goo

天展を使って賢く生活しましょう。


 
        逆さにすると調和と癒しの働きが強くなる
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

やっと開設!「天展」使用の皆さん、どんどん書き込んで下さい。

『天展』の使い方
                           
1、飲み物に
   ●容器のまま[天展]の上に約10秒間置いてから、飲む(使う)。
   注・ビールなど炭酸水を乗せると気が抜けて不味くなります。
2、食べ物に
   ●料理やご飯、レトルトやパック食品など調理済のものは
    お皿や容器のまま[天展]の上に約10秒間置いてから、食べる。
     ㊟・塩や醤油の味が薄くなりますから、ご注意下さい。
   ●野菜や果物など生ものは箱のまま[天展]に乗せます。
                        (20~60秒)
3、お風呂場に
   ●湯船に沈めて置くと、お湯が柔らかくなります。
    翌日、残り湯で洗濯して、部屋干ししても臭くなりません。
   ●シャンプー、リンスなども乗せてから使います。 
4、いろいろな生活場面で
    ●ベットの下に入れて眠る。
    ●椅子の下にセットして、仕事や勉強をする。
    ●だるいところや痛いところ、冷たいところを乗せる。
    ●ペットフードを乗せる。(20~60秒)
    ●切花や植木鉢を乗せる。(15~20分)
    ●化粧品など肌に付けるものを乗せる。(20~60秒)
    ●健康食品などのサプリメントを乗せる。(20~60秒)
    ●留守にする時は、コップに水を入れて乗せて置きます。
     自然蒸散した水が部屋中に回り、帰宅した時に爽やかです。

  [天展]の効果は、Oリングテストで確認されたものです。
  効果の現れ方と感じ方には個人差と時間差がありますので、
  じっくり確めて下さい。

 [天展]は重力波を調律する道具ですから水平に使います。
  1、上向きと下向きに、45度の広がりで、80cm
    までは、強く作用します。
  2、生命本来の働きを強め、整えます。
  3、生命に反する物質を無害化します。

  天展を上手に使いこなして、
       賢く生活しましょう。
コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )

壊れた水で作られた料理が熱くなる!

インドネシアで朝食に出てきたケチャップライスと卵焼きをTEN&TENに乗せたら作り立てみたいに熱くなりました。
どういうことが起こったのかを考えました。
恐らくTEN&TENの波動指示で水分の水分子が整おうとして食べ物の中で摩擦熱が発生したと思われます。
ということは現地の人々は、ずーっとそういう水でできた料理を食べているということです。
その他にも、果物やお菓子が甘く美味しくなって、大騒ぎでした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

購入と問合せ

詳しいことを知りたい方、具体的なご相談、購入をご希望の方は下記のFAXへ
お名前、ご住所、電話番号、FAX番号、ご用件の要点を書いて送って下さい。
お電話する時間を指定して頂ければ、こちらからご連絡いたします。
FAX 03-5497-2823
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ブレスレット「右手の神秘」が出来ました。

 
驚異のブレスレット・誕生秘話
調理用「CUCINA」(パンフ参照)は、「水つくり」のフィルターを購入された方にお送りしているすグッズです。
その調理用の「CUCINA」を右手に握ると、様々な負荷が掛っても筋力が落ちないことにU整体師が気付かれたのが発端です。ずーっと右の掌に握っているのは不便なので、どこか付けるところはないかと探されて発見されたのが右手首の甲。右手首の甲に「CUCINA」を着けると、添加物や防腐剤の入っているものを食べても筋力が落ちない。携帯電話で通話をしても電磁波で筋力が落ちない。パソコンで作業してもマウスから受ける電磁波障害を受けないで、肩こりや眼の疲れ、頭痛などしなくなる。などなどを確認しました。
不思議なのは、右手首甲側以外のところ=左手や腕、胸などに付けても効果はなく、また右手首に2つ付けても効果は無いのです。
調理用の「CUCINA」の陶珠は直径が1.5センチもあって、手首に付けるには大きすぎますので小粒の陶珠を焼き、調べて頂きましたら、小粒でも効果は変わらないことが解りました。同時に、陶珠だけをKKSSに並べると「最強パワー」(蝶形骨の矯正)になることも突き止められました。

早速、いろんな職業の人に試してもらいましたが、いずれも顕著で、速く、いろいろな効果が確認されました。勿論、それぞれの人によってストレスもその偏り方が異なりますから、現れ方は様々ですが、蝶形骨が矯正されていることは確かなようです。(詳しいことは、インターネットの「蝶形骨の矯正」を参照下さい)

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )