伊豆高原シニア・ライフ日記

「老い」を受容しながら自然の恵みに感謝しつつ「残躯天所許不楽復如何」の心境で綴る80老の身辺雑記 

初雪降る

2017年02月12日 | 日記

2月11日    (土)    

 

朝になって窓外をみたら屋根や芝生が真っ白になっている。昨夜音もなく雪が降り注いだことを知る。

今年になってはじめての降雪、2月中旬「建国記念の日」かつての「紀元節」になってからの「初雪」とは!

記憶を呼び戻してみると、昨年11月24日という異常に早い時期に降雪があった(2016/11/24のブログ)。この季節外れの降雪の後は雪とは全く縁のない日が続いたので当地で今年は雪をみることはないかもしれないと思っていた。

交通を妨げる積雪は歓迎できないが、自然を白く染め陽光に照り映える雪の光景をがみれない冬もなんだか寂しい。

きらめく太陽の光を浴びて芝生を覆って雪はすぐに消え去り、いつもの景色へと戻っていった。

(だが、この雪は山肌に残るので明日の大室山山焼きは延期になることは必定)

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早春の気配をさぐるウオーク | トップ | 小室山麓で花開く「小室桜」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL