喜びの種☆

yoshicoの徒然日月
ひとふたみよ
いつむゆななやここのたり、、ももちよろず
天の数歌

10月のワークショップのお知らせ@【大阪・志摩】

2016-10-08 23:26:56 | ほつまことほぎWSお知らせ

【大阪】『縄文カレンダー』ほつまことほぎWS

ご好評をいただいています縄文カレンダーWS。
今回よりホツマツタヱの1アヤから定期的に、
縄文カレンダーの季節のお話も織り交ぜたWSも開催していきたいと思います。
題して『縄文カレンダー』ほつまことほぎWS!
ことほぎとは、、
言祝ぎ、寿ぎ、言解きの意味を含むヤマトコトハです。





第一回はホツマツタヱの1アヤより、
キツの名のお話。
キとはヒガシ(東)、ツはニシ(西)のこと。
キツヲサネ(東西中央南北)の日本語の名の由来や方角と季節の表しなど、
いにしえの日本、当時の世界観や概念がより深く伝わってきます。

また、縄文カレンダーより、
旧暦9月9日カサネココの行事やナカツキ、カミナツキの名の謂れもご紹介します。
縄文時代を解き明かす、
今の世に伝えるヒノモトの尊き姿☆彡
どうぞお気軽にご参加ください。

【大阪】チャクラ
◆日時:10月17日 月曜Open:18:00 Start:19:00~
◆場所:チャクラ
大阪府大阪市北区菅原町6-12 ☎06-6361-2624
チャクラ
http://www.chakra-jp.com/whats/whats_index.html
◆参加費:1000円+1order(テキスト:ホツマツタヱ1~3アヤ別途1000円)
 ※要予約
※縄文カレンダー今年度版500円(通常1000円)も別途お求めいただけます。
◆お問合・ご予約:チャクラ06-6361-2624


【志摩】『ほつまことほぎワークショップ』

◎ミケヨロズナリソメのアヤ~ホツマツタヱ15アヤ

 今回は食べ物の善し悪しについてのお話。
アマテルカミが食べ物のことや万物の生成についてのお話をされた記録です。
フタミカタ(現二見浦)にミユキ(御幸)され、
ミシホを浴びてミソギ(禊)をなさったと記されています。
二見浦は紀元前からフタミカタとかフタイワウラと呼ばれていました。
ヤマトヒメさまが二度見されたという伝説よりはるか800年ほど前の記録です。

アマテルカミは肉食をお禁じになられていました。
その訳を詳しくお話されています。
たいへんに興味深い内容です。
初めての方もお気軽にご参加ください。

【志摩】ベジタリアンカフェ+雑貨 ブーゲンビリア

◆日時:10月28日 金曜18:30~
◆場所:ブーゲンビリア
三重県志摩市阿児町鵜方金谷2975-66 ☎0599-43-2711 
ベジタリアンカフェ+雑貨ブーゲンビリア 
◆参加費:1500円(1drink・資料付)
◆お問合:ブーゲンビリア0599-43-2711
◆シェアガイド:冨山喜子 
やまとうたかたり*日本式レイキティーチャー
ウタを通して大地と共鳴する喜びを体感!
現在縄文カレンダー2017版(西暦2016.12.14始まり)制作中!





『ホツマツタヱ発見物語』展望社 9/25発売!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナカツキ・カサネココ(旧暦9... | トップ | 九月コモチツキ(十三夜頃)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ほつまことほぎWSお知らせ」カテゴリの最新記事