室町草人の「天空サーカス」

この世に大切なものは3つしかない。人を愛することと、ほんの少しの勇気、そして、すべての権威から常に自由であることである。

小池には失望した

2016-10-16 08:07:03 | 文明批評

何なんだ。
長沼で、村井と並んでボート遊びに興じる小池に失望した。
村井が
あの、いかがわしい松下政経塾出の政治家であることが忘れたわけでもあるまい。

くだらないオリンピック騒動に宮城県を巻き込んではならない。

宮城県民もなぜ、怒らないのか。
長沼にオリンピックが来ることで、
土建屋と観光業者が儲けるだけで、
震災の被災者救援が遅れ、
この地域をひどく貶めることになることを、なぜ理解できないのか。

サッカーの日韓ワールドカップの際に造られた
利府のサッカー場は今、どうなっているか・・・・
年間3億円の維持費を重ねながら、ほとんど利用実績もない。

秋葉代議士の親友が経営しているGIPというイベント会社が、
2年に一度、コンサートをやって儲けるだけの「廃墟」になっている。

宮城県知事の功名心と
東京都知事の見え透いたパフォーマンスに欺されてはいけない。

1兆7000億円の累積赤字を抱える宮城県のどこに、
300億円のボート場整備費を出す余裕があるというのだ。

地元の商工会は、オリンピックでひともうけといきり立つが、
たった10日間のオリンピック期間中に地元商店街に落ちる金はわずかなものだ。
オリンピックが終われば、再び人気のない長沼に戻り、
誰も来ない長沼ボート場の300億円施設は、どんどん朽ちていくだけである。

小池よ、現実を見ろ。
来週にでも一人で長沼をそっと訪ねたらいい。
あの誰もいない荒涼たる風景に身がすくんでしまうだろう。

たった10日間の夢物語で、
地元のおバカ商工会を煽ってはいけない。

村井も、被災者面してはいけない。
被災者より誘致企業を優先させた男に、「被災者」を語ることは許されない。

オリンピックに300億円を使うより、
その金で
今も仮設住宅から抜け出せない真の被災者を救うことだ。
そのことこそ、復興である。







 

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ディランは、ノーベル賞を断... | トップ | 長沼への変更に「復興」はな... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。