つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

ドイツで悪魔払いをして韓国人女性を死亡させた韓国人家族への裁判開始

2016-10-11 06:32:48 | 仏教・宗教・カルト・霊感商法関連ニュース
「悪魔払い」で逮捕された韓国人5人、ドイツで裁判開始(AFP=時事)―Yahoo!ニュース

ドイツ・フランクフルトで昨年12月に「悪魔払い」と称して韓国人女性(41)に暴行を加え死亡させた韓国人親子ら5人に対する裁判が、10月10日に始まったようです。

検察によると、昨年12月に被害女性と被告5人がホテルの一室にいたところ、女性が独り言をつぶやいたり脈絡なく暴言を吐いたりし始めたことから、5人が「悪魔払い」を試みたとされ、警察は、この女性に対する「激しい暴力行為」を理由に5人を殺人容疑で逮捕していました。死亡した女性が「悪魔に取りつかれている」と信じ込み、女性をベッドに縛りつけた上に猿ぐつわをかませ、2時間にわたって激しく殴打し、結果、死亡させています。

女性の遺体を発見した捜査員らによると、死因は「胸部を強く圧迫され、首に激しい損傷を受けた」ことによる窒息死だったことなどが分かっています。

さらに警察は、被告らが借りていたズルツバッハ(Sulzbach)にある家の車庫で、2人目の被害者とみられる女性を発見しており、この女性も重傷を負っており、低体温症と脱水症状が認められたそうで、かなり悪質な状況だったようです。

なお、被告の1人には、この死亡した女性の息子(16)も含まれていると報道されています。

5人も被告がいて、同時に悪魔払いに"目覚めた"とは思えないので、たいがいは扇動する主犯がいて、それに引きずられる形で参加したと思うのですが、どうでしょうか。その辺も今後の裁判で分かってくるのでしょう。

後、気になるのがこの被告たちの宗教的背景ですね。その辺は、日本では中々報道されないかな?でも、この『ツァイト』オンライン(ドイツ語)の記述でも、この被告たちの宗教的背景までは書かれていないようです。悪魔払い事件と教会との関連を、過去の事例に遡っているだけのようです。

この記事を評価して下さった方は、にほんブログ村 ニュースブログへにほんブログ村 ニュースブログを1日1回押していただければ幸いです(反応が無い方は[Ctrl]キーを押しながら再度押していただければ幸いです)。
ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瀬戸内で活動する「STU48」が... | トップ | マリーンズは小谷正勝2軍投... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL