つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

新年明けましておめでとうございます(平成24年度版)

2012-01-01 00:00:01 | 仏教・禅宗・曹洞宗
皆さま、新年明けましておめでとうございます。本年は辰年になりますが、よろしくお願いいたします。

昨年は拙寺がある宮城県を始め、東日本は3・11の大震災による大きな被害を受けました。4年前の岩手・宮城内陸地震と違って、今回の場合拙寺はほとんど無傷でございますが、檀信徒の皆さまの生活を思う時、福島の原発事故による放射性物質の拡散、また、地域経済の悪化を始め、眼には見えない大きな影響が出ていることが分かります。よって、今年は、宮城県民の「生業(なりわい)」もまた戻る、そういう意味での「復興元年」になることをただただ願うばかりです。

昨年のような一年を経験すると、普通に歳送りをすることも難しいと自覚しますが、しかし、新年を迎えるに当たり良い歳であって欲しいとは思います。

さて、拙ブログでは新年に必ずかつての祖師方の示された教えに基づいて、新年について見ていきたいと思っております。既に、道元禅師が自ら開かれた興聖寺・永平寺で行った新年の説法は使い尽くしてしまいましたので、別の方を採り上げてみようと思います。中国まで話を広げると、ネタには困らないので良いですね。

 歳旦の上堂。
 僧問う、「旧歳已に去り、新歳到来す。二途に渉らず、乞うらくは師、指示せよ」。
 師云く、「東方甲乙の木」。
 進みて云く、「人天、耳を聳えて専ら流通せんとす」。
 師云く、「流通の事、作麼生」。
 進みて云く、「若し流水を得ざれば、幾くか別山を過ぎん」。
 師云く、「三十年後、也た商量するに好し」。
 師、乃ち挙す、「僧、鏡清に問う『新年頭、還た仏法有りや、也た無しや』。
 清云く、『有』。
 僧云く、『如何なるか是、新年頭の仏法』。
 清云く、『元正啓祚、万物咸く新たなり』。
 僧云く、『師の答話を謝す』。
 清云く、『老僧、今日失利す』。
 又、僧、明教に問う、『新年頭、還た仏法有りや、也た無しや』。
 教云く、『無』。
 僧云く、『年年是好年、日日是好日。什麼としてか却た無なるや』。
 教云く、『張公酒を喫すれば李公酔う』。
 僧云く、『老老大大、龍頭蛇尾』。
 教云く、『老僧、今日失利す』」と。
 師、乃ち云く、鏡清の失利は即ち問わず。而るに諸人、作麼生か是、明教の失利の処。
 若し人弁得すれば、文殊の頭は白く、普賢の頭は黒し。
 若し弁ずることを得ざれば、黄檗、今日失利す」。
 下座。
    『黄竜慧南禅師語録』「筠州黄檗山法語」


黄竜慧南禅師という人は、中国臨済宗で一派を建てた人で、日本にはただ明庵栄西禅師がこの系統を伝えただけでしたので、余り馴染みの無い人かもしれません。しかし、栄西禅師の系統の一部は、仏樹房明全和尚へと伝わりました。そして、この明全和尚は道元禅師にとって参学師となった人であり、ともに中国へ留学する際の先達になっていただいていますので、実は道元禅師は黄竜慧南禅師のことや、黄竜派の人の事を評価しているのです。それは、祖師の語録からの引用状況を見れば良く分かります。

良く、道元禅師は臨済宗について批判的であったという人がいますが、それは多分に大慧宗杲禅師の系統(臨済宗楊岐派の一部の大慧派)であり、しかも、理由は大慧個人への批判と、更に大慧派の僧達は道元禅師留学当時の禅宗寺院で主を占めるに至っていましたが、その状況に垣間見える「名聞利養」をこそ批判しているのです。

さて、ですので、拙僧もまた、黄竜慧南禅師の言葉を参究してみようと思うのですが、まず冒頭では新年に因んで問答を行っています。或る僧が、「旧年はすでに去り、新年が来ました。ですけれども、去来に渉らず一句を指示したまえ」と聞いているのです。黄竜禅師の返答は、「東の方に、甲とか乙とかいう木があったな」と、新旧二見・去来二見に渉らない、平常底からの答えを示しています。次の問答は、主旨がよく分からないところもありますが、とりあえず、新年を迎えて、如何にしてこのことを流通していくかということになるのでしょう。ですが、それを聞いた僧は、とりあえず「流れを得れば、流通できる」と考えていたようで、その辺の没個性(禅は確かに、小我に基づく個性を否定するが、小我を否定された上での個性の全現成は肯定する)を問題視されています。ですので、三十年後くらいにまた考えてみても良いといわれています。要するに「寝惚けたことをいうな」ということでしょう。

それで、後半の「新年頭の仏法」についての話になります。道元禅師はこの後半部分に採り上げられている「新年頭の仏法」についての問答を、新年の上堂であった『永平広録』巻1-32上堂で採り上げられ、この議論について「鏡清・明教、一失を道うと雖も、未だ一得を見ず」と批判し、「失」ばかりで「得」が無いといい、最終的には「興聖、今日利利」と得失を超えた絶対の「得」から仏法を評しています。道元禅師の仏法は、基本的に「有の仏法」なのです。それは、今ここに有る事実、つまりは「現象」そのものを絶対的に肯定した上で、現象そのものを参究の対象としつつ、更に自らを導く師としているためです。

そういう解釈があることを前提に、黄竜禅師の説示を見ていきますと、結局鏡清と明教の二人共々、問題にされているのは、「新年頭の仏法」であるわけですが、「新年」の「新」に把われ、新旧の相対的な評価に留めてしまっている愚を問題視されているのです。しかも、まだ「有」に徹し、この新たな様子の絶対性に到ろうという答えをした鏡清はともかくも、明教の問答はやや混乱が見られます。「無」なのに、その「無」性を発現し切れず、自他一等を表明しています。その意味で、未だに翻身し切れていないのです。常識的な、「有無の無」になってしまっています。問題はそこなのですが、黄竜禅師(自らを「黄檗」と名乗っているが、これは、黄竜禅師が黄檗山の住持だったためである)は、弟子達が明教の問題点を明らかに出来ないのならば、私自身もまた失利であったといっているのです。先に挙げたように、道元禅師はこの黄竜のことをもまた、批判の対象と出来るような地点から問答していますけれども、それはともかく、黄竜禅師は新年に際し、弟子達に、無に向かって翻身するように説いているのです。それは、有無の二見を脱した絶対無への参入無き参入です。

ですので、拙僧もまたこの問答を受けて、この記事を読んでいる皆さまに申し上げたいと思います。すでに、歳は改まってしまいました。旧年はどこに行ったのでしょう?旧年の存在が見当たらない以上、すでに新年を新年と呼ぶわけには行きません。さて、皆さまが今いるのは何処の歳なのでしょうか?

これを年頭に際して念頭に置いていただきますようお願いいたします。

そして、更に、まずは初詣を忘れずに。初詣は別に、神社で無くても良いのです。寺院でも大歓迎ですよ。曹洞宗寺院でも、お願いすれば何処でも年初の御祈祷を行ってくれると思います。また、一年の計を立てることも忘れずに。そして、「遺偈」も書きましょう。いわゆる遺言です。死を想わずに生きることは、人間のあり方として不十分なのです。遺偈を詠むことで、我々は死への想いを新たにし、より良く生きることが可能です。詠み方もまた、曹洞宗寺院の御住職方にお聞きいただくと良いと思いますね。

皆さま、どうぞ良き一年をお過ごし下さい。大吉三朝、歳旦大吉、立春大吉、日本大吉、大吉東北、宮城大吉、大吉栗原、大吉大吉、大吉天神九十五、合掌大吉、大吉九拝。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へにほんブログ村 仏教を1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。

これまでの読み切りモノ〈曹洞宗7〉は【ブログ内リンク】からどうぞ。
ジャンル:
文化
コメント (7)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は除夜・大晦日です(平... | トップ | 上戸彩4月に結婚 HIROと(... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (開眼寺壇信徒)
2012-01-01 00:46:36
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。東北の復興になるかどうかわかりませんが、宮城県産米をいただいております。
新年あけましておめでとうございます (PGM21)
2012-01-01 01:24:56
新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

昨年は色々な記事で大変お世話になりました。

今年も色々な記事でお世話になりますのでよろしくお願い致します。
おめでとうございます (馬場)
2012-01-01 01:52:11
旧年中はオンラインとオフライン共に多岐にわたりお教えいただきありがとうございました。新しい年が先生にとって佳き年でありますよう謹んでお祈り申し上げます。
年頭に遺偈を、とのお話。実家の仏間で休みながら読ませていただいたこともあり、色々と考えさせられます。
本年もご教授のほどよろしくお願い申し上げます。
Unknown (只今)
2012-01-01 05:19:38
謹んで新年のお慶びを申し上げます。

本年も定期的なブログ更新を心がける所存でございますので、 何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

ブログ『ただいまに生きる』管理人
只今 拝
謹賀新年 (kintyre)
2012-01-01 13:51:42
明けましておめでとうございます。

昨年は大震災発生で暗かった一年ですが、今年は復興元年として力強く前進したいですね。

本年も宜しくお願いします (天真)
2012-01-01 20:31:27
悲しかった事、辛かった事は中々癒えないのでしょうが、お正月を切っ掛けに少しでも良い方向に行けばと思っています。被災地域の復興と被災者の皆さんの安寧をお祈りします。
皆さん明けましておめでとうございます。 (tenjin95)
2012-01-02 07:42:30
> 開眼寺壇信徒 さん

> 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。

> 東北の復興になるかどうかわかりませんが、宮城県産米をいただいております。

ありがとうございます。一東北人として感謝申し上げます。

> PGM21 さん

> 今年もよろしくお願い致します。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。

> 昨年は色々な記事で大変お世話になりました。今年も色々な記事でお世話になりますのでよろしくお願い致します。

是非、皆さんで楽しくブログをやっていきましょう。

> 馬場 さん

> 旧年中はオンラインとオフライン共に多岐にわたりお教えいただきありがとうございました。

いえいえ、こちらこそお世話になっております。

> 新しい年が先生にとって佳き年でありますよう謹んでお祈り申し上げます。

ありがとうございます。馬場さんにとっても同様であることを祈念いたします。

> 年頭に遺偈を、とのお話。実家の仏間で休みながら読ませていただいたこともあり、色々と考えさせられます。

是非是非「死」を念頭に生きてみて下さい。拙僧も、とりあえず遺偈詠みました。平仄は別の機会に調えます。

>本年もご教授のほどよろしくお願い申し上げます。

よろしくお願いします。

> 只今 さん

> 謹んで新年のお慶びを申し上げます。

ありがとうございます。

> 本年も定期的なブログ更新を心がける所存でございますので、 何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。

> kintyre さん

> 昨年は大震災発生で暗かった一年ですが、今年は復興元年として力強く前進したいですね。

本当にそう思います。中々難しいとは思いますが、みんなの力で閉塞感に満ちた世を、良い方向に変えて行ければと思います。

> 天真 さん

> 悲しかった事、辛かった事は中々癒えないのでしょうが、お正月を切っ掛けに少しでも良い方向に行けばと思っています。

本当に、これに尽きますね。

> 被災地域の復興と被災者の皆さんの安寧をお祈りします。

拙僧も、合わせて祈ります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
今年もよろしくお願いいたします (名古屋人伝説。税理士バッキーの日記帳)
新年が明けました。ボーン♪ボーン♪・・・ レディー・ガガに小林幸子、長渕剛と紅白をチラ見しながら、やっぱり池上さんの解説は分かり易いと納得。池上彰の学べるニュースから、紅白あとのNHKゆく年くる年にチ
あけましておめでとうございます (BBRの雑記帳)
2012年がやってまいりました。 2012年も、年の初めから「ベタな平日」が待っ
新春の お慶びを 申し上げます   2012年 元旦 (ネット社会、その光と影を追うー)
ー ー 明けまして おめでとう ございます 旧年中は、いろい
2012年あけましておめでとうございます (オールマイティにコメンテート)
新年あけましておめでとうございます。 本年もオールマイティにコメンテートを よろしくお願い致します。 当Blogも8シーズン目に突入いたしました。 通算7年の月日は色々 ...
あけまして おめでとう ございます (た わ ご と  from Osaka)
2012年開幕
あけおめ2012 (ニセモノのくせに生意気だ)
あけましておめでとうございます。 去年はブログ移転などありましたが、いろいろとお世話になりました。 今年も引き続きよろしくお願いします。 2012年(平成24年)元旦 偽OTSUKA ...
2012年だよ!あけおめでございます! (日刊魔胃蹴)
日刊魔胃蹴をご覧の皆さん、新年明けましておめでとうございます。2006年に開設した当ブログも、昨年12月(ていうか先月だけど)で5周年を迎えました。ここまで来れたのは、自分のおかげでもあり、皆さんのおかげだと思っています。本年も福岡ソフトバンクホークスの試....
一陽来復 (閑話ノート)
ダイヤモンド富士(本栖湖より) いつもの同僚から送られてきた頂上の朝日ではないお試し画像(著作権フリーにて紹介) 昨年は(も)激動の年でした。なんといっても衝撃的だったのは東日本大震災です。ちょうど統一地方選挙の年です。この日私は諏訪湖畔のビルの一室にあ...
あけまして、おめでとうございます (CW馬なりにて歩む)
年もあけ、平成24年がやってきました。 当ブログをお読みの皆様方。 あけまして、おめでとうございます ブログを始めてから8回目の年明けとなりますが、本年も昨年と変わらぬご愛顧のほど、よろしく...
謹賀新年2012 (FUKUHIROのブログ・其の弐)
皆様、新年明けましておめでとうございます。 東日本大震災の被災地の復興が進み、 世界各国の景気が回復するように祈ります。 今年こそ、阪神タイガースの日本一を 期待します ...
2012年 迎春 (仙丈亭日乘)
初春を迎へるにあたり、皆樣のご多幸をお祈り申し上げます。
2012(平成24)年謹賀新年(兼2011年12月31日のTweetまとめ) (ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2)
>←実際に年賀状に使用した画像 (Ser.5930・2537日連続更新) 2012年(平成24年)の新年あけましておめでとうございます。 昨晩(大みそか)の紅白はガガ、幸子、(ボーカルの人が管理人が中1~2に通っていた学校の後輩、バックのふたりが自分が卒業した高校の...
謹賀新年 (三四郎の日々)
あけましておめでとうございます。 昨年は拙ブログをお引立ていただき、誠にありがとうございました。 今年は七年目(だったかな?)に入ります。 今年も日本に取り激動の時代が続くと思われますが、市井の凡人の視点で徒然を書き続ける所存です。 どうか昨年同様、お...
2012年、明けましておめでとうございます (kintyre's Diary 新館)
          謹賀新年皆さま、新年明けましておめでとうございます。本年も、昨年同様よろしくお願い申し上げます。【昨年を振り返って】昨年は3月11日に我が国は千年に一度という大震災を経験し、今までは海外で同様のニュースに接しても、「大変だな~、日本...
1月1日がきましたね! (しっとう?岩田亜矢那)
喪中につき、こんな年頭のご挨拶でご容赦をば。 でもTBやコメントは大歓迎ですのでご遠慮なく。 災厄の年、平成23年は遥か彼方に過ぎ去りました。 この平成24年は輝きに満ちている、 そう確信しています。 ふとした事でも、幸せを感じて なんとなく笑顔でいてしま...
2012年、明けましておめでとうございます (slow,snow)
皆様あけましておめでとうございます。(今年は普通にして みました)今年も雑多系の様なあの感じ(爆)のblogを宜し くお願いします。m(_ _)m 今年の年末も例年と同じくTV観戦をしながらだったんですが、 久しぶりに「紅白歌合戦」をメインで見た気がします。注目 は椎...
あけまして おめでとう ございます (た わ ご と  from Osaka)
2012年開幕
迎春 (あれこれ随想記 )
明けましておめでとうございます 旧年中は、ブログ上で、お世話になりました。 本年もよろしくお願いいたします。   今年一年、皆さんの御多幸をお祈りいたします。
2012 (Hybrid-Hills)
新年明けましておめでとう御座います。 オウム真理教の平田信容疑者が逮捕され、関東に震度4の地震が起こるなど、 波乱の幕開けの年になりました。 去年に引き続き、今年もブログを毎日更新みようと思います。 皆さん、今年も宜しくお願い致します{%一言・よろしくhde...
謹賀新年 (今日の私感neo)
賀正。 …ほんの7時間前に2011年の締めの挨拶をさせてもらったばかりですが(笑)。 今年は「なにもなくつつがなく」あってほしいものです。 というわけで…手短ですが、今年もなにとぞお手柔らかにm(_ _)m
謹賀新年&2012年目標 (KAMMY'S HOMEPAGE 写真館(livedoor移行中))
2012年も皆様よろしくお願いいたします。
謹賀新年 (ぼけ~~~っと人生充電記!)
あけましておめでとうございます。 いつも通り二年参りに行きました。 年々行列が伸びて行く。 小さな神社なのに誰かが宣伝してるんかなぁ。 今年こそ今年こそ、良い年でありますようにとお願いしました。 神さま、よろしくお願いします。 年末大晦日に素晴...