徒然日記・・・言いたい事を言う、書きたい事を書く。

日々の感想、趣味などを記載。趣味はトレッキング、温泉巡り、食べ歩き、クラシック音楽。駄洒落が大好き。

長岡館山・163mに登る

2017-01-04 18:22:05 | トレッキング、ハイキング

地図を見ると、紫波町長岡地区の国道396号線の傍に館山・163mという小山がある。

比較的容易に登れそうなので、tryしてみた。

 

 

朝7時頃の国道396号線。

 

 

徳田橋東交差点のセブンイレブン。

 

 

日の出が近そうだ。

 

 

 

 

東の空にご来光。

 

 

紫波町長岡の国道396号線の空き地の愛車を置く。

 

 

西を見ると、東根山・928m

結構、白くなっている。積雪がありそう。

 

 

赤林山・855mも堂々と見える。

 

 

東方向に石碑あり、~字は判読不能。

 

 

 

杉林がある。

 

 

藪漕ぎになる。

 

 

林業関係の目印か??人工物あり。

 

 

笹薮が薄くなり、歩きが楽になった。

 

 

高みを目指して登って行く。

 

 

枯れ葉の絨毯みたいにフッカフカだ。

 

 

雑木が増えて来た。

 

 

あれがPeakだろうか??

 

 

登りは予想よりも楽。

 

 

山頂の木は伐採されている。

 

 

階段があった。

 

 

階段。

 

 

館山(長岡館山)は山城であったのだ。

長岡城跡の説明板。

 

ここに、上越の長岡から流れて来た武将が築城したらしい。

成る程、紫波町長岡の地名のrootsは上越であったか。

それで、ここを長岡というのか~納得ね。

 

 

国土地理院の標柱を発見、三角点がある。

 

 

三等三角点。

 

 

儀式のtouch。

 

 

山頂は想像以上に広かった。

 

 

 

長岡館山の標識、標高;163m。

 

 

 

ここが山城だったとはね。

考えてみれば、名前が館山だもんね。

ここでは、館=城ってことですな。

納得。

 

 

西側の眺望が開けていて~東根山が見える。

 

 

下山開始。

強引に倒木の中を下りる。

 

 

そんなこんなで、あっけなく長岡館山の山歩きは終了。

無事に、愛車の位置に戻った。

 

当然ではあるが、これではいささか物足りない。

このまま、次の山を目指した・・・・。

 

 

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新鉛温泉・愛隣館の「川の湯... | トップ | 愛宕山・176m~藪漕ぎ・・・... »
最近の画像もっと見る

トレッキング、ハイキング」カテゴリの最新記事