cowa iro x coma inu 狗鳴笛

神道系カルト結社 八咫烏の世界侵略! 集ストはFEMAへの布石、人口削減は始まっている!!
第三次世界大戦を生き残れ!

FF13 第13章 クリア

2017-01-25 12:55:18 | ・FF13

対オーファン戦(1戦目)用に即死耐性アクセ装備。残りHP3%くらいのときに殺戮のエディプスで即死喰らったので泣きたくなりました。
攻撃がぬるいものが多いので、ポーションを活用。700ちょい回復できるからビンタしてくるときは全員ブラスターにしてポーションで回復してました。


エンハンサー要員。ホープより先にヘイストを使えるようになったのでそのままメインで使ってました。武器の魔法攻撃力が高めなので改造したものの、
ステータスの基本能力が低いから大して伸びず…。数字だけ見るとあまり使えないキャラだったのかな?バフとブレイクで活躍してました。


回復要員。物理攻撃力がゾロ目なのはたまたまで、狙ったものではありません。ヒーラーとブラスターばかりでジャマ―はほぼ使わなかった気がします。


この後ラスボス戦が40分くらいでクリアまで計47時間ほど。長かった…。

オーファン1戦目

・ファング ジャマ― or アタッカー
・ヴァニラ ヒーラー
・サッズ エンハンサー
まずジャマ―で何かしらが弱体化するまで粘って、ファングのアタッカーのウィークアスピルでATBゲージが溜まるようにしました。
エンハンサーで全員が強化し終えるまで粘る。



・ファング ブラスタ― or アタッカー
・ヴァニラ ブラスター
・サッズ ブラスター
チェーンゲージがそこそこ溜まっていたら全員でブラスターでブレイクまで攻撃、ブレイクしたらファングはアタッカーにして攻撃。
サッズは攻撃力低いのでブラスターのままだったのですが、アタッカーの方がダメージ与えられるのかも?とりあえず困ることが無かったからアタッカーはファングだけでした。
回復はポーション。ビンタくらいならポーションで充分です。でもブレイク中はヴァニラをヒーラーにして攻撃してた方が効率いいのかな…。

陰の極のとき

・ファング アタッカ―
・ヴァニラ ヒーラー
・サッズ エンハンサー
バフかけとけば弱体化されても相殺される?気がしたので、エンハンサーにずっとしておきました。とんかちあれば憂いなし。
極が変わるときの心無い裁きはヴァニラがヒーラーになればまず死ぬことはありませんでした。



FF13は戦闘システムも音楽もストーリーも完成されてるのに何故かつまらない。その原因は…多分探索要素のなさと、従来のFFで培ってきたモンスター体系の変更なんじゃないでしょうか?
FF6もモンスター様変わりした気がしたけど、FF5までで美麗ドット絵が見れたので、従来の敵キャラのグラ向上に期待感はそこまで無かったからあまり出て来なくてもよかったのかも…。
個人的にですけど、FF13の時ハイスペックゲーム機でやれるFFとあって、どれだけ敵キャラもリアルになったんだろうと期待したんですよね。でも、見たことない敵ばかり…。
ボムもプリンもゴブリンもなんか妙ちくりんで萎えるデザイン。かなりガッカリしました。特にゴブリン、ローラーでコロコロしなくても…光源氏じゃあるまいし…。



FF13のストーリーをより楽しむための予備知識。

聖書および、キリスト教の雑学。それと生命の樹(カバラ)をなんとなく知っていればラスボスに面白味が沸きます。
エデンとか三位一体とか聖書をファイナルファンタジーで翻訳したらFF13が出来ましたという感があるので、ムー民とかメガテンファンとかなら
随所にちりばめられたオカルト設定を読み解けると思うので楽しめるかもしれません。

オーファンは父と子と聖霊(母)の三位一体っぽいので、ラスボスは生命の樹みたいなものだと思われます。陰(峻厳)が父で陽(慈悲)が母って感じだけど自分の中の生命の樹と逆な気がしたのは我輩がサタンであるからかもしれません…とかどうでもいいですが。。。

ストーリーが神懸かってるのは確かです。が、それを面白いと捉えるかは個人の好みの問題…自分は好きです。ここまでやったならライトニングリターンズまで
すべてのストーリーを解き明かすまでやり続けなければ気が済まなくなりました。やり込み含めれば3作とも80時間越えは確実っぽいからトータルで240時間以上…。
1日1時間やっても1年の2/3はかかりますね…。2018年度中までにクリアすることを見込んでおこう…。これで他のゲームを買わずに財布の心配がなくなるはず。。。



第13章 物語 Tips


終焉の揺籃

ファルシ打倒を志した騎兵隊の兵士たちは、さまよう
シ骸と化した。
騎兵隊にオーファンを破壊させるつもりは毛頭なかった。
騎兵隊がオーファンを倒せばコクーンが滅ぶ――そんな危機を
演出して、ルシたちをおびき寄せる道具にすぎない。

p2
バルトアンデルスは成功を確信している。
ルシたちは使命を果たす気がないようだが、その心を
揺さぶって操るなど造作もない。
彼らが未来への希望を抱いているなら、未来を閉ざして
やればよい。
裏切られた希望はそのまま絶望に変じ、嘆きと怒りに
とらわれた者が魔獣ラグナロクとなる。
その者がオーファンを討てばコクーンは滅び、数千万の
命が捧げられて救いの神が降誕する。

p3
終焉の時だ。
この日のためにコクーンを築いて人間を飼い、
下界のファルシが生んだルシたちを見守ってきた
バルトアンデルスは、コクーンを統御する
ファルシ=エデンに最後の命令を発した。

哀れなルシたちを導くのだ――
死を夢みて眠る、オーファンの揺籃へ。
ジャンル:
ロールプレイング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FF13 は ミスティッククエスト2 | トップ | FF15 オルティシエ で車を走... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

・FF13」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL