徒然日記(独善的山歩き)・・・言いたい事を言う、書きたい事を書く。

日々の感想、趣味などを記載。趣味はトレッキング、温泉巡り、食べ歩き、クラシック音楽。駄洒落が大好き。

仙台市木町通り近辺

2017-06-23 05:04:00 | 街の風景

所用で仙台まで運転。

 

仙台の街は若い頃には運転したものだが、歳の所為と仙台の街が発展して

地理が不案内になったために、運転にはNavigationを用いた。

 

 

 

東北大学病院。

ここに来たのも30年振りくらいか、

新しくなっているな。

 

 

木町通り

 

幹線道路なので、交通量が多い。

 

 

我が子が幼い頃、木町ホテルの安い部屋の宿泊、

翌日は八木山動物公園とベニーランドへ連れて行って遊んだものだ。

その木町ホテルは廃業していた。時代は変わったんだね。

 

 

木町通り。

 

 

仙台の街を運転するのは、もうNavigation無しでは無理だ。

 

盛岡から新幹線を利用した方が安全は安全だが、

温泉にも入りたくて、愛車で出掛けた次第。

 

※仙台のタクシー運転手の運転は一般に乱暴である。

飛ばすし、黄色信号でも平気で突っ込む。

怖い思いをしたことは、1回や2回ではない。

 

※高校時代には法学部を目指して勉強していたが、最愛の祖父が

脳血栓で倒れたのを契機に医師になって病気から人を救いたいと

思うようになり、医学部に進みたくなった。ところが父の猛反対。

法学部を出て役人になれと言う。それからあれこれあって

現役時代には医学部を受験出来なかった。人生の転機であったが

高校時代の担任に父を説得してもらい、父の許しが出たのが

一浪した、6月である。何せ文系にいたので理系の医学部には

相当の不利な状態、3月の医学部受験まで独学で死にもの狂いで

勉強して、医学部に何とか合格出来た。学費は全て奨学金。

医師になり、9年間は自治体の医療機関に勤務して奨学金の返済義務は

果たした。今となっては遠い昔ばなしであるが、当時の 勉強の

凄まじさを思うと、我ながらよくやったと思う。

ジャンル:
ドライブ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« げんこつ屋(宮城県大衡村)... | トップ | やくらい薬師の湯(宮城県加... »
最近の画像もっと見る

街の風景」カテゴリの最新記事