つらつら日暮らし

仏教、禅宗を学ぶ曹洞宗の禅僧によるつらつらなる日暮らし。時事ネタ、野球ネタもあります。

丹羽文雄さん死去

2005-04-21 05:01:25 | 時事ネタ・雑学・トリビア
[訃報]丹羽文雄さん100歳=作家・文化勲章受章者 - livedoor ニュース  戦後すぐに出版された「厭がらせの年齢」や毎日新聞連載の「日日の背信」などで人間不信を鋭く問いかけ、また「親鸞」「蓮如」などで仏教的世界を描き続けた作家で文化勲章受章者の丹羽文雄(にわ・ふみお)さんが20日午前0時25分、肺炎のため東京都武蔵野市西久保1の13の3の自宅で亡くなった。100歳だった。葬儀は親族だけ . . . 本文を読む
コメント (2)

反・無宗教論 ver3.1(続)

2005-04-21 04:46:09 | 宗教
【前編】からの続きである。 世界宗教の「始祖」たちの出身は、オブスキュアである。いいかえれば、彼らは共同体が保証する“根拠”をもっていない。彼らは、シャーマンではなく、英雄でも天才でもない。つまり、彼らは共同体の物語や言説から逸脱している。しかも、それに明確に対立しているわけではない。     柄谷氏前掲同著、290頁 道元禅師が元からオブスキュア(=あいまい)だったわけではない。むしろ、道元 . . . 本文を読む
コメント (2)

反・無宗教論 ver3.1

2005-04-21 04:43:27 | 宗教
今回は、前回からの引き続きで「創唱宗教」に関する問題点などを指摘する。創唱宗教とは、特定の人物が特定の教義を唱えてそれを信じる人達がいる宗教のことである。教祖と経典、それに教団の三者によって成り立っている宗教と言い換えて良い。 この「創唱宗教」の例は、キリスト教・仏教・イスラーム、そして諸々の「新興宗教」などが当てはまる。拙僧は、たまに「俺が宗教」みたいな言い方をされている方をブログやHPで見る . . . 本文を読む
コメント