室町草人の「天空サーカス」

この世に大切なものは3つしかない。人を愛することと、ほんの少しの勇気、そして、すべての権威から常に自由であることである。

村上春樹にノーベル賞は似合わない

2016-10-13 18:11:21 | 文明批評

村上春樹は、ノーベル賞など受賞しない。
テルアビブでイスラエル批判を行った勇気ある作家に、
アングロサクソンとユダヤ人が支配するノーベル賞など対象になるわけがない。

村上春樹は、ノーベル賞ごときで浮かれる作家ではない。
どうも、この国の人々とメディアにとって、
ノーベル賞受賞とオリンピック金メダルが双頭の鷲らしい。
しかし、どちらも、あまり意味がないものである。

あの佐藤栄作がノーベル平和賞を受けた時点で、
このノーベル賞イベントの胡散臭さが見えていた。

そのうち、
安部晋三首相もノーベル平和賞を受賞することだろう。
世界の中でも飛び抜けて、
ノーベル賞受賞者を増やすために、大枚の「工作資金」を使っているからだ。

もし村上春樹がノーベル賞を受けるなら、
それは、彼にとって敗北を意味する。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長沼ボート場問題、オリンピ... | トップ | ディランは、ノーベル賞を断... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。