つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

京都旅行2005年4月版 速報

2005-04-30 22:57:43 | 紀行文・参拝・観覧等
前回3月に行ったばかりなのに、また上洛した理由なのですが、4月29日~5月8日まで【第41回京都非公開文化財特別拝観】が行われるからです。これは、京都で保存されている貴重な文化財を理解すると共に、その保護のための費用を賄うために行われる行事であり、今回公開されているのは以下の通りです(なお、冒頭の○は行ったところです)。

北野天満宮
⇒茶室「松向軒」・宝物庫・史跡「御土居」

千本釈迦堂 大報恩寺

・大将軍八神社
⇒方徳殿

・駒井家住宅

金戒光明寺
⇒山門

・光雲寺

・南禅院

・天授庵

・壬生寺
⇒本堂・狂言堂(ただし5月1日~7日)

知恩院
⇒三門

・妙法院

・智積院

仁和寺
⇒金堂・観音堂

東寺
⇒五重塔

の、14箇所です。拙僧も必死になって回ろうとしましたが、さすがに混雑などがあり無理・・・結局1日目が仁和寺・北野天満宮・大報恩寺の三箇所、2日目が東寺・金戒光明寺・知恩院の三箇所、計六箇所が限界でした。。。

さて、気になったことですが、どこでも京都市内の大学生・高校生とおぼしきボランティア(バイト?)の方が切符売りから史跡説明までを努めており「こうやって史跡のファンを、それも若い方を増やしているのかな?」と勝手に想像しつつ、その方策を好意的に受け止めました。

何故なら、こういった史跡は人が造り、そして人が護っていくからです。畳敷きの部屋などは、使わないよりは、使った方が廃れないというのをご存じでしょうか?かなり汚く使ったように思っても、実際に使用されなくなってしまった部屋をまた使えるようにする手間よりは、よほど楽なのです。

そして、素直な感想を幾つか申し上げますが、仏像をもっと綺麗にしておくことは出来ないのでしょうか?どこの史跡でも埃をかぶり、例えば東寺の空海さんは頭に白髪が生えておりましたやっぱり仏像清掃などに必要な細かい作業は熟練した人手がかかるから無理なんでしょうかねぇ。予算も限られているでしょうし。

あと、一番ムカついたのは写真撮るヤツ。室内は複合的な理由によって禁止されているのに、あっさり撮る人が多くて、拙僧心が痛みました。。。ダメですよ、特にフラッシュ付きは。しかも、以外なのか当然なのか分かりませんが、いい歳した方でモラルハザードが見られまして、拙僧が見た数例は全員中年以上の男性でした。若い人や女性は案外撮らないんですよ。ホントに困ったものです。重々気を付けてくださいね。

なわけで、明日以降、徐々に文章が整いましたら順次報告記事をアップしたいと思います。興味有る方、無い方しばしお付き合いいただければ幸いです。

それから、今回は折角京都に行ったので、真宗系の文献を買ってみました。『浄土真宗聖典(七祖篇)』と、『浄土真宗聖典』です(ともに浄土真宗本願寺派)。こういった文献は非常に助かります。特にこれら2冊は綿密な註釈が付されてますし、値段も2冊で1万円ちょっとですし、全集を買うつもりなら非常に安価です。今後、真宗系の勉強が進みそうです。嗚呼願わくは、ウチの宗派でもこういった使いやすい文献を作って欲しいです。。。合掌。
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道元禅師の終焉の地に | トップ | 今日から5月です。拙僧は「... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
東寺のご報告 (yumi)
2005-05-01 22:32:44
楽しみにしています♪

あのお寺は全体がずっしりしていていいですよね

空海さんのパワーがお寺の敷地内にたくさん残っている感じがします

彼はスーパースターですよね

東寺っていうか教王護国寺 (tenjin95)
2005-05-02 05:58:15
> yumi さん



コメントありがとうございます。

本当に、素晴らしい伽藍が立ち並ぶ良いお寺でした。拙僧のヘタレなデジカメでは建物の全体を写真に収められないことも多く・・・それだけ大きいです。



空海さんの『秘密曼荼羅十住心論』は一時期愛読しておりましたが、本当に膨大な体系を組み上げたその手法はスーパーマンに相応しいと言えましょう。



拙僧は、おそらく日本で最初にまともな思想をしたのが空海さんではないかと思っているほどです。
三千院 (nori_992-07)
2005-05-11 04:57:14
TBありがとうございます。



5月の連休の旅行では三千院が気に入りました。

廊下に仏教の五戒のポスターが張ってあったり、お坊さんの説明があったり、写経が無料だったり、丁寧でした。



チワワも預かってもらいました。



一番布教に熱心と感じました。
コメントありがとうございます。 (tenjin95)
2005-05-11 05:46:26
> nori_992-07 さん



三千院を拝観されたようですが、しかし、結構皆さん細かいところまで見ておられるんですね。拙僧の田舎寺は観光寺ではありませんが、今少しサービスという面を気を付けたいと思います。



今後も、よろしくお願いいたします。合掌。
お寺フリーク (あかろぐ城主)
2005-05-20 20:44:21
トラックバックありがとうございます。昨日出張で京都に行き、仕事の合間に妙心寺と竜安寺を拝観したかったのですが、時間が足りずに断念しました。ブログを見ていて、tenjin95さんは曹洞宗のお坊さんと拝察しますが、如何でしょうか? 修証義の提唱があれば見てみたいです。
コメントありがとうございます。 (tenjin95)
2005-05-20 20:50:30
> あかろぐ城主 さん



そうですか。拙僧は、立て続けに二度ほど上洛いたしましたが、禅宗寺院は、禅僧のくせに見ずじまいです。いつの日か・・・



さて、ご指摘の通り、拙僧は曹洞宗の僧侶でございます。『修証義』は普段の法要で用いております。提唱と言いますか解説と申しますか、お檀家さんには色々な話を織り交ぜながら、内容を申し上げますが、文章にしたことはございません。機会が有ればしてみます。



今後とも、気になる話題などございましたらコメントいただければ幸いです。合掌。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

紀行文・参拝・観覧等」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL