人生40年 - 終活BLOG -

人間四十年 下賤の内をくらぶれば夢幻のごとくなり 一度生を得て滅せぬ者のあるべきか by 引きこ盛
40歳まで後3年。

久しぶりに佐野のイオンに行った。

2017-08-21 23:39:05 | □日記
なんとなく晴れ間が覗いたので久しぶりに外出。
近場の本屋やゲームSHOPを回るついでに佐野のイオンに行ってみたけど、夏休みなのか土地柄のせいなのかは知らんけど
イオンの客層が中学生くらいの女子グループとおばさん連中と子連れ夫婦ばっかり。なんかキンカ堂みたいな空気感になってました(´・ω・`)
佐野は近所にアウトレットあるからかもしれんけど、佐野のイオンはあんましおしゃれさんが来るような場所じゃなくなってる感があります。

最近は池上彰の知ら恥に軽くハマっていて、一般常識を学ぶなら池上彰が最適かなと思い、知ら恥を8巻全部集めようと思ってます。
あと5の1冊だけでコレクション完了♪まだ2冊くらいしかまともに読んでいませんが(^^ゞ 時事的なものだから最新刊以外はイマイチ読む気にならない。

ついでに「言ってはならない日本のタブー」という本を買いました。日本の5大タブー1.皇室、2.警察、3.部落解放同盟 4.創価学会、5.山口組、という
話題にしてはいけない内容がてんこ盛りw レビュー出来そうなら後で書こうと思いますが…厳しいかな(笑)
おそらく組織ストーキングに関わる何かがあるのでは?と思い、衝動買いしてみました。



ネット通販で、個人的に4本目になる韓流映画の「箪笥」をamazonで買いました。
前回買ったマイ・リトル・ブライドとかいうウンコみたいな映画(笑)で主演を務めていたムン・グニョンが出演していてビックリ(*_*)
箪笥は数年前にレンタルで観たことのある映画なのですが、韓流に一切興味が無かったのでムン・グニョンには注目してませんでした。
ロリ顔の少女みたいな顔立ちは昔のハロプロに居そうなアイドルっぽい女優です。

箪笥は名前がアレな感じがして話題にするのに勇気がいる感はありますが、韓流映画ではぶっちぎりで(4本しか観てないけどw)名作だと思います。
下手な和製ホラーよりも断然面白かったとかいうとめんどくさい事になりそうですが(笑)これに関しては本当に面白いと言えますね(^^♪
レビューしたいところはこの映画のオチに関わってしまうので言えませんが、ホラー好きでまだ観たことのない方は一見の価値ありです。

マイ・リトル・ブライドは、なんか日本の少女漫画を実写化したかのようなラブコメ映画で、これぞ韓流ってイメージの映画です。
純粋な恋愛観で生きてる10代女子や、垢抜けない純情を捨てきれずにプラトニックなまま夢見ているような女性には受けがいいかもしれませんが、
正直男性が見る分にはただのウンコです。でも見る角度を変えて観る分には面白いかな。ハングル覚えるのにもいい感じかもしれません。

箪笥のDVDの中に人形師というそそる名前の映画の宣伝があったので、次はこれにしようかと思います。
amazonで買おうと思ったら人形師から人形霊というタイトルに変わっていたので、師と霊を変えただけでイマイチな響きになるのはイカンなと思いつつも
多少の期待を込めてポチっときました。レビューはクソ映画って声があるからきっとアレなんだろうけど(^^*

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日のほん怖 | トップ | グリモア はいさい!うちなー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

□日記」カテゴリの最新記事