goo

安易な殺生は

 先ごろ、帰省の際、親戚の男の子に会いました。
あるとき、その彼が、道端を歩いている蜘蛛を、逃げようとしているのを執拗に追いかけ、踏み潰した上に、さらに靴で何度もこすりつけるように踏み潰しているのを見ました。
 彼は、最近は、いじめに遭い、心がすさんでいるのは、わかるのですが。だからといって、そういうことをしては、守護霊様も、助ける気持ちにはならなくなります。守護霊様としては、いじめをさいごには助けたい気持ちも、そういうことがあっては、助ける気にならないのです。

 人間、生きていく上には、どうしても殺生しないとなりません。
よく、人間は食べるために動植物を殺すのは許されているのだから、いくらでも殺して構わないという考えの方がいますが。
 そうではなくて、人間は生きていく上には、どうしても殺生しないとならず、罪を犯さねばならないのだから、できるだけ、必要不可欠でない場合は、殺生を最低限に抑えるというのを求められているのです。
 道端にいる昆虫や動植物をあえて、必要でないのに殺生しない、そういう配慮でよいのです。

そして、やむをえず、殺生をした場合もそのフォローも必要です。
よく、やむをえず、水子さんができた場合も、それを放置していると、あとでとんだ不幸が次々と訪れることがあります。過去の過ちは過ちとして、反省し、フォローをすれば、そういう災いも収まるのです。





中村天河フェイスブックです。
中村天河フェイスブック

中村天河twitter
中村天河twitter

おすすめ占いならここ

スピリチュアルな中村天河ホームページは
天河の占いの城

チャット鑑定、メール鑑定は占い師の部屋(ここではサイトの方針上、霊感、霊視での鑑定は行っておりません。でも、「相手の気持ち読占術」は鑑定可能)

電話鑑定、メール鑑定はスピリチュアルならエキサイト電話占い

メール鑑定は
恋愛センター

チャットも併用できる定額制電話鑑定は
チャット占いセンター

定額制電話鑑定は
占いタウン

対面鑑定は
占い対面鑑定


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ
にほんブログ村 うつ状態
にほんブログ村 恋愛ブログ
にほんブログ村 恋愛アドバイス
にほんブログ村 芸能ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 霊がいるけど... 古本屋で霊に... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。