喜びの種☆

yoshicoの徒然日月
ひとふたみよ
いつむゆななやここのたり、、ももちよろず
天の数歌

七草粥・ムツキ七日弓張(西暦2017.2.3)

2017-02-03 19:38:52 | こよみ

太陽の巡りの節分、明日は立春です。
月の巡りは、早くもムツキ七日のユミハリ月です。

古代日本では、いのちを養う行事として七草が食されていました!
満月に向けて、まだまだ朝晩は風がとても冷たく感じられます。
春の最初のエネルギーを身体に取り入れ、心身ともに実感する、、
日に日に春の植物も顔を出し始めます♪
志摩ではあちらこちらに水仙が満開です♡





シムのフシヱは
たるむつみ ゆみはりまつる
みそのなは ヌヱアシモチが
がさくさお こげふはこべら
ゐたひらこ すずなすずしろ
すせりなつ このナナクサに
のぞくなり
  トシウチニナスコトのアヤ


シムノより ユミツキのよは
ゐのみづに ヌエアシモチが
ガダヲヱオ ごけふはこべな
いたひらな すずなすずしろ
すせりなず なみそにのぞく
 ミカサフミナメコトのアヤ



シムとは、生命維持の働き、、その節目の、
イノチ(生命)を養う行事。
節目には、目に見えない心の働きから災いが及んでくる恐れが強まります。
弓張を祭り、目に見えない災いや病を防ぐため、七草を食べて整えます。

ごけふ・はこべら・ゐたひらこ・すずな・すずしろ・すせり・なづ

なんと、ヲシテ文献にしっかりと七草が記されていす!
九州の白馬(あおうま)を献上したクマドさんに
アマテルカミが七草粥でおもてなしをしたそうです。
皮膚病に効果があるとされています。

ムツキ(旧暦一月)七日や十五日は、
生えて生まれる季節の巡りを象徴する日。
弓張りから月の満ち行く巡りが、ヒトの成長にも準えられます。


********


縄文カレンダー2017版、
一冊1000/+送料でお分けしています。
ご希望の方は、お名前・送付先・希望冊数を明記の上、
下記までお問合せください。
お問合せ yoshico1018@yahoo.co.jp 冨山喜子

縄文カレンダーをより理解してお使いいただくための
縄文カレンダーワークショップも各地で開催中です。
@【三重・埼玉・東京・神奈川・群馬・鳥取・大阪・岐阜】
縄文文字ヲシテの読み解きや楽しく覚えるアワウタも伝授いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
http://blog.goo.ne.jp/ten380445/e/aaf2a341ecbdb4bc9b9cc59287f9daff


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハツヒマツリ(元旦)!(2017.01.28)

2017-01-27 21:00:58 | こよみ

新年あけましておめでとうございます。
新月、ムツキ朔日(元旦・西暦2017.01.28)です。

古代日本の元旦は、太陽の巡りの立春の頃の新月の日!
そして本日より、季節はヒのナメ、、春の守りに入りました。
初春です✾





ビはツサかぜの 
フタヲがメ きたればひらく
はつひぐさ はつひまつりは
フトマガリ やまのかやくり
うみのメも ところたちばな
ゐもがしら
  トシウチニナスコトノアヤ



ヒのナメは ツサにいなさの
はつひより フウおやわせて
おけらたき わかめみつくみ
しとぎもち まがりかやくり
うなところ かくいもかしら
  ミカサフミナメコトのアヤ



ヒの季節に入りました。
夜中のアクタ(天の川)がツサ(西南)に位置し、カセ(及ぼし)を為しゆきます。
「メ」冷の働きと「ヲ」温の働きが二つずつ並び立つ、やわす季節です。
オケラ(薬草)を焚いて、フタヲ・フタメのハツヒ(元旦)を祝います。
若女(ワカメ)が若水(元旦の初めの水)を汲み、シトギモチを作ります。
お供えは、マガリモチ(勾玉形の餅)・カヤクリ・海藻・橘・里芋(イモガシラ)。


********


縄文カレンダー2017版、
一冊1000/+送料でお分けしています。
ご希望の方は、お名前・送付先・希望冊数を明記の上、
下記までお問合せください。
お問合せ yoshico1018@yahoo.co.jp 冨山喜子

縄文カレンダーをより理解してお使いいただくための
縄文カレンダーワークショップも各地で開催中です。
@【三重・埼玉・東京・神奈川・群馬・鳥取・大阪・岐阜】
縄文文字ヲシテの読み解きや楽しく覚えるアワウタも伝授いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
http://blog.goo.ne.jp/ten380445/e/aaf2a341ecbdb4bc9b9cc59287f9daff

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トシワケ・シワス大晦日・豆まき!

2017-01-27 01:00:45 | こよみ

旧暦シワス大晦日!(2017.01.27)

縄文、、古代日本の大晦日は、
太陽の巡りの立春頃の新月前夜、、トシワケです。
トシワケには豆を煎り、オニヤラヰをします!
豆まきの発祥は、なんと縄文時代!!





ヱモトのカミの      
わかるよは ゐりまめうちて
おにやらゐ ひらぎゐわしは
もののかき ほながゆつりは
しめかざり  
トシウチニナスコトノアヤ



トシワケのよは
まめおいり みなオニやらふ
カおヒラキ しめひきふさぎ
はゑゆづは むぎにとしこえ
  ミカサフミナメコトのアヤ



トシワケには、煎り豆打ちてオニヤラヰ!
年の変わり目の節に魔が入らぬよう
カ(西)をヒイラギとイワシで塞ぎます。
ウラジロやユヅリハで〆飾り、麦を食して年越えのお祭りとします。

麦を食すとは、どんな料理だったのでしょうか、、、?
年越しそばのルーツかもしれませんね。
※ム:生じ キ:来たる、、
その一旦停止の意味の濁点が、季節の変わり目を意味しているのかもしれません。


古代のシワス大晦日、
ホツマツタヱ38アヤに、年越えの行事が記されています。
トシノリカミとヤマサカミをお祭りし、
天地自然の安寧を祈願して、オニヤラヰをします。

トシノリカミとは、、
初代クニトコタチの時代(縄文前期頃)に、
キ・ツ・ヲ・サ・ネ:東・西・中央・南・北と
ア・ミ・ヤ・シ・ナ・ウ:食物・イノチ(生命)の守り、宇宙からのもたらしと地上の育み
あわせてソヒ(十一)のカミを祭り、トシノリカミとしました。

ここでふと、感じたのは、、
東西南北中央、、中央にミハシラをイメージして、
宇宙からのもたらし↓と大地の育み↑、、って、

「ピラミッド」なんじゃないでしょうか!!!?
わたしたちはみんな、その守りの内にある、、。ということですね、、深いですね。

さて、、ヤマサカミとは、、
七代イサナギ・イサナミの時代(水稲が普及し、大きく事が整えられてきた時代)に、
コヨミを守る役目を担って貰うため、ヤマサカミを添えて祭ることにしました。
自然神のウツロヰ(大気・空)・シナトヘ(風)・カクツチ(火)・ミツハメ(水)・ハニヤス(土)と
自然界のヲヲトシカミ(穀物を成らせる)・スヘヤマスミ(木々が雨から土を守る)・タツタヒメ(火災からの守り)の併せて八つの働きを祭ります。

トシワケには、天地自然の安寧を祈念する!

********


縄文カレンダー2017版、
一冊1000/+送料でお分けしています。
ご希望の方は、お名前・送付先・希望冊数を明記の上、
下記までお問合せください。
お問合せ yoshico1018@yahoo.co.jp 冨山喜子

縄文カレンダーをより理解してお使いいただくための
縄文カレンダーワークショップも各地で開催中です。
@【三重・埼玉・東京・神奈川・群馬・鳥取・大阪・岐阜】
縄文文字ヲシテの読み解きや楽しく覚えるアワウタも伝授いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
http://blog.goo.ne.jp/ten380445/e/aaf2a341ecbdb4bc9b9cc59287f9daff
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『縄文カレンダー』WS@【大阪・滋賀・三重・埼玉・東京・神奈川・群馬・鳥取・岐阜】

2017-01-23 01:17:37 | ほつまことほぎWSお知らせ

西暦1月28日新月。
縄文カレンダーでは、ムツキ朔、ハツヒ元旦です。
節分西暦2月3日は、ムツキ七日、春の七草です。
縄文文字ヲシテの文献に記された七草はなんと今と同じ!!!

古代日本のお正月のお話も交えての縄文カレンダーWS。
各地で縄文カレンダー・ほつまことほぎWS(ホツマツタヱ本文を学びます。)も開催です。
決まりましたら随時お知らせいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。


  


◎縄文カレンダーとは、、
紀元前、、
縄文文字ヲシテで記された、古代日本の先人たちの残し文より、
古代日本の年中行事(祭りなど)をヲシテ文字原文と大意で表し、
現在のカレンダー(太陰太陽暦)にシンクロした暦です。

縄文時代を解き明かす、
今の世に伝える古代日本の真の尊き姿☆彡
みんなで一緒にうたう、「アワウタ」も伝授いたします!
どうぞお気軽にご参加ください。

『縄文カレンダー』ワークショップ

◎1月24日(火) 【大阪】大阪市北区
縄文カレンダー・ほつまことほぎWS
チャクラ
◆時間:昼の部:Open:14:00 Start:15:00~
夜の部:Open:18:00 Start:19:00~
◆場所:チャクラ
大阪府大阪市北区菅原町6-12 ☎06-6361-2624
http://www.chakra-jp.com/whats/whats_index.html
◆参加費:1500/1D付 (テキスト:ホツマツタヱ1~3アヤ別途1000/)
 ※要予約
※縄文カレンダー1000/も別途お求めいただけます。
◆お問合・ご予約:チャクラ06-6361-2624
https://www.facebook.com/events/564914027051283/

◆内容:今回はホツマツタヱの二アヤ、「アメナナヨ トコミキのアヤ」。
天地開闢のお話、そして初代アマカミ・クニトコタチの誕生から七代イサナギ・イサナミまでの古代日本史。
初代クニトコタチは、竪穴式住居や栗の植栽などを考案普及指導し、タミを育み、恵民立国としてクニを生した偉大なるリーダーであったとヲシテ文献は伝えています。
また、ヒナマツリは四代ウヒチニ・スヒチニの日本初のトツギの儀式を記念してのお祭りと詳しく記されています。
◎縄文カレンダーより、古代日本の新年の行事や祭りのお話、
春の七草は今もおんなじレシピ!なんと紀元前からですよ!


◎1月25日(水)【滋賀】高島市
縄文カレンダーWS
◆時間:13時~15時
◆参加費:1500/(飲み物付)※縄文カレンダー別途1000/
◆場所:MiZUcaféCOCCO
滋賀県高島市新旭町旭1-10-1高島市観光物産プラザ内
http://mizucafe-cocco.com/
https://www.facebook.com/events/1831744993704396/
※大雪のため、延期となりました。

◎1月27日(金)【三重】志摩市
 ほつまなんばり勉強会


◎1月29日(日) 【三重】松阪
縄文カレンダーWS
はなうた
◆時間:13時~
◆場所:はなうた
 三重県松阪市久米町1334 ☎0598-56-6581
◆縄文カレンダー1000円


◎2月12日(日) 【埼玉】東松山
縄文カレンダー・ほつまことほぎWS
ヒーリングサロンazriee
◆時間:13時30分〜16時30分
◆参加費:2,500/(テキスト①全4回:ホツマツタヱ1~3アヤ別途1,000/)
◆場所:埼玉県東松山市
※場所の詳細は参加者の方に改めてメッセージ致します。
https://www.facebook.com/events/269499886802152/
定員 : 12名


◎2月13日(月) 【東京】北区
縄文カレンダー・ほつまことほぎWS
ヒーリングサロンazriee
◆時間:13時30分〜16時30分
◆場所:北とぴあ 808会議室 定員:24名
◆参加費:2,500/(テキスト①全4回:ホツマツタヱ1~3アヤ別途1,000/)
※縄文カレンダー1,000円も別途お求めいただけます。
https://www.facebook.com/events/715627895266951/


◎2月14日(火) 【神奈川】あざみ野
『縄文カレンダー・ほつまことほぎ』ws
◆時間:13:30~16:30(定員8名)
◆参加費:3,500/(テキスト全3回分1,000/含)
◆場所:アートフォーラムあざみ野1F コミュニティスペース
◆ご予約・お問合せ:UNITY 中村光穂 info@unity15.com
≪お申込みフォーム≫
https://ws.formzu.net/fgen/S2811219/
https://www.facebook.com/events/2224672991092237/


◎2月15日(水) 【群馬】前橋
◆午前の部10:00〜12:00(2h) 縄文カレンダーWS
◆午後の部13:00〜16:00(3h) 縄文カレンダー・ほつまことほぎWS
◆場所:前橋市内(参加者に別途ご連絡します)
◆参加費:午前の部1500/+縄文カレンダー1000/
     午後の部2000/+カレンダー1000/+ホツマツタヱ全4回1000/
◆募集:各15名
◆ご予約・お問合せ:西嶋友理 メール:event.yuri@gmail.com
https://www.facebook.com/events/1780248682237150/


◎2月16日(木) 【東京】町田
『縄文カレンダー』ws
◎2月16日木曜【昼の部】
◆場所:ひだまり荘 14時~16時
   ※町田天満宮大鳥居の下に13時半に待合わせ。
    https://tenmangu.newsinet.com/#

◎2月16日 木曜【夜の部】18時~受付 18時半~20時半
◆場所:町田市民フォーラム 男女平等センター3階多目的室
    東京都町田市原町田4-9-8(サウスフロントタワー町田内)

◆参加費(両時間共):2000/+縄文カレンダー別途1000/ 
◆ご予約・お問合:090-6182-8399河上香子まで



◎2月26日(日) 【鳥取】米子
幸せになる家サロン(米子市)
◆時間:10:30~15:00
◆場所:幸せになる家サロン 鳥取県米子市陽田90-23
◆内容:縄文カレンダーWS&あわうたLive♪
http://ameblo.jp/buhirachi/entry-12241471755.html?frm_id=v.jpameblo&device_id=9319b93492d44df58a7bd785d42f64d6
◆参加費:3000/(ランチ含)+縄文カレンダー別途1000円 
◆募集定員:12名
◆ご予約・お問合:buhirachi2000@yahoo.co.jp(幸せになる家サロン)


◎2月27日(月) 【大阪】チャクラ
縄文カレンダー・ほつまことほぎWS
◆時間:昼の部:Open:14:00 Start:15:00~
夜の部:Open:18:00 Start:19:00~
◆場所:チャクラ
大阪府大阪市北区菅原町6-12 ☎06-6361-2624
http://www.chakra-jp.com/whats/whats_index.html
◆参加費:1500/1D付 (テキスト:ホツマツタヱ1~3アヤ別途1000/)
 ※要予約 ※縄文カレンダー1000/も別途お求めいただけます。
◆お問合・ご予約:チャクラ06-6361-2624
https://www.facebook.com/events/564914027051283/


◎2月28日(火) 【岐阜】岐阜市
御嶽山茅萱宮(ちがやのみや) 
縄文カレンダー・ほつまことほぎWS
◆時間:13:00~16:00
◆参加費:2000/(テキスト①全3回:ホツマツタヱ1~3アヤ別途1000/)
※縄文カレンダー別途1000/
◆ご予約・お問合せ:おおたはる香まで、
 お申し込みの際は①お名前、②当日連絡可能な電話番号、③メールアドレスを記載してください。
 メール:egaode.0u0.hahaha---112☆ezweb.ne.jp
(迷惑メール防止のため☆を@に変えて送信ください)
https://www.facebook.com/events/619375908250405/


********


縄文カレンダー2017版、
一冊1000/+送料でお分けしています。
ご希望の方は、お名前・送付先・希望冊数を明記の上、
下記までお問合せください。
お問合せ yoshico1018@yahoo.co.jp 冨山喜子

ありがとうございます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シワス朔(西暦2016.12.29)

2016-12-29 23:06:22 | こよみ
西暦2016年もいよいよ押し詰まってまいりました。
思い起こせば今年一月、
「そうだ!カレンダーを作ろう!!」、とひらめき思い立ち、
池田満先生が見守りくださる中、デザインのきくちゃんや
スーパーアドバイザーのぼんちゃんたちのおかげさまで、
なんと、二月二十九日、晴れて、『縄文カレンダー』誕生と相成りました!
見えない大きな力の働きの賜物と、喜びと感謝でいっぱいです。
もはや、縄文カレンダーなしに私の人生語れません!!笑
日々ヲシテの理解を深めつつ、古代日本の真の姿を熱くお伝えしてまいりたいと思います。
今後とも、ご指導、ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

シワス朔!
シ・ワ・ス、、とヲシテ文字で書いて感じてみる、、。
なるほど~~、、とイメージからいろいろな意味が湧きおこってくる。
師走、、ではわかりませんね。





シワスればやや
つちにみち よろぎねうるひ
うえさむく スヱにひたけて
そらさむく かたちはゑみつ
ヲのはしら    トシウチニナスコトノアヤ

シワスハニミツ
キはねざす なおそらさむく
ツキスエは カヰみなきそひ
ややひらく まだそらさむく
うるおえす ややナメつくる
ハニミヅの ヱにはしらたつ
かみかたち   ミカサフミナメコトノアヤ



旧暦十二月、、シワスになりますと、ヲ(一温)は地中には満ち、
ヨロキネ(樹木の根)に潤いが充ちますが、地表はまだ寒いまま。
月末には、カヰに実が入り、漸くにハル(春)の兆し、、ですが、
寒風が空を吹き荒れ、潤い(兆し)を得るまでには至りません。
ヱのカミカタチ(文字形)は、
横棒を地表、地面になぞらえ、ヲ温がミツの流れのように地中を潤しているさま、
地表ではいまだ寒風吹き荒れ、地中の潤いが霜柱と立つ形。





今年の年末年始は暖かいそうで♡
私の年末年始は、毎年、神宮さまの篝火ご奉仕に参加しています。
大晦日の点灯式から翌元旦5時まで、篝火守りのご奉仕です。
点灯式には「君が代」を奏上いたします。
みなさまもどうぞ良いお年をお迎えください。





『縄文カレンダー』-西暦2017版-2016.12.14~2018.1.1
-閏サツキの十三月の年-
1冊1000円と送料でお分けしています。
ご希望の際は、
送り先のご住所、お名前、希望冊数を明記の上、
下記までメールにてお知らせください。
送料は冊数により異なりますので、折り返し、
合計金額と振込先をお知らせ致します。
どうぞよろしくお願いいたします。
ご予約【メール】yoshico1018@yahoo.co.jp


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『縄文カレンダー』1月のワークショップのお知らせ@【千葉・大阪・滋賀・三重】

2016-12-26 22:53:16 | ほつまことほぎWSお知らせ

西暦2016年も残すとことあと少しです。
今年の2月29日『縄文カレンダー』誕生してまだ一年経っていませんが、、
もはや私の人生『縄文カレンダー』なくしては語れません!
縄文カレンダーを通してつながるすべてのみなさまに
心より感謝申し上げます。
日々精進し、さらに理解を深め、ワークショップを通して、
縄文と呼ばれる古代日本の真の尊き姿を熱く語ってまいりたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


◎縄文カレンダーとは、、
紀元前、、
縄文文字ヲシテで記された、古代日本の先人たちの残し文より、
古代日本の年中行事(祭りなど)をヲシテ文字原文と大意で表し、
現在のカレンダー(太陰太陽暦)にシンクロした暦です。

縄文時代を解き明かす、
今の世に伝える古代日本の真の尊き姿☆彡
みんなで一緒にうたう、「アワウタ」も伝授いたします!
どうぞお気軽にご参加ください。


『縄文カレンダー・ほつまことほぎ』【1月】ワークショップのお知らせ


  


◎1月13日(金) 【千葉】香取小見川
縄文カレンダー2017版WS
弘鈴庵
◆時間:昼の部 13:00~
    夜の部 20:00~
◆場所:麗屋 弘鈴庵 -Raiya Kourinan-
    千葉県香取市小見川367
    http://www.raiya-kourinan.com/
    Tel 0478-79-0706
    Mail raiyakourian@gmail.com
    FB https://www.facebook.com/kourinan/
    https://www.facebook.com/events/212466805880094/
◆参加費:1500/(カレンダー別途1000/)+1ドリンク
◆お問合・ご予約:麗屋 弘鈴庵 Tel 0478-79-0706


◎1月14日(土) 【千葉】蘇我
縄文カレンダー2017版WS
ゆいま~る
◆時間:13時~16時  縄文カレンダー ワークショップ&teatime質疑応答 
◆参加費:1500/ お茶、お茶菓子付 (縄文カレンダー別途1000/)
https://www.facebook.com/events/1338557489520143/
◆場所:助け愛のレンタルスペース&カフェゆいま~る
◉住所千葉市中央区蘇我1-34-15
◉最寄り駅 蘇我駅 西口から 徒歩15分
◉駐車場 南側に3台。有料駐車場などもありますので詳しくはお問い合わせください
◉お申し込み、お問い合わせは、以下を記入しFAXでお願いします。
 FAX:043-371-8817
①お名前 ②ご連絡先 ③参加するセミナー名、と 日時
④交通手段 ⑤その他、ご質問など ご自由に♡♡♡


◎1月24日(火) 【大阪】大阪市北区
縄文カレンダー・ほつまことほぎWS
チャクラ
◆時間:昼の部:Open:14:00 Start:15:00~
夜の部:Open:18:00 Start:19:00~
◆場所:チャクラ
大阪府大阪市北区菅原町6-12 ☎06-6361-2624
http://www.chakra-jp.com/whats/whats_index.html
◆参加費:1500/1D付 (テキスト:ホツマツタヱ1~3アヤ別途1000/)
 ※要予約
※縄文カレンダー1000/も別途お求めいただけます。
◆お問合・ご予約:チャクラ06-6361-2624
https://www.facebook.com/events/564914027051283/
◆内容:今回はホツマツタヱの二アヤ、「アメナナヨ トコミキのアヤ」。
天地開闢のお話、そして初代アマカミ・クニトコタチの誕生から七代イサナギ・イサナミまでの古代日本史。
初代クニトコタチは、竪穴式住居や栗の植栽などを考案普及指導し、タミを育み、恵民立国としてクニを生した偉大なるリーダーであったとヲシテ文献は伝えています。
また、ヒナマツリは四代ウヒチニ・スヒチニの日本初のトツギの儀式を記念してのお祭りと詳しく記されています。
また、縄文カレンダーより、古代日本の新年の行事や祭りのお話、
春の七草は今もおんなじレシピ!なんと紀元前からですよ!
今回も目からうろこの情報満載です。
縄文時代を解き明かす、今の世に伝えるヒノモトの尊き姿☆彡
どうぞお気軽にご参加ください。


◎1月25日(水)【滋賀】高島市
詳細後報。

◎1月29日(日) 【三重】松阪
はなうた

詳細後報。





縄文カレンダー2017版、
一冊1000/+送料でお分けしています。
ご希望の方は、お名前・送付先・希望冊数を明記の上、
下記までお問合せください。
お問合せ yoshico1018@yahoo.co.jp 冨山喜子

ありがとうございます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『縄文カレンダー』2017版WS【東京・神奈川・静岡】12月!

2016-12-16 21:33:13 | ほつまことほぎWSお知らせ

縄文カレンダー2017版WS関東ツアー(12/18~22)のお知らせです。
どうぞよろしくお願いいたします!!!

『縄文カレンダー』WS-2017版-閏月の年-

   

◎縄文カレンダーとは
漢字(大陸思想)伝来以前の古代日本で使われていた、
縄文文字ヲシテで書かれた文献に記された当時の年中行事を
現在のカレンダーにシンクロさせたコヨミです。

ヲシテ文献とは、
48音韻のヲシテ文字により
古代日本のヤマトコトバで
天地開闢からの歴史や思想、教え、
また古代日本独自の概念による世界観や死生観などが
五・七調のワカ(和歌)の形態で綴られた歴史書であり哲学書です。

『縄文カレンダー』WSでは、
ヲシテ文献から読み取れる、知られざる縄文と呼ばれる時代を背景に
古来日本の慣わしや祭りの由来、季節の感じ方や暦の概念など、
さらに、ヲシテ文字の仕組みや読み解き、
また、楽しく覚えるアワウタもご紹介いたします。

日本語に、そしてコヨミに息づく縄文の叡智!
どなたさまもどうぞお気軽にご参加ください。

『縄文カレンダー』-新年度版-ワークショップツアー

【東京】ヒーリングサロンazriee(北区王子)
◆日時:12月18日 日曜日13:30~15:30
◆場所:北とぴあ 東京都北区王子1-11-1☎03-5390-1100
◆参加費:3,500縁(カレンダー含む)
会場へは、13時過ぎから入れます。
https://www.facebook.com/events/985151881596168/


【東京】ディヴァライト(大田区)
◆日時:12月19日 月曜19:00~21:00
◆場所:ディヴァライト
 東京都大田区東雪谷3-11-17 ☎03-6451-7830
◆参加費:3,500縁(縄文カレンダー・お茶・お菓子付)
https://www.facebook.com/events/695676227266731/
ディヴァライトHP:http://divalight.jp/special/detail/id/330
申し込みページ:http://divalight.jp/subscribe/course/id/2034


【東京】カフェ・オハナ(三軒茶屋)
◆日時:12月20日 火曜19:30~21:30(open19:00~)
◆場所:ふろむあーすカフェ・オハナ
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 1F
(駅徒歩2分、246通り沿い1F)
☎03-5433-8787
http://www.cafe-ohana.com/access.html
◆参加費:2500円+1order
(縄文カレンダー新年度版付。※お持ちの方は1000円引)
 定員25名※要予約。
◆ご予約・お問合は以下のフォームよりお願いします。
 http://form1.fc2.com/form/?id=914809
ナチュラル&ピースSHOP+オーガニックベジCAFE
ふろむあーす&カフェオハナ
https://www.facebook.com/fromEarthCafe.OHANA/
http://www.cafe-ohana.com/


【神奈川】横浜『アートフォーラムあざみ野』
◆日時:12月21日 水曜 
13:15~受付開始 13:45~スタート(約2時間位の予定)
◆場所:アートフォーラムあざみ野「セミナールーム1、2」
 ※会場は「ハーブコミュニティー」という名前で予約をしています。
http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-c/c-kita/accessmap/
◆参加費:3000円(縄文カレンダー1000円付)
 定員:50名※要予約
◆お問合せ先・UNITY中村光穂 info@unity15.com
≪お申込みフォーム≫
https://ws.formzu.net/fgen/S2811219/
https://www.facebook.com/events/1892573357630159/


【静岡】フジビジョン(富士宮市)
◆日時:12月22日 木曜 13:30~15:30(受付13時~)
◆場所:フジビジョン 静岡県富士宮市大宮町8-4
    http://fujivision.tv/  
◆参加費:1100円 ※縄文カレンダー別途1000円 
     ◎お茶・お菓子200円もご利用いただけます。
◆ご予約・お問合:mtfujinomoto@yahoo.co.jp(旗持みえこ)
https://www.facebook.com/events/1111353658950290/



シェアガイド:冨山喜子 
ウタを通して大地と共鳴する喜びを体感!
言祝ぎ歌うジャンルを超えたウタカタリ。
ホツマツタヱ勉強会-ほつまことほぎWS-も関東・関西を中心に開催中!
【メール】yoshico1018@yahoo.co.jp
【ブログ】喜びの種☆ http://blog.goo.ne.jp/ten380445

◎縄文カレンダー2017度版は、西暦2016.12.14始まりです。
一冊1000円+送料でお分けしています。
ご希望の際は、お名前・ご住所・ご希望冊数を
メールにて下記宛にお知らせください。
順に郵送させていただきます。
郵送料は冊数により異なりますので、
ご住所等お知らせいただいたのち、改めて振込先等ご連絡いたします。
どうぞよろしくお願いします。
【メール】yoshico1018@yahoo.co.jp

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シモツキ望!ウイナメヱ(西暦2016.12.14)

2016-12-15 18:27:51 | こよみ

縄文カレンダーはじまりの日、シモツキ満月!
ヱのナメ、、いわゆる、年度のはじまりです。
本来であれば、冬至のあとに満月がわかりやすいのですが、、
月の巡りが早めに冬至を告げています。
冬至は最も夜が長い日。
そこから折り返し、少~しずつ昼が長くなってきますね♡
その表しが一温(ヲ)の再来!


写真:伊勢神宮宇治橋 伊勢志摩経済新聞より


ホツマツタヱの最初のアヤの中に
ミフユカミオキ とあります。
三歳の冬の至りの日には髪おきの儀
また、
ヰトシフユ ヲハハカマキル
メハカツキ コトハオナオス
アワウタオ ツネニオシエテ とあります。
五歳の冬の至りには、言葉の習い初め、正装での儀式です。
そして言葉をナオス、アワウタを教えてゆきます。
年度初め、、なんとまさに入学式じゃあありませんか!!!
十一月望は11月15日、、七五三の祝いとして今に承継されています。

また、西暦11月23日は新嘗祭ですが、
いつからこの日なのか、、調べてみると、
明治6年の太陽暦採用に際して新暦11月23日とされた。とな、、
さらにその前の元禄時代には、旧暦11月の卯の日だったそな、、
旧暦の11月13~24日のいずれかの日が該当する。とな、、
なんだか、時の政府の都合で決まっているんですね。
私見ですが、、
ニイナメサイってそもそも「ウイナメヱ」なのではなかったのかと、、
いや絶対そうです。きっと。。


さて、
シモツキのナカより、季節は『ミ』から『ヱ』のナメに移ります。

ヱはネのみつの
ヒトヲガミ ひのみちささげ
ネにかゑす ヒトヲふせても
あめわゆき トのカミヲシテ
ウイナメヱ
   トシユキニナスコトのアヤより

ヱのナメはネに
しものなか ヒウおまねけは
カツメカミ かぢおねにひき
ひおむかふ このウイナメは
いまののと こほしまつりて
ヲメくりに くろまめゐひの
ちからそふ
   ナメコトのアヤより



ヱの季節は、夜中のアクタ(天の川)がキタ(北)に来る季節。
メ(冷たさを為す働き)のカミの極まりの『冬至』を過ぎ、
ネ(根・固める働き・冷棒)が三本となり、
一本のヲ(温かさを為す働き)を招きます。
一本のヲが生じても、アメ(雨)はまだ固まったユキ(雪)です。
この時期に行う「ウイナメ」は、
温かさの働きの一本生じた再来を祝って、
大宇宙の中心と季節のもたらす恵みを祭り、
そして、祖先を祭る行事です。
二代アマカミ・クニサツチ時代の『コホシマツリ(九星・宇宙の中心アウワとトホカミヱヒタメの八カミ)』に由来しています。
クロマメのヰヒ(黒豆おこわ)を食し、身体に力を備えるようにします。

志摩の南張では、この季節にクロササゲという黒豆でおこわを作っていたそうです!
今は黒ささげ(豆)を作っていないそうですが、「作ろう作ろう!」とおっしゃっていました!!
伊勢志摩の風習の中に、ホツマの教えが芳しく香っているようです(*^^*)
また、現在のマクロビでも、冬至の養生として、陽の食べ物を食すとあり、
黒いもの(黒豆・黒砂糖など)を食べるのがよいと紹介されています。
縄文の叡智、恐るべしです!




『縄文カレンダー』-西暦2017版-2016.12.14~2018.1.1
-閏サツキの十三月の年-



1冊1000円と送料でお分けしています。
ご希望の際は、
送り先のご住所、お名前、希望冊数を明記の上、
下記までメールにてお知らせください。
送料は冊数により異なりますので、折り返し、
合計金額と振込先をお知らせ致します。
どうぞよろしくお願いいたします。
ご予約【メール】yoshico1018@yahoo.co.jp


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シモツキ朔(西暦2016.11.29)

2016-11-29 00:40:38 | こよみ
冬至る、、冬至まであと一カ月を切りました!
北風ゴォーゴォーな志摩です。

昨年の旧暦シモツキ朔は、西暦12月11日でした。
月の巡りが前乗りに、日の巡りとの差が開いてきました。
来年は閏サツキの十三月の年です。



英虞湾の夕焼け 慕情が丘より


ネのツキつゆも
しもばしら こがらしふけは
きばみおち ヒラギハツクサ
めはるなり かたちかぜもつ
ミモトカミ
   トシウチニナスコトノアヤ


シモツキ(旧暦十一月)には、
地面に満ちた「メ(冷たさを為す働き)」が溢れてツユ(露)となり、
寒さで凍えてシモハシラ(霜柱)を登らせ立てます。
木枯らしの冷たい風が吹き、木々の葉は、黄ばみ落ちてゆきます。
その中で、ヒラキ(柊)は白い花を咲かせ、頼もしいものです。
ヒイラギをハツクサとして魔除けにするのは、
新年を迎えるしめ飾りに相応しいからです。

参考:よみがえる日本語Ⅱ(明治書院)
  :日本ヲシテ研究所「ミカサフミ」の大意
   http://woshite.com/page5.html


 


縄文カレンダー-2017版-シモツキ朔*完成です!
閏サツキの十三月の年。
一年に月の巡りの十三回をコヨミをとおして体感したいです♡



『縄文カレンダー』-西暦2017版-2016.12.14~2018.1.1
1冊1000円と送料でお分けしています。
ご希望の際は、
送り先のご住所、お名前、希望冊数を明記の上、
下記までメールにてお知らせください。
送料は冊数により異なりますので、折り返し、
合計金額と振込先をお知らせ致します。
どうぞよろしくお願いいたします。
ご予約【メール】yoshico1018@yahoo.co.jp




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『縄文カレンダー』-2017版-閏サツキの十三月の暦

2016-11-22 20:00:23 | こよみ

縄文カレンダー-2017版-
ついに、今月末完成予定です♪





スーパームーンの満月の下、表紙を書き上げました!
そして昨夜入稿し、新月パワーをいただいて、
11月末、誕生です♡

太陰太陽暦での2017年度は、月の巡りと日の巡りを調整するための閏月が挿入される年です。
月の巡りのサツキ(五月)が2回訪れ、月の巡りが一年に十三回です。
なんだか少し忙しそうな、充実の一年の予感です!
縄文カレンダーとともに、季節を感じ、
時空を超えて、縄文と呼ばれる古代日本を体感してください。



◎縄文カレンダー-2017版-ご予約承ります!




一冊1000円+送料でお分けしています。
ご希望の方は、お名前・ご住所・ご希望冊数をメールにて下記宛にお知らせください。

完成しだい、順に郵送させていただきます。
郵送料は冊数により異なりますので、ご住所等お知らせいただいたのち、
改めて振込先等ご連絡いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

【メール】yoshico1018@yahoo.co.jp

毎月末日に伊勢の修養団で開催されていた
池田満先生のホツマツタヱ勉強会が、
なんと、今月で最終回というショッキングな事態、、ですが、、
その最終回に、縄文カレンダー2017版を
池田先生に感謝を込めてお渡ししたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加