伊豆高原シニア・ライフ日記

「老い」を受容しながら自然の恵みに感謝しつつ「残躯天所許不楽復如何」の心境で綴る80老の身辺雑記 

城ケ崎桜満開、富戸漁港を歩く

2017年03月15日 | ウオーク

3月13日    (月)    

 

月曜ウオーク日だが、あいにく曇空。

だが、富戸の海岸線に沿って咲く「城ケ崎さくら」の満開を見逃すわけにはいかない。IKOI常連の5名(Mr. & Mrs.IT、ON。Mr.IW)がいつものように揃う。

曇空を背にした桜ではちょっと魅力にかけるかもしれないな、と思いつつ出掛けたが、やはり満開の桜並木は見事。

この豪華な桜の花の下で漁民の方々が宴会ならぬ仕事として黙々と網繕いをしていらっしゃる。日本ならではの素敵な光景!

 


 

花を見終わって、富戸漁港に歩を移す。

富戸漁港を上から何度か見ているが、港内に立ちいったのは初めて。港内の水は透き通って恐ろしく綺麗、小振りの港には別種の魅力を湛えている。

 

 

 

港にはスキューバ・ダイビングの教室もあり、温泉プールに改造した廃船から立ち上る湯気が暖かそう。海から上がったときに身体を温めるお洒落仕組みらしい。

 


 

「城ケ崎さくら」に満足し、ファミレス「ガスト」で昼食をとる。窓外には散り始めた伊豆高原駅前の「オオカンザクラ」がよく見える。

さくら、さくら、さくら……。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「松川湖畔」梅と桜 | トップ | 伊豆ホースカントリー内の馬... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ウオーク」カテゴリの最新記事