つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

阿蘇山が噴火 噴煙が10000メートルを超える

2016-10-08 12:40:04 | 天変地異
阿蘇山が噴火…気象庁、噴石などへ警戒呼び掛け(YomiuriOnline)

10月8日午前1時46分、熊本県の阿蘇山中岳(標高1506メートル)の第1火口で爆発的噴火が発生しました。

気象庁の発表では、この噴火による噴煙は海抜約1万1000メートルの上空まで上がったそうで、同庁では噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げました。

このように、阿蘇山中岳第1火口で爆発的噴火が起きたのは、1980年1月26日以来だそうです。また、阿蘇山では昨年9月にも噴火があったが、噴煙の高さは約2000メートルだったとのこと。

同庁が火口付近に設置した熱カメラでは今回、火口から広範囲に噴石が飛散した様子が確認されており、飛距離は1キロ以上とみられております。同庁は今後、火口から約2キロの範囲では、大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼び掛けており、注意が必要です。

同庁によれば、火口の北東約8キロ先の阿蘇市一の宮町では、火山灰が降ったことが確認されました。火口から北東方向に火山灰が上空を漂い、8日午前8時までに、熊本県を中心に多量の火山灰が降る恐れがあるほか、兵庫県南あわじ市でも降灰が予想されているようで、西日本の広範囲で降灰しそうですね。なお、降灰する地域では、視界が悪くなったり、吸い込むと具合が悪くなったりする可能性があるそうで、注意が必要です。後は、電線のショートなどは大丈夫なのでしょうかね?

繰り返しになりますが、当該地域の皆様、どうぞご注意下さい。

追記:
その後、今回の噴火が水蒸気爆発だったらしいとの見解が提示されたようです。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログ 国内・地域ニュースへにほんブログ村 国内ニュースを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。
ジャンル:
災害
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東大寺七重塔は記録通り10... | トップ | 空海は即身仏になったのか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

天変地異」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
★【阿蘇山噴火・水蒸気爆発か】…今月に入り兆候確認⇔人災無し (癒(IYASHI))
今月に入り、火山性地震や微動が活発化するなど、水蒸気爆発が起きる兆候が確認されていたという
阿蘇山が爆発的噴火 (Kyan's BLOG V)
阿蘇山が爆発的噴火、警戒レベル引き上げ 36年ぶり、噴煙1万1000メートル [熊本県] 西日本新...