喜びの種☆

yoshicoの徒然日月
ひとふたみよ
いつむゆななやここのたり、、ももちよろず
天の数歌

ウツキ朔日(西暦4月26日)

2017-04-24 16:35:20 | こよみ

ウツキ(旧暦四月)のウは「大いなる、いままさに、動く、産まれる、、」のウ!
ウツキ朔よりメの季節に入ります!
ウヲ(最大の温)のメの季節は、ウツキ朔日(立夏頃)からサツキ満月(夏至の頃)、
ナ(成り)・ツ(集まる)、、いよいよ夏の季節の到来です!
ウレシ~~~♡^^♡






メのナメは ウメのいもみづ   
ウツキより ウヲおまねきて   
ナツおつぐ ミハわたぬきて 
  (ミカサフミナメコトのアヤ)
   

ウツキになると、ウヲ(最大の温かさ)を招き、
ナツ(成り集まる)の季節の到来を告げます。
夏至の前後ひと月ほどは、サミタレ(梅雨)に入り、
早苗は青さを増してきます。
ウツキナカ(旧暦四月中旬)にはミハ(衣服)からワタ(保温の材料)を抜きます。


縄文カレンダー
一冊1,000円でお分けしています。
ご希望の方は、、
●お名前●ご住所●冊数を下記宛、メールにてお知らせください。
頒価と郵送料の振り込みをお願いします。
郵送料は冊数により異なりますので、折り返しこちらこら
振込先等、ご連絡申し上げます。
【Mail】yoshico1018@yahoo.co.jp

日々の暮らしの中、縄文の息吹を感じていただけたらと思います。
ありがとうございます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤヨイ望(西暦2017.4.11)

2017-04-11 10:16:34 | こよみ

今年の桜は見ごろが長く美しい春爛漫を楽しませてくれていますね!
ヤヨイ満月、ちょうど関東ツアー中、東京の街路樹の桜も千鳥が淵も見事な満開!、
最終日の群馬前橋では、満開の桜と風にそよぐヤナギに心も軽く~
東名から伊勢道もいたるところで満開桜~~ロングドライブも心地よく~
ハラハラ・ヒラヒラ・サクラフブキ~のハルウララ~でございました🌸

春麗(はるうらら)、、漢字のイメージは麗しきかな~な華やかさ、、かな
ヲシテのハルウララは、まさに春のエネルギー炸裂~~なワクワクな勢いが感じられます♡






ヤヨイナカより         
かげろひて ナエおいそだつ   
ワのなかに ミひかりのあし   
ナカにみつ これカミカタチ
  (ミカサフミナメコトのアヤ)
         

ヤヨイ中頃から月末になると、立ち湧く陽炎が、苗の育成を助けます。
しだいに日も少しずつ長くなり、大気も温められ、街路樹の新芽も日に日に葉が枝を覆い色づいてきます。




縄文カレンダー
一冊1,000円でお分けしています。
ご希望の方は、、
●お名前●ご住所●冊数を下記宛、メールにてお知らせください。
頒価と郵送料の振り込みをお願いします。
郵送料は冊数により異なりますので、折り返しこちらこら
振込先等、ご連絡申し上げます。
【Mail】yoshico1018@yahoo.co.jp

日々の暮らしの中、縄文の息吹を感じていただけたらと思います。
ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひな祭り(旧暦三月三日・西暦2017.3.30)

2017-03-29 22:09:16 | こよみ

ヤヨイ三日、ひな祭りです🌸
ホツマツタヱには、日本で最初のトツギの儀式を記念したお祭りとして
詳しく記されています。


ヤヨヰきて モモさきメヲの
ひなまつり
 クサモチサケに
ひくゑもせ
 (トシウチニナスコトのアヤ)






「夫婦」は訓読みで「メヲト」。
ヲシテ文字からの解釈では、、
メ(女性)・ヲ(男性)・ト(互いに力を合わせしっかり為し(生し)え、子孫につなげる)
となります。

また、日本最初の国号はトコヨクニ。
トコヨクニとは、トの教えを建国の理念としたことから。
「タミが力を合わせ、得意を持ち寄りみんなでより良い世を為しつなげてゆく」
という意が込められています。
結婚式は「ト」継ぎの儀なのです。





さらに、結婚式に重要なのはミキ(御酒)。
神前結婚式では三三九度が酌み交わされます。
三三とは、、「ヤヨイ(三月)の三日」ではないでしょうか?!
また「九」は訓読みでは「ココノツ」、「コ」はトコヨクニの「コ」でもあり、
つながりをしっかりと安定させる、、固めの意です。
そして、「度」、、「ト」です。
三三九度とは、「ヤヨイ三日のトツギ固めのミキ(酒)」と解釈できます!!!

ひなまつりの由来は四代アマカミ、ウヒチニ・スヒチニさんの
桃の花の許での日本で最初の結婚の儀式を記念し、
男女にトツギのノリ(法)を教え導いてゆくお祭りです。
桃は、花も実もモモ(百)に生りゆく、子孫繁栄の象徴でもあり、
ホツマツタヱのニアヤには、以下のように記されています。

ヨつぎのヲカミ         
ウビチニの スビチおいるる   
さひあひの そのもとおりわ   
コシクニの ヒナルノタケの   
かんみやに キのミおもちて   
あれませば にわにうゑおく   
ミトセのち ヤヨヒのミカに   
はなもみも モモなるゆえに   
モモのはな フタカミのなも   
モモヒナギ モモヒナミなり
 

また、ヒナマツリの「ヒナ」とは「ヒト(一から十)」なる前、、
結婚してはじめて一人前という意味が込められているそうです。
メヲトとは、女性(メ)と男性(ヲ)が一組(ト)となる、、
トツグとは、トのヲシヱ(互恵の精神、互いに助け合い子孫につなげる、、)を継ぐ、、
という意味のヤマトコトハなのですね!
夫婦や嫁ぐ、三三九度のように、
漢字にしてしまうと本来の意味がわからなくなってしまいますね、、。





桃の花の許、細い三日月をミキ(お酒)に浮かべて、
身(ミ)ごもる女性から先にのみ、兆(キざ)すエネルギーの男性にすすめます。
逆さに映る月のことからサカヅキの名が生まれたそうです。
お内裏様とお雛様は結婚の儀のお姿だったのですね。
北(ネ・根)を背に、身にナミ受ける南を仰ぎ、
左(兆しの春・東)にお内裏様、右(実りの秋・西)にお雛様のお並びの位置が、
エネルギー的に整う位置とヲシテ文献では伝えています。
現在の天皇皇后両陛下のお並びの位置は、近代、世界標準にお合わせになられたとか、、
なんだかとても残念に感じてしまいます。

桃の花の下、夕暮れの細い三日月を愛でながら、男女でお酒を酌み交わす、、
春の大人のひな祭りとして復活させたいですね!

うれしいひな祭りの節にあわのうたをのせると
ピッタリはまって楽しくなりますよ♪

あかはなま~いきひにみうく~
ふぬむえけ~へねめおこほの~
も~とろそよぉをてれせゑつる~
す~ゆんちりしゐたらさやわ~

きょうはたのしいたらさやわ~~(^^♪
みなさま、よいヒナマツリをお過ごしください。


縄文カレンダー
一冊1,000円でお分けしています。
ご希望の方は、、
●お名前●ご住所●冊数を下記宛、メールにてお知らせください。
頒価と郵送料の振り込みをお願いします。
郵送料は冊数により異なりますので、折り返しこちらこら
振込先等、ご連絡申し上げます。
【Mail】yoshico1018@yahoo.co.jp

関東・関西を中心に各地で縄文カレンダーワークショップも開催しています。
四月の予定はこちら↓です。
http://blog.goo.ne.jp/ten380445/e/acf72040c540a04cb9953282a9ca542a
どうぞよろしくお願いいたします。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『縄文カレンダー』・『ほつまことほぎ』ワークショップのお知らせ。(3.28現在)

2017-03-29 00:19:07 | ほつまことほぎWSお知らせ

今後のワークショップの予定です。
◎縄文カレンダーとは、、紀元前、、
縄文文字ヲシテで記された、古代日本の先人たちの残し文より、
古代日本の年中行事(祭りなど)をヲシテ文字原文と大意で表し、
現在のカレンダー(太陰太陽暦)にシンクロさせた暦です。
古代日本の先人たちの尊き遺し文。
「ホツマツタヱ」をはじめ、ヲシテ文献を紐解きながら、
日本語に息づく縄文の叡智をぜひご体感ください。

決まりましたら随時追加アップいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
※出張WSもご相談ください。問:yoshico1018@yahoo.co.jp 冨山





◆3月30日(木)旧暦ヤヨイ三日ひなまつり 【三重】志摩市浜島
◎ホツマなんばり勉強会 17アヤ 13時~
◎参加費:1300/
※参加ご希望の方は下記宛ご一報ください。
問:yoshico1018@yahoo.co.jp 冨山


◆4月8日(土) 【東京】大田区
『縄文カレンダー』ws
◎時間:12時~14時
◎場所:ディヴァライト 大田区東雪谷3-11-17
◎参加費:3500/(縄文カレンダー・お茶・お菓子付)
 ※縄文カレンダーお持ちの方は1000円引。
◎ご予約・お問合わせ:http://divalight.jp/special/detail/id/330


◆4月8日(土) 【東京】大田区
『ほつまことほぎ』①1/3回ホツマツタヱ1アヤ
◎時間:15時~18時
◎場所:ディヴァライト
◎参加費:3000/(お茶・お菓子付)
※テキスト別途:ホツマツタエ1-3アヤ(全3回)1,000/・縄文カレンダー1,000/
※テキスト・縄文カレンダーお持ちの方は、ご持参ください。
◎ご予約・お問合わせ:http://divalight.jp/special/detail/id/330
https://www.facebook.com/events/1172719102837228/


◆4月10日(月) 【東京】北区
『縄文カレンダー・ほつまことほぎ』①2/4回ホツマツタヱ1アヤ
◎時間:13時〜17時
◎場所 : 東京都北区北とぴあ 803会議室
◎参加費:2,500/
※テキスト別途:①全4回:ホツマツタヱ1~3アヤ1,000/
※縄文カレンダー1,000円も別途お求めいただけます。
https://www.facebook.com/events/798485123s637068/

◆4月11日(火) 【神奈川】あざみ野
『縄文カレンダー・ほつまことほぎ』①2/3回 
◎場所:アートフォーラムあざみ野 1Fコミュニティースペース
◎13時半~16時半
◎参加費:2500/ ※テキスト全三回共通別途1,000/
※縄文カレンダー・テキストお持ちの方はご持参ください。
◎お問合せ:info@unity15.com UNITY 中村光穂
◎お申込みフォーム:https://ws.formzu.net/fgen/S2811219/


◆4月12日(水) 【群馬】前橋市
◎10時~12時『縄文カレンダー』ws
◎13時~16時『縄文カレンダー・ほつまことほぎ』①2/4回ホツマツタエ1アヤ
◎場所:前橋市内(参加者に別途ご連絡します)
◎参加費:
午前の部1500/※縄文カレンダー別途1000/
午後の部2000/※別途縄文カレンダー1000/・テキスト(全4回共通)1000/
◎ご予約・お問合せ:西嶋友理 メール:event.yuri@gmail.com
https://www.facebook.com/events/1731767003802671/

◆4月18日(火) 【大阪】大阪市北区
『縄文カレンダー・ほつまことほぎ』②2/3回-5アヤ
昼の部:Open:14:00 Start:15:00~
夜の部:Open:18:00 Start:19:00~
◎場所:チャクラ 北区菅原町6-12
◎ご予約・問: 06-6361-2624


*****

『縄文カレンダー』一冊1000/+送料でお分けしています。
ご希望の方は、お名前・送付先・希望冊数を明記の上、
下記までお問合せください。
お問合せ yoshico1018@yahoo.co.jp 冨山喜子

ありがとうございます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤヨイ朔(西暦2017.3.28)

2017-03-28 23:39:42 | こよみ

桜の開花宣言もあちらこちらで聞かれる今日この頃🌸
ヤヨイ朔、タの季節も中盤に入りました。

音韻の持つ目に見えないエネルギーを目に見える形に表したヲシテ文字。
タの母音の○はウツホ、気体を表しています。
タ行の子音のYは足し算のタでもあり、集める、掛け合わせるの意味もあり、
季節の表しとしては温かさのもたらしの三本でもあります。
春分を超えて、温められた空気が降り注ぐ、、そんなイメージ♡







また、夏至を過ぎるとトの季節ですが、、
トの母音は□、固体、固まる、安定するなどの意。
そのころには地中までしっかりと温められ暑い暑い季節の表し。

ヲシテ文字の表しのイメージが広げると、
日本語(ヤマトコトハ)からたくさんの感動が生まれてきます!
いよいよ新学期!
まずは縄文カレンダーから、古代日本の叡智にふれてみませんか♪



大阪チャクラにて


ヤヨイのはしめ         
モモヤナキ ミキひなまつり   
ヱモギモチ タミなわしろに   
タネおまく
  (ミカサフミナメコトのアヤ) 
        

ヤヨイ(旧暦三月・西暦2017.03.30より)には、
ヤナキ(柳)が芽吹き、モモ(桃)が咲いてきます。
この頃、ナワシロ(苗代)に種を蒔きます。
ヨモギをお餅につき込んで草餅にしていただきます。

うちのお庭にもヨモギが芽吹いてきました♡
天然自然の季節の恵み、新芽を摘んでいただきます!


縄文カレンダー
一冊1,000円でお分けしています。
ご希望の方は、、
●お名前●ご住所●冊数を下記宛、メールにてお知らせください。
頒価と郵送料の振り込みをお願いします。
郵送料は冊数により異なりますので、折り返しこちらこら
振込先等、ご連絡申し上げます。
【Mail】yoshico1018@yahoo.co.jp

関東・関西を中心に各地で縄文カレンダーワークショップも開催しています。
四月の予定はこちら↓です。
http://blog.goo.ne.jp/ten380445/e/acf72040c540a04cb9953282a9ca542a


日々の暮らしの中、縄文の息吹を感じていただけたらと思います。
ありがとうございます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キサラキ・モチ(旧暦二月満月・西暦2017.3.12)

2017-03-09 22:41:17 | こよみ

いよいよ春本番!『タの季節』を迎えました!
本来ならばタの季節の始まりは春分の頃ですが、
今年は月と太陽の巡りの調整年、月の巡りが13回あるので、
少し早めに月が春本番を告げています。

これからさらに日もどんどん長くなる(^^♪
タのヲシテ文字の三本棒は温かな太陽の光を表しています。
楽しいとは、、天から温かな日差しが地表に降り注ぐ、、
そんな充ち満ちたワクワク感♪という意味でもありますね♡





タはキそらてる
ミツヲカミ キサラキナカに
ミツヲきて アオヒトクサお
うるおせば イトユフのどか
  (トシウチニナスコトのアヤ)



キサラキのナカ(中)からタの季節!
真夜中のアクタ(天の川)がキ(東)に位置し、タの守りの内に入ります。
春分を迎えると、ヲ(温)が三本となり、温かな空気が差し込んでくる時期。
アオヒトクサ(人々)も潤されて、伸びやかになります。
地中から細い陽炎も立ち涌いてのどかです。
イトユフとは、ほのかに日が陽炎うさまをいう言葉。


  


『縄文カレンダー』一冊1,000円でお分けしています。
ご希望の方は、、
●お名前●ご住所●冊数を下記宛、メールにてお知らせください。
頒価と郵送料の振り込みをお願いします。
郵送料は冊数により異なりますので、折り返し振込先等、ご連絡申し上げます。
【Mail】yoshico1018@yahoo.co.jp

また、縄文カレンダーをより理解してお使いいただくためのワークショップも開催しています。
3月、4月の日程はこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/ten380445/e/fbe03cd2e181f0ba02d39d7e60216cab
どうぞよろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『縄文カレンダー』・『ほつまことほぎ』ワークショップのお知らせ。(2.25現在)

2017-02-25 23:13:16 | ほつまことほぎWSお知らせ

西暦2月26日新月。
縄文カレンダー、キサラキ朔を迎えました。
いよいよ春本番へと向かいます!
先日の関東ツアー中に、伊勢志摩ほつまツアー企画が浮上しました。
ヲシテ所縁の伊勢志摩の四季折々の原風景、、の中、、古代日本にアクセスします。
『伊勢志摩ほつま』ws近日公開!?

『縄文カレンダー』・『ほつまことほぎ』今後のワークショップの予定です。

◎縄文カレンダーとは、、紀元前、、
縄文文字ヲシテで記された、古代日本の先人たちの残し文より、
古代日本の年中行事(祭りなど)をヲシテ文字原文と大意で表し、
現在のカレンダー(太陰太陽暦)にシンクロした暦です。
古代日本の先人たちの尊き遺し文。
「ホツマツタヱ」をはじめ、ヲシテ文献を紐解きながら、
日本語に息づく縄文の叡智をぜひご体感ください。
縄文カレンダーの季節のお話もご紹介いたします。

決まりましたら随時追加アップいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
※出張WSもご相談ください。問:yoshico1018@yahoo.co.jp 冨山




◆2月27日(月) 【大阪】大阪市北区
『縄文カレンダー・ほつまことほぎ』WS 
◎時間:昼の部:Open:14:00 Start:15:00~
夜の部:Open:18:00 Start:19:00~
◎場所:チャクラ
大阪府大阪市北区菅原町6-12 ☎06-6361-2624
http://www.chakra-jp.com/whats/whats_index.html
◎参加費:1500/1D付 (テキスト3回共通:ホツマツタヱ1~3アヤ別途1000/)
 ※要予約
※縄文カレンダー1000/も別途お求めいただけます。
◎お問合・ご予約:チャクラ06-6361-2624
https://www.facebook.com/events/740130776150974/
◎内容:ホツマツタヱの三アヤ、「ヒヒメ・ミヲウムトノのアヤ」。
七代アマカミ・イサナギ・イサナミさんのお話。
フタカミの新婚生活は筑波山麓のイサミヤからはじまりました。
あなにえや、、クニウミのコトアゲの成り行きも仔細に記されています。
また、縄文カレンダーより、古代日本の新年の行事や祭りのお話、
ヒナマツリの発祥は、四代ウヒチニ・スヒチニの日本初のトツギの儀式を記念してのお祭り。
ヤヨイ三日、桃の花の許、トツギ固めのミキ(御酒)にミカ月を浮かべてすすめます♡

◆2月28日(火) 【岐阜】岐阜市
『縄文カレンダー・ほつまことほぎ』①1/3回 
◎時間:13時~16時
◎場所:御嶽山茅萱宮【岐阜市萱場南3-4-25】
◎参加費:2000/
※テキスト別途:①全3回ホツマツタエ1-3アヤ1000/・縄文カレンダー1000/
★お子様連れでの参加可能です♪
(託児は無く同じお部屋での参加となりますので、お子様の安全確保は各自でお願い致します。)
◎ご予約・お問合せ:おおたはる香まで、
メール:egaode.0u0.hahaha---112☆ezweb.ne.jp
(迷惑メール防止のため☆を@に変えて送信ください)
※お申し込みの際は①お名前、②当日連絡可能な電話番号、③メールアドレスを記載してください。
https://www.facebook.com/events/619375908250405/
◎内容:季節にまつわる行事のお話とホツマツタヱ本文を一アヤより学びます。
初回はホツマツタヱの一アヤ、「キツのナとホムシさるアヤ」。
ワカ(和歌)のお話、、まだ幼い頃のワカヒメ・ヒルコさまがキツサネ(東西南北)の名の謂れについてご質問なさいます。お答えになるカナサキ(スミヨシ)さんは聡明なワカヒメに、太陽の位置になぞらえ、米を焚くカマになぞらえ、建築物になぞらえ、季節になぞらえつつ、わかりやすく、すべてつながっている天地自然のノリ(法)をお説きになりました。



◆3月11日(土) 【埼玉】東松山市
『縄文カレンダー・ほつまことほぎ』①2/4回
◎時間:13時〜17時
◎場所 : ヒーリングサロンazriee※場所の詳細は参加者の方に改めてメッセージ致します。
◎参加費:3,000/
※テキスト別途:①全4回:ホツマツタヱ1~3アヤ1,000/
※縄文カレンダー1,000/も別途お求めいただけます。
◎ご予約・お問合わせ:http://www.azriee.com/
https://www.facebook.com/events/382671438761853/?notif_t=plan_user_invited¬if_id=1487051563962410


◆3月12日(日) 【千葉】蘇我
『縄文カレンダー・ほつまことほぎ』①1/3回
◎時間:13時~16時
◎場所:ゆいま~る 千葉市中央区蘇我1-34-15
◎参加費:2000/
※ テキスト全三回共通別途1,000
※ 縄文カレンダー・テキストをお持ちの方はご持参ください。
◎ご予約・お問合せ:西口章子携帯 080 5030 4026 まで
https://www.facebook.com/events/1342227279162364/


◆3月15日(水) 【神奈川】あざみ野
『縄文カレンダー・ほつまことほぎ』①1/3回 
◎時間:13時半~16時半(定員8名)
◎場所:アートフォーラムあざみ野 1Fコミュニティースペース
※座席表にユニティと記載したお席があります。
◎参加費:2,500/
※テキスト全三回共通別途1,000/
※縄文カレンダー・テキストお持ちの方はご持参ください。
◎お問合わせ:UNITY 中村光穂 info@unity15.com
◎お申込みフォーム
https://ws.formzu.net/fgen/S2811219/
◎内容:ホツマツタヱ一アヤの原文解説をしながら、天(宇宙・自然)の摂理とあることが人としての営みという、古代日本の先人たち独自の概念が、言葉(日本語)の中に今も深く息付いている尊さをお伝えしたいと思います。
また、縄文カレンダーより、モモにヒナの「ヒナマツリ」について詳しくご紹介します。
https://www.facebook.com/events/1798906060435723/


◆3月15日(水) 【東京】国立
『縄文カレンダー』ws 
※詳細後報


◆3月16日(木) 【東京】大田区
『縄文カレンダー・ほつまことほぎ』①1/3回
◎15時~18時
◎場所:ディヴァライト
◎参加費:3000/(お茶・お菓子付)
※テキスト別途:ホツマツタエ1-3アヤ(全3回)1,000/・縄文カレンダー1,000/
※テキスト・縄文カレンダーお持ちの方は、ご持参ください。
◎ご予約・お問合わせ:http://divalight.jp/special/detail/id/330

◆3月16日(木) 【東京】大田区
『縄文カレンダー』ws
◎19時~21時
◎場所:ディヴァライト
◎参加費:3500/(縄文カレンダー・お茶・お菓子付)
◎ご予約・お問合わせ:http://divalight.jp/special/detail/id/330


◆4月8日(土) 【東京】大田区
『縄文カレンダー・ほつまことほぎ』①2/3回
◎時間:12時~15時
◎場所:ディヴァライト
◎参加費:3000/(お茶・お菓子付)
※テキスト別途:ホツマツタエ1-3アヤ(全3回)1,000/・縄文カレンダー1,000/
※テキスト・縄文カレンダーお持ちの方は、ご持参ください。
◎ご予約・お問合わせ:http://divalight.jp/special/detail/id/330


◆4月8日(土) 【東京】大田区
『縄文カレンダー』ws
◎時間:16時~18時
◎場所:ディヴァライト
◎参加費:3500/(縄文カレンダー・お茶・お菓子付)
◎ご予約・お問合わせ:http://divalight.jp/special/detail/id/330


◆4月10日(月) 【東京】北区
『縄文カレンダー・ほつまことほぎ』①2/4回
◎時間:13時〜17時
◎場所 : 東京都北区北とぴあ 803会議室
◎参加費:2,500/
※テキスト別途:①全4回:ホツマツタヱ1~3アヤ1,000/
※縄文カレンダー1,000円も別途お求めいただけます。


◆4月12日(水) 【群馬】前橋市
『縄文カレンダー』ws
『縄文カレンダー・ほつまことほぎ』①2/4回
※詳細後報

*****

『縄文カレンダー』一冊1000/+送料でお分けしています。
ご希望の方は、お名前・送付先・希望冊数を明記の上、
下記までお問合せください。
お問合せ yoshico1018@yahoo.co.jp 冨山喜子

ありがとうございます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キサラキ朔日(西暦2017.2.26)

2017-02-25 22:40:35 | こよみ

フタ・ヲ(二温・二陽)とフタ・メ(二冷・二陰)の並び立つ、
『ヒの季節』も三分の二を迎え、いよいよ春本番です♪
日もだいぶ長くなり、朝日にも力強さを感じます♡





キサラキや コリヱこころみ
ムママツリ ヨロギひいつる
カミカタチ
   (トシウチニナスコトのアヤ)


キザス(兆す・萌す)働きが溢れてくる季節。
キサラキ(二月)になると、フタメ(二冷)・フタヲ(二温)の働きの及ぼしが
ほぼ同じくらいになります。
そこで、コリヱ(固まる力、生えゆく力の拮抗)を祭り、
ムママツリ(馬の祭り)にノリユミ(後のヤブサメ)を行います。
ひ(ヒ)の季節は、キサラキ・モチ(二月満月)までです。


********



『縄文カレンダー』一冊1,000円でお分けしています。
ご希望の方は、、
●お名前●ご住所●冊数を下記宛、メールにてお知らせください。
頒価と郵送料の振り込みをお願いします。
郵送料は冊数により異なりますので、折り返しこちらこら
振込先等、ご連絡申し上げます。
【Mail】yoshico1018@yahoo.co.jp

どうぞよろしくお願いします。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムツキ望にはトンドモチ!

2017-02-11 22:18:29 | こよみ

ムツキモチ(一月望・十五日)、新年最初の満月(西暦2017.2.11)です。
一月十五日は鏡開き、ドンドン焼きが全国各地で行われていますが、
その起源は紀元前!!
ムツキ満月にはオケラ ( 薬草 ) を焚き、餅を焼いて食し内臓を整えます。
とあり、なんと「トンドモチ」と記されています!!





もちのあさほぎ
あつきかゆ さむさにやふる
わたゑやみ さやけをけらに
とんどもち ゑさるかみあり
  トシウチニナスコトのアヤ


満月の朝に、アツキカユ(小豆粥)を食し、寒さから来る内臓への病いを防ぎます。
笹、竹やオケラ ( 薬草 ) を焚き、餅 ( トンドモチ ) を焼いて食し、病気を払い ます。

冬から春へのユミハリ(七日)に心身の払いの七草をいただき、
モチ(十五日)に粥やモチで内臓を整える、、。
心と体、、「ヰクラ・ムワタ」というヤマトコトハがあります。
ヰクラ(目に見えない心の五つの働き)とムワタ(六つの内臓)は密接につながっています。
※漢字の五臓六腑とは、概念が異なります。
七草(シムマツリ)もトンドモチ(ムワタマツリ)も、今の世に大切に受け継がれた行事ですが、
その謂れを知るとほんとうに尊いですね。


********



『縄文カレンダー』
一冊1000/+送料でお分けしています。
ご希望の方は、お名前・送付先・希望冊数を明記の上、
下記までお問合せください。
お問合せ yoshico1018@yahoo.co.jp 冨山喜子
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

七草粥・ムツキ七日弓張(西暦2017.2.3)

2017-02-03 19:38:52 | こよみ

太陽の巡りの節分、明日は立春です。
月の巡りは、早くもムツキ七日のユミハリ月です。

古代日本では、いのちを養う行事として七草が食されていました!
満月に向けて、まだまだ朝晩は風がとても冷たく感じられます。
春の最初のエネルギーを身体に取り入れ、心身ともに実感する、、
日に日に春の植物も顔を出し始めます♪
志摩ではあちらこちらに水仙が満開です♡





シムのフシヱは
たるむつみ ゆみはりまつる
みそのなは ヌヱアシモチが
がさくさお こげふはこべら
ゐたひらこ すずなすずしろ
すせりなつ このナナクサに
のぞくなり
  トシウチニナスコトのアヤ


シムノより ユミツキのよは
ゐのみづに ヌエアシモチが
ガダヲヱオ ごけふはこべな
いたひらな すずなすずしろ
すせりなず なみそにのぞく
 ミカサフミナメコトのアヤ



シムとは、生命維持の働き、、その節目の、
イノチ(生命)を養う行事。
節目には、目に見えない心の働きから災いが及んでくる恐れが強まります。
弓張を祭り、目に見えない災いや病を防ぐため、七草を食べて整えます。

ごけふ・はこべら・ゐたひらこ・すずな・すずしろ・すせり・なづ

なんと、ヲシテ文献にしっかりと七草が記されていす!
九州の白馬(あおうま)を献上したクマドさんに
アマテルカミが七草粥でおもてなしをしたそうです。
皮膚病に効果があるとされています。

ムツキ(旧暦一月)七日や十五日は、
生えて生まれる季節の巡りを象徴する日。
弓張りから月の満ち行く巡りが、ヒトの成長にも準えられます。


********


縄文カレンダー2017版、
一冊1000/+送料でお分けしています。
ご希望の方は、お名前・送付先・希望冊数を明記の上、
下記までお問合せください。
お問合せ yoshico1018@yahoo.co.jp 冨山喜子

縄文カレンダーをより理解してお使いいただくための
縄文カレンダーワークショップも各地で開催中です。
@【三重・埼玉・東京・神奈川・群馬・鳥取・大阪・岐阜】
縄文文字ヲシテの読み解きや楽しく覚えるアワウタも伝授いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
http://blog.goo.ne.jp/ten380445/e/aaf2a341ecbdb4bc9b9cc59287f9daff


コメント
この記事をはてなブックマークに追加