つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

中国が発する「PM2.5」などで全世界年間で300万人死亡

2017-03-30 06:23:16 | 時事ネタ・雑学・トリビア
汚染粒子で、年に3百万人死亡 中国から東アジアにも拡散(共同通信)

ごく小さな粒子状の大気汚染物質が引き起こす健康被害によって、世界で年に345万人が死亡しているとの推計結果を、中国や英国の研究チームが発表しています。

この汚染物質は自動車や工場、発電所などから発生する微小粒子状物質「PM2.5」であり、吸い込むと肺がんや心筋梗塞のリスクが増すとされています。

死者のうち41万人は、汚染物質が風に乗って他の地域に運ばれて起きる越境汚染が原因とみられており、中でも、中国の汚染による影響が大きく、日本や韓国を含む東アジアを中心に6万5千人が死亡する原因とされています。

しかも、遠く離れているはずの、米国や欧州にも影響が及んでおり、深刻さが伺えます。

この対策は急務ですね。まぁ、一気に経済大国へと駆け上がろうとしている状況にかかる期間を思えば、余りに短すぎて、環境対策が二の次になったのでしょうが、今度はそれよりも更に迅速に環境大国になってもらわねば困ります・・・

いやまぁ、民族性からいって、中々それは無いだろうな、とは思いますけどね。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 益軒の按摩法(益軒先生の「... | トップ | てんかんによる運転事故につ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

時事ネタ・雑学・トリビア」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL