10階の窓から

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

息子

2017-07-14 10:47:59 | 日記

私には息子が一人いる。

子供たちが中学生になるまでは、家にいた。

其れこそ 家庭的な主婦をやっていた。

息子が中学生になった。

少し不良がかった。学校から呼び出しがあった。

高校には行ってほしかった。

が 子供には何も言わなかった。

まあ まあの成績だったので、どこかに入るだろう。

高校生になった。 2年の時 アルバイトをするようになった。

卒業の時 職人なる。 内心はびっくりしたが、 まあそれも良いか。

賛成した。 元気にやっている。

途端 親方がなくなった。いざこざがあったらしい。

息子は 仕事を辞め、 家に閉じこもった。

始めて 息子に向き合った。

何になりたいか? と聞いたら 看護師になるという。

准看なら、試験を受ければ学校に入れる。

驚くことに、准看から 正看までいったのです。

今は 正看になって落ち着いている。

夫の血が確実に流れている。安定を求める姿勢が伺える。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士山に登ったこと | トップ | 特定検診 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ちょび)
2017-07-14 22:21:32
結果オーライですね!
我が家では下の娘が中学生の時に心配だったけど、自力で留学にこぎつけたりと私たち夫婦には出来ない体験をしました。
今は20歳年上の旦那との生活に悩みもあるようです・・・
Unknown (あぶ)
2017-07-15 12:54:19
今どきの若者は?
父親に似ているのは勤勉なところ、長く勤めるところくらいです。贅沢は言いません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。