延長線上

ワンピースの感想が終わり、延長線上はまた一つ延長して、なにやら分からんブログへ・・・

学校始まる

2016年09月18日 | 学校生活
小松左京と開高健ってなんとなく似てるよね
って所から始まる本日のブログなんですけども

こち亀の最終回あたりの秋本先生働きすぎなんじゃないの?そういう所読者に暴露するところ好きよ
ワンピースはサンジの出番が久しぶりにあるという事で見直したけども
最近尾田先生なんとなく大丈夫なの?って雰囲気あるんだけど大丈夫なの?
女を物理的にぼこぼこにしてるってシーンって、なんかジャンプで展開されてるとちょっとびっくりする
確かに日頃「女には手を出さねえ」とか言いながら、女とはたたかわない奴とか見るとイラッとするんだけど
物理的にぼこぼこにされていると、何かうしじまくんみたいな青年誌を感じてちょっと怖いわね
ハイキュー面白い
銀魂マジでわからなくなってきた
ヒロアカ面白い

青エク 教団の話がX-MEN2みたいだったのであんまり好きじゃなかったけど、その後の変化とか展開とか最終回に近づいている感じがとても良いと思う。雪男に「孕ませる」とか言わせるとか、最高かよって未だに思う

最近BL小説書いて楽しんでいる

学校が最近楽しい。友達らしい友達もできたんだけど、大親友じゃなくて、大親友の2人のお供tって感じの立ち位置がなんか俺らしくてわらけてくる、このポジションって子供のころからなんだけど、大親友はインド以外できないのかね?
誰とも仲良くできて、人の話を聞き、柔軟性に富むてんさんなはずなんだが、大の仲良しがいないのは天性のものかね??
もしかして、私が気が付いていないという可能性もあるとか思っても見ることがあるんだけど、
その答えは自分が一番知っているわけですよ。
でも、なんだかんだ言いながらその瞬間の誰かの期待に応えなくてはいけないというプレッシャーをなぜか持っているてんさんからするとちょっとしたこのポジションが楽ですよね
学校は楽しいです。

学校と言えば、これからの事を考えておりまして、返済義務のない奨学金があり、それが奨学金を受け取れるのが決定したら11月から結構いい金額を受け取れるんですが、それを辞退しました。
返済義務はないんだけど3年医師会の病院に勤めなくてはいけないし、ここから学校に通うのは難しいので、正看の学校に行くのは3年過ぎてからでは、40歳からになっちゃうので自分の選択肢を広げるためにが理由です。
もちろんお金が足りないので、12月からはコンビニとか給料の良い場所を探して夜働こうと思います。
正看学校に行くとしても、この県は準看として働きながら行ける学校があまりないので、県外に出るのなら
てんさんは福岡に帰ろうかとも思い始めています。
5年ここで心地よく暮らしてまいりましたが、家はぼろぼろだし、引っ越しをしようと思ったのがきっかけだったと思います。
ここには私の大好きな友達がいますのでとても心苦しいのですが、なんとなく思いついたことと言えど
てんさんの動き出した好奇心をてんさんが止められるはずもなく、本当にここから出ちゃうのかもね。
人生は旅だからなあ。そうなってしまってもしょうがないっていうかね
私は自分のこういう性格を、いつも寂しく感じてしまうんだ。自分以外に依り代が無いのよね。
それで俺は孤独だとか言ってるんだから、笑っちゃうんだけど、2人いて寂しいのなら一人いて寂しい方が10000倍くらいマシだと思いだすと、どんなことでも大丈夫になっていく人生マジック

学校の修学旅行の自由行動先が、倉敷アウトレットパークになりました。
幼馴染のインドに話したら、子供のころから修学旅行運がないのはわからないのなって笑われた
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« X-MEN アポカリプス | トップ | ファンタジックフラメンコ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

学校生活」カテゴリの最新記事