つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

わいせつ目的で女性を自分の車で拉致監禁した僧侶を不起訴処分

2017-07-08 11:12:08 | 仏教・宗教・カルト・霊感商法関連ニュース
“わいせつ目的で拉致・監禁”僧侶を不起訴(日本テレビ系(NNN))―Yahoo!ニュース

わいせつ目的で29歳の女性を車に乗せ監禁した疑いで、先月に逮捕された大分県国東市の僧侶(いわゆる凡夫な方々で西の方に行きたい宗派)の男性(61)が不起訴処分になっていたと報じられています。

この男性は先月、JR大分駅近くで、警察官だと身分を偽り、大分市内の29歳の女性をわいせつ目的で拉致し、車に乗せて、約40分間、監禁した疑いで逮捕されていました。そして、逮捕当時は、警察の調べに対し容疑を認めていたそうで、検察が捜査を続けていたものの、今月5日付で不起訴処分にしたそうです。

それで、「不起訴処分」ということですが、一般的な理解としては、その被疑者に対して、検察官が公訴を提起しないことにする処分を意味します。今回は理由が明かされていませんが、多くの場合は捜査の結果、被疑事件が罪とならない、嫌疑に証拠不十分、訴訟条件を欠如するといったような時に起きるとされています。

どうしたのでしょうかね?無論、疑わしきは罰せずだと思いますし、いわゆる冤罪などについては徹底して否定されるべきだとは思いますが、今回の場合、実際に監禁はしていたわけですよね?現行犯でなかった?或いは、結局わいせつ行為をせずに解放した?とはいえ、監禁はしたのでしょうし、何か解せません。再犯とかしなければ良いですけどね。

個人的には、シャレでも何でもなくて、監禁しないで看経しておれ、と本気で思います。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <NPB2017>マリーンズは涌井... | トップ | タバコと人権侵害に関する記事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

仏教・宗教・カルト・霊感商法関連ニュース」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL