を考へ、前夜に逐鬼の経あり。仏前に三供(註:三具足のこと)、洗米を備へ、鳴鐘集衆、住持焼香。普門品・大悲・消災にて回向す。諷経の間に、監寺、諸堂へ攤鬼豆を撒しむ。諷経罷、方丈に礼茶、行盞の次に豆を行く。
    面山瑞方師『洞上僧堂清規行法鈔』巻3、カナをかなに改める


今の我々がやっている「豆まき」と同じです。江戸時代の段階で、禅宗寺院に節分の行持が入っていたことを理解できます。「逐鬼の経」というのが、まさに「鬼は外」のところです。「洗米」を供えているところからも、眼には見えない「鬼」を追い払わんとする意図が見えます。そして、豆まきは「監寺(監院)」が指揮していた仕事でした。確かに、様々な節句や季節の変わり目の行持で、特に「食料」が関係している場合などは、監寺が率先して、自分で仕事をするようにと、道元禅師も『知事清規』「監院」項で、指摘しています。大切なお役でございます。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へにほんブログ村 仏教を1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。

これまでの読み切りモノ〈曹洞宗11〉は【ブログ内リンク】からどうぞ。
ジャンル:
文化
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 札幌小3不明女児を無事保護... | トップ | 宇多田ヒカル再婚へ 相手は... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
教信寺 (中楠節生)
2014-02-03 11:23:52
初めまして、私神戸市に住み間も無く古希を迎えようとする年よりです。先日教信の事を初めて知り、加古川の教信寺へもお参りしてきました。又神戸には一遍上人のお墓の有る真光寺もあり、教信や一遍上人の事をもっと知りたく調べていて貴僧のプログにたどり着きました。私はそれ程信仰心が強い訳では無く極普通の年よりですが(実家は臨済宗です)大変面白いプログとこれからも時々拝見させて頂きたいと思っています。
コメントありがとうございます。 (tenjin95)
2014-02-03 17:56:12
> 中楠節生 さん

初コメント、ありがとうございます。

> 初めまして、私神戸市に住み間も無く古希を迎えようとする年よりです。先日教信の事を初めて知り、加古川の教信寺へもお参りしてきました。又神戸には一遍上人のお墓の有る真光寺もあり、教信や一遍上人の事をもっと知りたく調べていて貴僧のプログにたどり着きました。

ありがとうございます。これもまた、御縁でございます。御指摘の記事は、恐らく以下のものと思いますが、色々と学ぶ間に、こういう記事も書いてきました。

http://blog.goo.ne.jp/tenjin95/e/34379a31e33543b90e45ed18a150cac8

> 私はそれ程信仰心が強い訳では無く極普通の年よりですが(実家は臨済宗です)大変面白いプログとこれからも時々拝見させて頂きたいと思っています。

それくらいのご年齢ですと、信仰心というよりも、日本の経済のご発展に尽力されてこられたものと存じます。お疲れ様でございます。今後、人の生き死にを考えるようなとき、わずかでも結構ですので、宗教書などを紐解いていただきますと、また、お役に立つこともあるかと存じます。御縁がございますように。合掌
こんばんは (ai)
2014-02-03 22:34:58
人混みは苦手ですが、宮部久蔵を見に
初めて節分会に行って来ました^ ^

豆を撒く前から、体調を崩して担架で運ばれた方が
数人いた程、ホント凄かったですよ…

結構良く見えたと思っていましたが、
TVで見た方が、しっかりハッキリくっきり見えました…

ちょっと残念です^^;
コメントありがとうございます。 (tenjin95)
2014-02-04 07:46:32
> ai さん

> 人混みは苦手ですが、宮部久蔵を見に初めて節分会に行って来ました^ ^

そうでしたか。お疲れ様でした。

やっぱり、岡田さんクラスを呼ぶと、人が集まるんですね。

> 豆を撒く前から、体調を崩して担架で運ばれた方が数人いた程、ホント凄かったですよ…結構良く見えたと思っていましたが、TVで見た方が、しっかりハッキリくっきり見えました…ちょっと残念です^^;

そんなものかもしれません。担架で運ばれた方も、お気の毒でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL