伊豆高原シニア・ライフ日記

「老い」を受容しながら自然の恵みに感謝しつつ「残躯天所許不楽復如何」の心境で綴る80老の身辺雑記 

夏の雛作り

2017年07月23日 | 手作り

7月22日    (土)    /

 

玄関の雛段?(靴箱の上)の雛飾りが「夏バージョン」に切り替わる。


夏椿と桔梗


夏野菜


朝顔

 


 

本日の「教室」で完成したという新しい雛飾り。

小さいものなのに、いや小さいからか、完成するまでに随分時間がかかったようだ。見れば見るほど細かい細工だ。(重箱の一辺は8.5㎝)

私は「弁当箱」と呼んだが、ただしくは「遊山箱」というらしい。ピクニック用の古風な重箱といったところか。

本来なら夏でなく春に仕上がるべきものと思うが、春のウオーキングだけでなく秋にも、そして正月にも使えるものだから、敢えて時期遅れと咎めるまでもあるまい。 

 

 

 
先生はじめとする生徒4人の新作発表会?

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近の農事をめぐる諸情勢 | トップ | 「IKOI収穫祭」 トウモロコ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
夏の雛作り (hymn)
2017-07-24 09:29:48
丹精の作品ですね。それぞれのお作品
遊山箱の角 盛り合わせ 具のちらし方?個性が出て・・すばらしいとおもいました。
Unknown (エイジング)
2017-07-24 10:13:53
素敵…素晴らしい…可愛らしい…
実物を拝見するのが楽しみです。
Unknown (Unknown)
2017-07-26 08:16:14
遊山の為の弁当箱。ケースは?

コメントを投稿

手作り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL